ローズ・シリシャス・シスト
珪質片岩
ROSE SILICEOUS SCHIST

keyword
(ハートを機能させる)


現在、様々な最先端エネルギー医学や量子宇宙科学において
霊性と科学の融合が急ピッチで展開されている感があります。
そんな中で、この世の神秘は「意識」が大きく作用しているという
見解にまで到達しています。
そして、人の魂と言える「意識」はいったい何処にあるのか?
といった研究までもが、行われているのです。

「頭で考える」というように、
もちろん脳にあるはずと思っていた科学者達は、
驚いたことに、ハートチャクラと言われる位置に
とても素晴らしい意識エネルギーが存在するのを発見しています。

昔から伝わる奥義の中にも、そんな教えがあるようです。
ハートチャクラの裏側、肩甲骨の間には
究極のヒーリングポイントがあると言われ、
そこがいかにオープンになるかによって
宇宙全体と繋がる感覚が開かれていくのだそうです。

ハートチャクラの大切さはずっと感じていましたが
背中側のことは、ほんの最近知ったのですが、
なるほど〜と感慨深く感じていました。
するとちゃんと私の元に
そのハートの背中のポイントに関する石がやってきてくれたのです。

ローズ・シリシャス・シスト なんとも難しい、
舌を噛みそうな名前ですが、
とっても美しいローズ色はロードナイトにそっくりです。
しかし、エネルギーはロードナイトの第3・4チャクラに反応するのとは違い、
なんとハートチャクラの裏側に意識がいくのです。
そしてサイキック領域のカテゴリー3にも位置する
高周波数領域の石であることも判明しました。

この石とワークしてみると、肩甲骨の間がポッと暖かくなるような
またはふわっと力が抜けるようなとても不思議な感覚です。
「背筋ぴ〜〜〜ん」って背中に支えがあるような感じもして、
「しっかりせえよ!!」と先輩から背中をぽんと叩かれたような、
モチベーションが一気に向上する前向きなエネルギーを秘めています。
それもそのはず、この石は内側に向かうのではなく、
外側に向かってパッと発散するパワーを持っているからです。

ハートチャクラはいろんな想いをため込みやすい場所でもあります。
ハートを閉ざして何も感じないようにする人までいます。
自分の思いを我慢することが多い人は、
本来は愛情深い人が多いのです。
しかしやっていることが逆に作用していることに気づきながら
もう一歩が踏み出せない場合がとても多いのです。
ローズ・シリシャス・シストは、そんなあなたの背中のハートチャクラを
ぽんと押して開いてくれる心強い味方なのです。

このハートチャクラという場所が本当に神聖な場所であることは、
多くのエネルギーワークや修練でも、
このポイントをとても重要視していることからも分かります。
最先端科学も考古学的研究でも行き着くところが同じ、というところが
「真実は一つ」を物語っているようでとても興味深いですね。

オープンハートという言葉があるように
ハート全開で、はつらつと愛のパワーを皆に届けましょう。
一人一人のハートが開くことで 全体の意識が高まって行くんだと思います。
だってみんな繋がっているんだからね!!

対応チャクラ:第4(ハートチャクラ)背中側
周波数帯: サイキック領域 カテゴリー3