パワーストーンのクロージョーアイズTOP




マグネサイト
MAGNESITE

keyword
(細胞の活性化)


人間の細胞ひとつひとつに
意識があることを思い出させる。

細胞を活性化し、
細胞の再生能力を高める。

おなかのみぞおちで強い働きをする。

らせん状の渦巻きが右回転左回転しながら
エネルギーを作り出すイメージ。

すべての生命体が持つ
らせんのエネルギーを分かち合い、
地球に存在する意味を問い、
自信をもたらし、
肉体の素晴らしさを感じる。




マダガスカル・オブシディアン

keyword
(男性エネルギーの活性化)

マグマのように沸々と燃え上がる創造性は尽きることなく
男性エネルギーが持つ 
突き進むがごとくのパワーを秘めた その力の源泉は 
未知なる可能性とつながっていく・・・

なんて力強いのでしょう 
なんて心強い存在でしょう・・・

その安心感と 包み込むような大きな愛の基盤は
燃え続ける火の精霊の加護にも似て、
そして高い意識の世界においては
燃え立つエネルギーがインスピレーションと相交わり、
新しい宇宙の創造力とダンスをはじめる・・・・・・。

このマダガスカル・オブシディアンは
私達にパワーの源を思い出し、
奮い立つような勇気と 
未知なるインスピレーションを信頼することで
その力が満たされていくことを 教えてくれています。
とても男性エネルギーを 感じる石です。

行動的になりたい時、
能動的プロジェクトを進めていきたい時、
ここぞというときに奮起したい時に
心強い味方となってくれることでしょう。

男性だけの石ということではありません。
積極的になりたい女性にもおすすめです。

ヒーリングチャクラ 2
ソウルチャクラ 6 


 



マラカイト
孔雀石
MALACHITE


keyword
(肉体エネルギーの癒し)


マラカイトは、身体や精神の
ネガティブなエネルギーを
吸い取ってくれる役目をしてくれます。
無人島に連れて行くなら、この石!
とクリスタルヒーラーが言いきるように、
自らを削ってでも
癒しのエネルギーを与えてくれる、
素晴らしい石なのです。

しかし、マラカイトは自分自身では
浄化することが出来ません。
浄化しないまま身につけていると
そのネガティブなエネルギーを
また受けとってしまいます。
ですから、マラカイトは非常に浄化が大切で、
常に浄化を必要とします。

浄化作用の強いクリスタル(水晶)と
いっしょにお持ちになることをお勧めします
マラカイトを常に浄化して使える時、
マラカイトは強力な味方と
なってくれるでしょう。





マリンブルーハライト
岩塩
HALITE

keyword
(こわばりを解放つ)


キャンドルのロウがとろ〜りと解けていくような感覚
頭でっかちだった思考も 凝り固まった身体も
みんなみんな まとめてトロケるチーズ状態になって
やわらか〜く 手放していきましょう。

そして浮き足立った気持ちや とんがってた思い
焦る気持ち 頑なな思いも全て
上から下へ落ちる 自然の重力の方向に従って
全て地球の偉大なる グラウンディングのパワーに
任せてしまいましょう。

余分なものが全て溶け出して 残ったコアなあなたの本質は
ほら もう目にもまぶしいくらいに光り輝いています。

私達は本来はこれほどにも美しい光の存在なのですが
現実の世界を生きていくうちに
さまざまな固定観念を 植えつけていき
知らぬ間に 何層にもこわばった思いを
エネルギー体に巻きつけていくのです。

ふと 身動きが出来ないほど
そんな思いが蓄積していると感じたときは
どうぞ このハライトで全ての思いを溶かして
本来のあなたを見つけ出してください。
すっきりとした新しい身体や思考またエネルギーでもって
次なる一歩を踏み出してください。
きっとまた違った景色がみえてくることでしょう。





マルチディメンション・レインボー水晶

keyword
(全ての意識を超える)


産地:インド

鉱物的特徴:鉱物業界において
『世紀の大発見な石』の登場です。
表面でもクラックの作用でもなくて
内面から虹色の光を発している水晶というのが
世界初なんだそうです。
どこから見てもレインボーが出ていて
これこそ、まさに名前のごとく多次元的
(マルチディメンション)で
ホログラフィック宇宙を表している
水晶なのではないでしょうか?

