パワーストーンのクロージョーアイズTOP

    



ハイアライト
(ピュアオパール)


keyword
(自らの特性に気付く)


ハイアライトには、内面へと引っ張っていく力を感じます。
そこは その人だけが持つ特性(ポテンシャル)が息づくところ。
つまり その人のブループリントに働きかける
要素があるのではないかと感じるのです。
というのも ハイアライトは不思議な石で 持つ人によって
エネルギーの伝達の方法が変わるからです。

ある人は 身体全体が震え出す。
ある人は 身体の奥が活性化されていくような何かの
動きを感じる。ある人は何かを思い出したような気がする。
ただ単に 「変な石、でも気になる」 といって
ご購入される方もいます。

多くの石は 持っているだけで 何らかの
作用をもたらすものですが、
なんと この石は、気にならない人には
何にも起こらないという変わり種でもあります。

何か自分の内面の扉を開ける必要性があるときに
この石が気になるのかもしれません。
そして この石のエネルギーと共鳴する際
どのような作用が起こるのかは その持ち主しか分からない
といった なんとも奇天烈な石なのです。

私はこの石を持つと 身体全体が奮え出し そして
なんだか落ち着かないような気になります。
ただ これは不安とは程遠い、未知なる期待に満ちた
ワクワクに近い感覚です。
いつも何かが始まるような気がして
そして 次第に顔がにやけてきます。
私の中にある「向こう見ずで破天荒」な気質が
目覚めそうなのに それでいて嬉しくって堪らない。
本当に この石はその人の原点を思い出させて
くれるのかもしれません。





ハーキマーダイヤモンド

keyword
(ウェイクアップコール)


ハーキマーダイヤモンドは
ニューヨークのハーキマー地方でしか
採れない水晶です。

原石においては ダイヤモンドよりも綺麗に輝く為
ハーキマーダイヤモンドと言われています。

昔々 地球が何度も
高度な文明を持った時代を迎えていたということが
最近になって何万年も前の地層から出てくる
コンピューター部品や電子チップのようなものによって
証明されようとしています。
もし、一度そんな時代を迎え
水晶などの波動物に
高度な文明の記憶を刻み込めるとしたら・・・

ハーキマーダイヤモンドは
そんな未来を担う 新しい時代の高い波動に
とてもマッチしている様に思うのです。
ハーキマーダイヤモンドを選ぶ時
まさにそれは 光と気づきの新時代の幕開けです。
それは 今こそ明晰になるときだ
自ら霊性に責任を持ち
自分たちと地球を癒せと告げる
目覚めのベルなのかもしれません。




パープライト

keyword
(サード・アイを刺激する不思議石)


久しぶりに第3の目、サードアイを刺激する石に出会いました。
まるで レーザー光線か何かで
おでこに文字のようなものを刻印されているかのような
不思議な感覚です。

ぱっと見は、クレオパトラの時代に
愛されたような出で立ち 高貴な紫色、
なんとなく昔の神秘性を感じさせる雰囲気を持っています。

しかしワークしてみると見かけとは全く反対の
未来を感じさせるような石です。
しかもすごく背中を押してくる勢いがある石です。

また何とも不安定な気分にさせるこの石は
まるで 私の向こう見ずに火を付けるような
「ちょっとやめてよ」的な 誘惑を投げかけてくるのです。

初めてこの石と出会ったときから
「あちゃ〜しまった、出会ってしまった」 感があったのですが、
いざこうやって向き合ってみると
なんとも 奇妙なパープライトちゃんなのです。

未知なるものにワクワクするような 武者震いするような
気になるけど 無視しようにも 後ろ髪を引かれるような
胸がドキドキするような

なんと・・・・

えっ???

身体全体が小刻みにバイブレートしてきました。

いったい この石は 何だろう・・・・・

もう一度 手にとって ワークしてみます。

すると 頭の中に声が浮んできました。

「あなたはそれをやるのです」

えっ 何を・・・・?

「すでに知っている、あなたはそれと共に生きるのです」

え〜〜〜〜っ なに この石???? いったい何よ〜

もういちど手にとって ワークしてみましたが
それっきり もうなにも頭に声は浮んできませんでした。

それと同時にバイブレーションは収まってきました。
「へっ変なの('◇'*)!!」

この石は 究極なオラクル石(お告げ石)なのか?

  それとも 閉じこめた感情や
今の思いをはき出す石なのか?