エネルギー的特徴:
多次元的なのは鉱物的要素だけではありません。
今までにも心惹かれる高波動の石は
多く存在していますが
この石はもうそんなレベルを超えています。
ここまで魂を揺さぶる石は初といえるかもしれません。

というのも、この水晶は まるで個別の意思を
持っているかのようなのです。
この石は木と話すようにスムーズに会話が成り立ちます。

そして通常同じカテゴリーの石
つまりアメシストならアメシストの集合意識においての
個性を発するのですが
この水晶はそれぞれ個別の特徴がはっきりしているのです。
私が強く惹かれた石は笑いの神様のような石でした。

『眉間にしわ寄せて 小難しいことばっかり言ってなんになる
さあさあそんなもん笑い飛ばしちまいな!!』
と語りかけてきました。
びっくりしましたが
でも そのべらんめえ口調がとっても優しく
暖かく感じて 思わず涙ぐんでしまったのです。

それでもあえてこの石の集合意識的な特徴をあげると
それは至福感といったらいいでしょうか?
どの石もワークをしていると自然と笑みがこぼれてきます。
もう口角上がりっぱなしで なんとも幸せな気分になれます。
つまり否定的要素を全て取り除いてくれるのです。

この石を選ぶときは
本当に心から惹かれる石を選んでみて下さい。
その石は持つ人の魂を揺さぶり、
人生の指針へと導いてくれることでしょう。

また、サイキックの人達にとっては
本当に驚くべき出会いとなると思います。
ぜひ 石との会話を楽しんでみて下さい。

対応チャクラ:第8チャクラ

サイキック領域では:
それぞれの石によって物語が変わる・・・





ミルキークォーツ
乳石英
MILKY QUARTZ

keyword
(自己イメージを高める)


穏やかな白夜に訪れる美しき妖精
愛する人を守る 気高く優しき心を持つ聖なる騎士(ナイト)
青い珊瑚礁がひろがる美しいアイランドで
金髪の美しい少年に愛されるナイスバディな少女

ミルキークォーツは なんて楽しい石でしょう。
いろんなイメージが浮かび
それを演じている自分とオーバーラップする
不思議なメッセージを秘めた石・・・・

私たちは 何度も生まれ変わり、今までにいろんな
人生を経験してきたという 輪廻転生説は有名です。
実際に現在の職業が俳優でなくても
魂にとっては 何人もの自分を演じてきたという
ベテラン俳優といえるでしょう。

そんなにいっぱい経験してきたにも関わらず
どういう訳か 生まれた瞬間に全てを忘れ
真っ白な状態で人生がスタートする私たち。
でも 本当に 何にも 覚えていないのでしょうか?

なぜか根拠のない好き嫌いがあったりします。
なぜか得意なことと そうでないことがあったりします。
そして なんと言っても いちから全てやり直すには
人生はあまりにも短いような気もします。

ミルキークォーツは ローズクォーツのピンクが淡く
ベージュピンクに近い種類であると言われているのですが
エネルギー的には 少し違うように感じるのです。
確かに 同じ 自己を大切にする石なのですが、
ローズクォーツのエネルギーは 内側に向かい
ミルキークォーツは外側に向かうのです。
つまり 自分の自己イメージを外に向けて
表現するといった感じなのです。

ミルキークォーツには そんな魂の部分に問いかけ
本来の自己にアクセスすることで
現在の自己イメージを高めるといった意味合いが
あるのではないでしょうか。

あなたが思う あなたは どんな人ですか?
あなたが本当に好きなことは何ですか?
あなたが心から やってみたいことは何ですか?

そんな魂からの問いかけに ミルキークォーツは
優しく答えてくれることでしょう。




 
ムーンストーン
月長石
MOONSTONE


keyword
(自然界の神秘性を思い出す


霊性と物質の狭間の世界を物語る石、
ムーンストーン
女性がもっともその神秘性を思い出し、
愛してやまない石。

月・・・この地球において、
地に足をしっかりつけながら
どこにも飛んでいかずとも
唯一感じることが出来る宇宙。

空を見上げるだけで いつでも逢える
もっとも身近な 神秘の世界。

月はいろんな顔を見せながら
私たちに自然の感覚を 教え続けてきた。

13:20のリズム。

13の月 鉱物界も植物界も動物界も皆
この13の月のリズムで生きているという。

私たち人間だけが12:60のリズムで生きて
自然からのメッセージを見落としているのかもしれない。

ムーンストーンは
私たちを太古の月のリズムで生きることを
そのゆったりとした自然にかなった時間で生きることを
そっと教えてくれているのかもしれない。

猫は木もれ日の中
なんとも幸せそうに丸くなって眠っている。

花は美しく咲くことに力を惜しむことはない。

そして、石達はけなげに
自分の持つエネルギーを懸命に出し続けている。

何の見返りも求めず、
そして波長があったもの同士で共鳴しあい
より美しい旋律を奏でているかのようにみえる。

誰もが持っていた霊感や直感、自然治癒力、神秘のパワー。
ムーンストーンはそんな不思議な力を思い出させてくれる。
ホワイトムーン(幻)は実体がなく時間をこえた幻想的な世界を
オレンジムーン(MYST)は現実社会において
おこりうる魔法の世界を。

忙しすぎる現実、孤独、不安、焦りを感じるのなら
ムーンストーンの時間を生きてみませんか。

本当の感覚に気づくため
霊感や直感という感覚を磨くため 自然のリズムを感じたいため・・・・

全ての自然を求める要求は
ムーンストーンの世界へと続いて いるのですから。





グリーンムーンストーン
月長石
MOONSTONE

keyword
(植物界の恩恵に気付く)


ムーンストーンは
私達が本来持っている自然のリズムを
思い出させてくれる石です。
生物として本来持っているはずの
シックスセンスな感覚も 自然界からの贈り物なのです。

そして このグリーン・ムーンストーンは
その色が象徴するがごとく
植物とのつながりが大変深い石の一つです。
グリーンムーンストーンとワークすると 緑の草花、木々が
共鳴するかのように歌い踊りだすイメージが浮かびます。

若葉が芽を出し 青々とした花々のつぼみが
少しずつ芽吹きだす春の日。
全てが生まれる 全てが始まる 全ての現象が産声を上げるかのような
素晴らしいエネルギーの集合体。

小さな種の一つからは 約束されたかのように必ず芽が出て
花が咲き 実がなり その実を栄養としてまた次に美しい花が咲く。
植物たちはそんな あたりまえであるかのような宇宙の法則を
物言わずとも私達に教えてくれているのかもしれません。

頑張らなくてもいいよ  焦らなくてもいいよ
あなたがあるがままで いることで 春は何度も巡ってくるよ と・・・

自然界の美しい植物達に目を向けて
その偉大なるパワーを受け取ってみてください。
そして 時々戸外に出て
植物の声に そっと耳をすませてみてください。
そのままのあなたが一番美しいんだよって 聞こえてきませんか?

植物達はいつでも 彼らがもつヒーリングのパワーを
私達に分けてくれています。
森に行ったら 森林浴として周辺を歩くだけでなく
感謝の気持ちで 木と触れ合い 話しかけてみてください。
なんらかの声やイメージが浮んでくると思います。
そのときに受け取ったメッセージはぜひ大切にしてください。

相談してみてもいいと思います。
木同士にはコミュニケーション能力があって
どこかの木と話し合ったのか しばらくしてから答えが
帰ってくることもあります。

私はオーストラリアで 樹と海の妖精に話しかけて
素晴らしいメッセージを頂きました。
ばかばかしいと思わずに ぜひ試してみて下さい。
とても充実したひとときが過ごせると思います。