こんなリアルタイムで意味を書きながらの
おかしな体験は 初めてです。

へんな石の意味でごめんなさい
イメージではなく
実体験で 語りかけてきた石は初めてです。

ですから この石の全体の イメージはつかめないし
 まだわかりません。

もうしばらくして 間を置いて次の機会に
この石の意味を再び書いてみようと思います。





バイカラーアメシスト

keyword
(自らの聖域を作る)


バイカラーアメシストは 水晶とアメシストが混ざり合った石です。
アメシストは内側の世界の自己を知るために・・・・
水晶はそんな内面の世界を現実のものにするために・・・・

それぞれの石はあまりにも有名な石であり
またヒーリングストーンとしては欠かすことのできない存在です。
いつもそうですが コンビネーションの場合
複数の石の要素がそのまま現れただけいうのは少なく
今回も例外なく また違ったエネルギーを生み出してくれました。
それは 「持つ人を守るための聖域と化す」というものです。

バイカラーアメシストのエネルギーに包まれると
なんともいえない 穏やかな空間にいるようで
また 目に見えない強いものに守られている感じがします。

薄いすみれ色のような紫は
霊的なエネルギーから身を守る色です。
もし低次元の霊的界隈や
行きたくない場所にどうしても 行かなくてはならないときは
このような薄紫の色はとても役立ってくれます。
また決して低次元でなく
逆に強いエネルギーに敏感に反応してしまう時でも
薄紫色は持つ人を守ります。

実際、私がまだエネルギーの許容量が少なかった頃
恥ずかしながら・・・・(石屋なのに)
特大ヒマラヤクラスターでエネルギー負けしたことがありました。
そんなとき、薄紫色の布をヒマラヤンにかけたら
ぴたりとエネルギー負けが止まりました。
薄紫色は そんな不思議な力を持っています。

またこの石は 頭上のチャクラである
第8チャクラの波動をもつ石でありながら
なんと胸元の第4チャクラにも美しく共鳴するのです。
ペンダントにして身に着けることで
体全体をエネルギーのベールに包まれているような
そんな 心地よさを感じられることでしょう。

人はふと孤独を感じることがあります。
人ごみの中 友人たちとの会食 家族団らんのときでさえ・・・
それは本当の自分に出会えていないからかもしれません。
自分を心から愛し 宇宙全体が笑いかけてくれていると感じたときには
例え一人でいても 孤独を感じることはないといいます。

内面と外宇宙はつながっているといわれています。
それは私たち自身が小宇宙だからかもしれません。
時々瞑想して内面に向かうことにより
あ〜生きてるんだなぁ〜 一人じゃないなぁ〜
ありがたいな〜って思えたとき
自分がここにいる意味がきっとわかるんだと思います。

バイカラーアメシストとワークすることで
自分は 宇宙に常に守られている
大切な全体の一部であることに気づくことでしょう。
孤独を感じるとき 自身を守りたいとき
もちろん瞑想時のツールとしてもお役立てください。





ハイパーシーン
紫蘇輝石
HYPERSTHENE

keyword
(パワーの源に火をつける)


石の記憶:

生命エネルギーはその高い周波数の源に存在するのか?
熱く燃える瞬間発火のパワー。
まさしく、男性エネルギーそのものの力強さです。

ハイパーシーンは高い周波数であるにもかかわらず
その強いエネルギーで持って、

微細なはずのサイキック領域に殴りこみをかける
頼りになる兄貴のようです。

宇宙に漂っているだけではいられない時が必ず来ます。
高い周波数のまま現実の世界を動かさなければならないときが
もうそこまできています。

ハイパーシーンはそういった愛に溢れながらも
次世代へと革命を起こす志を高く掲げる人々のための石です。

高い周波数の世の中になるからこそ 必要になってくる真実の強いパワーを 
腕力や 人と競うためではなく 愛という名の不動の強さと
新時代への自らのパワーを高めるために使ってください。

疲れやすいだけのサイキック領域の人々は
もうそこにはいなくなっているでしょう。

鉱物的説明:別名エンスタタイトキャッツアイ。
エンスタタイト(頑火輝石)のうちで、
キャッツアイ効果が見られるものをいう。
黒い石の表面に
紫がかったシルバーの輝き(シラー)が見られる。


(全てサイキック領域内で感じたエネルギーの結果です。)
アドバイス:サイキック領域でも雷水晶に値するほど
大変高い周波数の持ち主です。
縦の存在エネルギーを持つ人で
高いサイキック領域の人々には不可欠な石となるでしょう。
これほどまでに周波数が高いのに
第一チャクラに共鳴するということは
頭に気があがりやすい周波数高めの方々への
強力なグラウンディング石ともなるでしょう。

==エネルギー的説明==

周波数帯:カテゴリー8〜9 サイキック領域

方向性(ベクトル):

存在のエネルギー:

動き:ぱっと火花が発火するかのような
瞬発的な外に飛び散る動き

強さ:非常に強い

対応チャクラ:物質界領域 1・6
サイキック領域 1・7第1チャクラ





パイライト
黄鉄鉱
PYRITE

keyword
(精神の多面性)


一つの問題のわだちにはまって
抜けられなくなったとき
解決法は一つだけではなく、
いろんな考え方があることを教えてくれる。
精神の消化吸収を促す。

より高い特性を発揮させてくれる。
協調性を促す。





マトリックス・パイライト
MATRIX PYRITE

keyword
(宇宙目線での自己認識)