 
シルバームーンストーン
月長石
SILVER MOONSTONE


keyword
(日常に隠された真実


シルバームーンストーンを見つめていると
妙に神秘的で また逆に人工的に思える日の
お月さまを思い出します。
美しすぎるほどの輝きが 金属的にも見えて
あの輝ける月=宇宙人基地説がふと浮かんでくるのです。

月の反対側はなぜか見ることが出来ません。
宇宙に存在する星たちは みな自転しているはずなのに
月は回ることはありません。
学校の理科では 地球の重力にくっついて動いてる
というように習ったような気もします。
が・・・やはり見えないとなると
どうしても あることないこと想像しては
楽しんでしまうのが 世の常ではないでしょうか?

そんな 怪しげで人工的にさえ見える月だけれど
干潮は月の満ち欠けによっておこるし
子供の出生率が高いのも 満月と新月であるといわれています。
女性の身体のリズムも28日周期 感情のバイオリズムも28日周期。
もちろん13の月の暦は28日周期でめぐってきます。

もしかしたら UFOの基地があるかもしれないと
月人工物説なる夢ある想像をかきたててみたりしても
実際には月はこのように 私たちの生命を生み出し
月が送り出すある一定のリズムで私たちは生きているんです。
なんだか不思議に思えてきませんか?

悩んでいたことや 忘れていたものが
思っても見なかったくらい 案外身近な部分で
解決したことがありませんか?

何度となく壁にぶつかった経験でも
よくよく考えると いつもの思い込みが原因だったり、
とっても優しく育ててくれた両親や兄弟が
自分の甘えを助長していることに気づいたり。

逆に当たり前のように出来ることがすごい特技だったり。
三度のご飯よりも大好きなことから
生涯の仕事に結びついたり・・・

当然だと思っていることにヒントや答えがあります。
日ごろ見過ごしているところを もう一度見つめ直してみましょう。

当たり前に暮らしていることにでも 感謝を忘れない人には
感謝するような出来事ばかりが その人の周りに訪れます。
それは、つまり すでにその人が感謝そのものなので
感謝するような出来事=ミラクルが
その人の当たり前になるからです。

シルバームーンストーンは
いつも見慣れた当たり前の中に 真実が隠されている
と教えてくれます。
日常の中の神秘が見え始めたら
あなたが持つ本当の潜在能力や真実の存在価値に
一歩近づいたサインかもしれません。




 
メタモルフォーゼス
METAMORPHOSIS QUARTZ

keyword
(ゆるやかなるもの)


蓮の花が開花するように
穏やかで ゆっくりと 優しく私達を包んでくれる
そんなエネルギーに満ちた石、メタモルフォーゼス。

あまりにも急ぎすぎる私達の時間の中では
決して感じることが出来ない 本当の時間
それは タオの流れを感じることと 等しいのかもしれない。
自然の息吹を感じることと似ているのかもしれない。

たった一つの種の中に 全ての要素が含まれているように
花が実をほころばせ開花するのに なんの努力もいらないように
本当は 力を抜いて 全てをゆだねることが一番大切なのかもしれない。

私達は毎日の生活の中で いえ人生の中で
本当の自分を見つけ出そうと懸命に生きているように思える。
あまりにも早く過ぎ去っていく日々の中では
そう そんなに 早いスピードの中では
見つけられるものをも見落としてしまうことに 私達は気づかない。

タオのエネルギーが流れる時間と自分が一致したとき
本当の全宇宙のエネルギーが存在する空間を感じられたとき
真実の自分が見え出すのだろう。
何も変える必要がなく 何も努力することもなく
今 このまんまの自分自身が 全宇宙の愛に値する
とても尊い存在なんだということを・・・・

メタモルフォーゼスは 自然の時間の流れに同調することで
見えないものが見えてくるということを教えてくれます。
真実は、徒歩でゆっくりと歩く旅に似ていて
ジェット機で飛び去ってしまっては
決して見つけられないものであると・・・
それほど 広大で 全体をつかさどるほど
大きな宇宙エネルギーは、
実は 花が早朝にひっそりと開くほどの
微細なエネルギーだったりするのです。

メタモルフォーゼスと瞑想すると 本当の自分と向かい合える
格別でいて また優雅な時を過ごせることでしょう。





モーシッシ

JADE ALBITE


keyword
(宇宙の音と共鳴する)

この石の名前を初めて見たときから
変な石だとは思っていたんです。
モーシッシって 何の意味だろう?
どこかの言葉かなぁあ?
音の感じからも 変だけど この鮮やか過ぎる緑色
なんともサイケデリックな50〜60年代のヒッピー色だよね・・・・

実際のところのこの石の正体は
クロロメラナイトと呼ばれるヒスイの変種で
ミャンマー産の極上ヒスイなんだそうです。
ひぇ〜 モーシッシすごい!!

ほんと 見た目も 名前も変な石・・・・
私は 実はあまのじゃくな性格なので
こんなへ〜んな石とワークするのがとっても楽しみ
ワクワクが隠しきれないのです。
思ったとおり この石は今までの石に無い変わった部分が反応しました。

その場所とは 耳なんです・・・・・・

耳がダンボになって 遠くまで ぴ〜〜〜〜〜っと透き通るように
聞こえたような気がしました。
そして ずっとそのまま耳に意識を傾けていると
人工的な音や 車の騒音などが すーーっと消え去り
 なんと大自然が呼吸するような
振動数が音として感じられてきたのです。
草が風にそよぐ音
鳥が群れを成して鳴きながら飛んでいく音
降りしきる雨の音 それにともなう騒々しい雷の音
そしてもっともっと意識を広げると
海の世界のイルカや鯨の音
そして なんと 宇宙のうなりのような
地球全体が振動しているような音。

これはイメージかもしれません。
しかし 全ては耳から広がっていき 身体全体が共鳴して
音の世界に通じているという感覚なのです。

私たちは ここ最近 大自然の音を感じて暮らしてきたでしょうか?
音は周波数であり 色であり、
身体のチャクラにも関係しています。
人工的に作られた音の世界 自らのおしゃべりによって
本当に必要としている 自然界の調和の音を
忘れているのではないでしょうか?

ある音の刺激で
私たちの潜在的に組み込まれたD・N・Aの記憶が
よみがえることがあるそうです。
私達は魂の奥深くに聞きたい音
自分が共鳴することで思い出すことが出来る
自らの人生のシナリオを メッセージを
読み取ることが出来るのかもしれません。

今 岐路に迷っている方、何をしたいのかわからない方
本当の自分に出会えていない気がする方。
大自然が織り成す音の世界に包まれてみませんか?
身体が震えるほど懐かしさを感じたとき
嬉し涙が出そうなほど
愛しさを感じたとき
きっと自然があなたを迎え入れてくれているのです。
細胞が目覚めるような
魂をノックするメッセージを知るために
ぜひモーシッシを感じ聞いてみてください。
あなたにとって大切な共鳴音はどこにあるのか?
インスピレーションが沸いてくるかもしれません





モスアゲート
苔めのう
MOSS AGETES


keyword
(コミュニケーション)

個=孤を好み、コミュニケーションが崩れつつある
現代社会において
心の中にぽっかりと「何か」を忘れてきたかのように
気づくときがあります。
何か物足りないような気持ち それが
「なごむ」というエネルギーではないかと思うのです。

日本人の伝統的な感覚のなかに「和の心」というものがあります。
安らぎ、和み、気心の知れた温かさ・・・
私たちは 遺伝子的にも そのような伝統的な感覚を
いつも探し求めているのかもしれません。

モスアゲートとワークすると 人間同士のコミュニケーションや
暖かみが身体を包んでくれるかのようです。
皆で輪になって手をかざすストーブの炎。
足をつつき合いながらオコタで和むひととき。
お鍋を囲むときの和気あいあいとした暖かな空気。
どれも 人恋しくなるようなシチュエーションばかり浮んできます。

私たちは 誰もが 一人では生きていけないことを自覚しています。
物質的な社会においては
何らかの形で持ちつ持たれつの関係を続けています。
しかし 心の世界のような目に見えない世界ではどうでしょうか?
コミュニケーションのオーラを閉ざし、
心を開けないでいる人達をたくさん目にします。

本当の自分自身のエネルギーを感じてみましょう!
遺伝子がうずいてくるような あの和みの感覚を思い出しましょう。
真実の自分を生きていればこそ
波動は合わさり 仲間が集まってきます。
自分一人だけで頑張ってきて 廻りは敵だらけという人も
自分しか信じられないから 孤独が似合っているからと言う人も
仲間がいることで 力が倍増する
あのエネルギーを思い出してみましょう。

モスアゲートは そんな勇気百倍になる知恵を、
そのキーワードは コミュニケーションであるということを
教えてくれることでしょう。





モスコバイト
白雲母
MUSCOVITE


keyword
(なくてはならないもの)

この世の中に必要とされたい
認められたいと思ったとき・・・
人は今までの経験や知識を詰め込み
それを操ることで自らを着飾り
求められる役を演じます。
しかし、心が決して満足することなく
むなしい気持ちが晴れないのは何故でしょうか?

本当に必要な何かを知りたいときは
私達にとってなくてはならないものを
感じてみる必要があります。
それは、なんでしょうか?

モスコバイトは ふわ〜っと漂うエネルギーを持っています。
そう、まるで、空気のように・・・・
なにも意図せずなにも感じなくても
私達は自然に呼吸し空気があることで生きていけるんです。

あたりまえのような存在になってみましょう
自己主張せず、何かをコントロールするのでもなく
いつも普遍的に変わらないただ在るという存在として。

空気が何かを考え始めたら 私達はとても大変です。
今日は男だけが吸えるように とか
頭をよく使えるように 濃度を濃くとか、また逆に薄くとか・・・
想像しただけでも、絶対ありえないことですよね。
モスコバイトは 何もせずにいるようで
最も大切なのは何か?ということを教えてくれているようです。

どうしていいか分からなくなったり
悪戦苦闘している、独りよがりな気がする
奮闘している割に、達成感が感じられない 喜びがないというとき
実はあなたはとっても宇宙とかけ離れた状態にいるのです。

何かになろうとするのではなく まず宇宙とつながってみましょう。
モスコバイトは空気のような存在でいることで
全体をつなぎ、一体感の素晴らしさを教えてくれているのです。
あなたが「なくてはならない人」になるためには
そのためにやろうとしていることを全て手放すことです。
本当の自分と繋がれば
次にやることは自然とやってくることでしょう。

周波数帯:サイキック領域 カテゴリー5

対応チャクラ:第6・第2チャクラ

鉱物的説明:モスコバイトは白雲母で
アクセサリーパーツにはマンガンが
含まれることにより落ち着いたピンクを帯びております






モッカイト

keyword
「宇宙とシンクロする」


光り輝く星空に願いごとをするように
僕たちはいつから外に答えを求めるようになったのだろう。


騒がしい街中を一人歩くには 
全てを閉ざす必要があったからだろうか?

雑踏の中の孤独を、
ひとりぼっちと勘違いしてしまったからだろうか
まさか自らの可能性をどこかに
置き忘れてしまったと思っているのだろうか?


光り輝く星空は、いつだって僕たちに優しく

どんなときでも
どんな人の上にも 変わらず美しく見守ってくれているというのに・・・

誰が誰を どうしてどうなったのって
社会は複雑さしか運んでこないけど

この澄み渡るほどの大空の下では 
僕たちはただただ 寝転がって
大地の振動を感じながら、なんて宇宙はひろいんだろうって 
感動するしかないじゃないか。

僕たちは大自然の一部であって 
木も岩も海も空も 全てが語りかけてくれる。


何事も、偶然なんかじゃないよ。

君が見ている世界が君自身の宇宙なんだよ。

とさあ どうしよう。

宇宙を作っているのが僕なんだとしたら・・・
何を始めよう。

どんな方向にだって歩いて行けるんだとしたら・・・・


もちろん もちろん 君次第!!

この世は くよくよ悩んで生きるには
本当に ありあまるほどに 広大すぎるんだから・・・

空を見上げてみよう。

少し顔を上げて・・・

風を感じてみよう。

少しだけ時間を止めて・・・
そして 思い出すんだ。

自然はいつだって僕たちを裏切らないってことを。

モッカイトは 
小さな頃に泥だらけで遊んでた、太陽と共に生きていた 
あの時の感覚を思い出させてくれます。

そうやって自分の中にある創造性に結びついた時
宇宙はどんなときも 
歓迎してくれていたことに気付くのでしょう。

ヒーリングチャクラ 5・2
ソウルチャクラ 7
周波数 やや高い

ソフィーママ




モルガナイト
ピンクアクアマリン
MORGANITE


keyword
(究極の至福感)

モルガナイトはアクアマリンと同じ
ベリル族の石です。
ピンク・アクアマリンといわれているのは
このモルガナイトのことです。
ベリル族の石はみな
波動の高い霊的な石なのですが、
このアクアマリンは そんな高次元の石の中でも
 もっとも愛にあふれた感覚を持つ石です。

この石はなんて優しいのでしょう。
なんて安らかで
顔がひとりでに綻んで
知らぬ間に微笑んでいそう・・・
至福感に包まれているみたいとは
このことを言うのでしょうか?

天上界に沢山の種類の天使がいるのだとしたら
この石は天使の中でも女神のような
優しい母親的天使なんだと思います。

私が精神世界に興味をもったきっかけは
急にエネルギーを感じられるような身体になって
恐くてなにか優しいものに 包まれたかったからでした。
ですから 日本の伝統である恐怖感が漂う霊能者とかには
まったく そそられることがなく
愛にあふれた とろけるほどに優しい言葉がいっぱい詰まった
外国の精神世界本に夢中になりました。

中でも優しい女神様のような言葉がいっぱい載っている
アイリーン・キャディの本は大好きでした。

そうなんです
このモルガナイトは
そんな母の愛のような石なのです。

寒いときには毛布でくるんでくれて
暑いときには うちわでそっとあおいでくれそうな
全てゆだねてもいいのよ
たまには甘えることも大切なのよ
っていうことを教えてくれているかのようです。

自分に厳しくしすぎて
甘美な人生から
あまりにも遠く離れてしまっているように感じるあなた・・・
甘え下手だな〜って感じているあなた
遠距離恋愛で少し辛い思いを感じているあなた。
モルガナイトは究極の優しさで
あなたをとろけさせてくれることでしょう。





モルダヴァイト
モルダウ石
MOLDAVITE


keyword
(魂の進化)

素晴らしい出会いをもたらし、
すべてを学びに変えてくれる。

あなたにとって本当に必要なものを教えてくれる。
さまざまなチャンスを引き寄せてくれる。
宇宙意識への覚醒を促す。
思考を飛び越え、
その人の実在(本質)に直接作用する。

プレアデスの魂のルーツを思い出す。
感情的なヒーラーであることを示す。
その人の純粋な思いに呼応し、
宇宙に平和と愛と慈悲をもたらします。

宇宙と自分は繋がっていて
すべての意識はひとつであることに気付かせてくれる。

ハイアーセルフのサポートを得る。
魂を進化させる霊石。
本当の自分に気付かせてくれる





モンタナめのう
keyword
(天使のスキップ)


上を向いて 顔を上げて
あなたにも聞こえない?
この軽やかな宇宙の旋律が・・・
どんなに落ち込んでいても
天使はあなたを軽やかに
引き上げてくれるのだから
さあ 子供のようにスキップしてみて。
どんなことも蹴散らすぐらい
簡単なことだってわかるから・・・・

ソフィーママ ★★