石の記憶:
このあまりにもゆっくりした動きは何だろう?
全て手の内がわかるかのような
待ってくれて手ほどきをしてくれるような
ゆっくりとした導くような動き・・・
もしかしたら、名前の如くマトリックスの映画みたいに
動きが早すぎてゆっくりにしか感じないのか?
とっても不思議な不思議な世界観なんです。
世界が止まって見えるときってどんな時?
それは今ここに自分が落ち着いて
存在しているときではないでしょうか?
逆に世界に振り回されているようなときは?
自分を見失っているときじゃない?
この石は宇宙における自らの位置を
はっきりと見せてくれることで
高い意識、高いエネルギーで生きていく指針を
表してくれているように思います。
宇宙目線での第6チャクラで感じて見る世界は
きっときっとシンプルで愛に溢れていることでしょう。

鉱物的説明:母岩つきのパイライト。
ビーズ状になっているものは非常に珍しい。


==エネルギー的説明==

周波数帯:カテゴリー9 サイキック領域

方向性(ベクトル):

存在のエネルギー:

動き:動 煙のような、ブラックホールに
包まれたらこんな感じかな?と思えるようなゆっくりと
渦巻いているような動き

強さ:物質的な強さではなく
深く一カ所に意識を集中するような強さ

対応チャクラ:第6チャクラ

アドバイス:横の存在エネルギーを持つ、
サイキック領域カテゴリー9の人の助けになる石です。
第6チャクラにゆっくりと渦巻く
ブラックホールのようなものが見えます。
この石はそういった自身の直感能力の
無限性を教えているように思えます。
第三の目に映る世界観を疑わずに
宇宙の愛で持って体感していきましょう。





ピーターサイト
PIETERSITE
(CROCIDOLITE AGETE)

keyword
(自己コントロールの可能性を開く)


人生がどうにもならないように感じたとき
ピーターサイトに聞いてごらんなさい。
自分の可能性が分からなくなったときも
もうあがくのをやめて
ピーターサイトを感じてごらんなさい。
ほらっ 小さなささやき声が聞こえてきませんか?

「人生はなんて なめらかなんだろう。」って・・・

粒々がないタイプのちょうど良い硬さのピーナッツバターを
トーストに塗り広げるときの感じ。
いい香りがして 全てがうまくいくような
日常における ちょっとした幸せ・・・
ピーターサイトのエナジーには そんな感覚的な
なめらかさを感じます。

どんな小さなことでも
自分のなかでコントロール出来ていると感じたなら、
人生は180度違って見えるものです。
すいすいとスケートをすべるかのように・・・
自由自在に泳げるスイマーのように・・・
つっかかるものは どこか違うと感覚で知っているかのように。

ピーターサイトは、そんなに難しく考えないで
出来ないことはひとまず横に置いといて
自分が易々ととすいすい出来ることから楽しみなさいと
言っているかのようです。

また、ピーターサイトには
八の字に描く 無限のループのエナジーをも感じます。
八の字のループは繰り返しを意味します。
そう 何度も同じ事柄はやってきます。
また何度も似たような経験をするものです。
そうなんです。実はあせる必要など 何もないんです。
一度逃したように思われたチャンスもまた必ずその人のもとにやってきます。
目標だけを設定して その過程を楽しめない人生は
何度やってきても つまらないものです。

どんな小さなことからでもかまいません。
これは好きだ、これならスムーズに出来るというものを
ひとつでもゲットしてみましょう。
人生は自分が操作しているんだと
心の中で小さなガッツポーズを決めたとき、
もうあなたの中の迷いやあせりは消えていることでしょう。





ゴールデンピーターサイト
 GOLDEN PIETERSITE
(GOLDEN CROCIDOLITE AGETE)

keyword
(ビッグ・ハグ)


あなたの両手がどこまでもどこまでも
広がっていくと感じてごらんなさい。
あなたの胸は大きく広がり 喜びに満ち溢れ
するすると安々とこなせることがあると気づきます。

両手に余るとか 肩の荷が重いとかいうのは
もうやめにしませんか?

その大きく開いたハートであなたがまず出来ることは
そう、しっかりと愛する人を抱きしめてあげること。
無理に何かをするのではなく、まずはあなたの出来る範囲で。
そして あなたにしかできないことが必ずあるのです。

ソフィーママ★★





ヒーラーズ・ゴールド
HEALER'S GOLD

keyword
(癒しながら波動を上げる)


今現在 この石が欧米ヒーリング系で大変人気なんだそうです。
必要なときには必要な石があらわれるように
このヒーラーズ・ゴールドは まさしく
めまぐるしく移り変わる時代に現れた
救世主のような存在です。

3次元という物質世界でありながらも
今地球の波動がドンドン上がってきているらしく
肉体を持って地球にグラウンディングすることが
難しくなってきています。

どうしても 気が上がりやすくなっていますし
繊細な人は めまいや不眠に悩まされることも
多くなってきているようです。

グラウンディングできにくいのに
それでも 肉体を維持しなければならない。
そんな今の私たちにぴったりな役目をもっているのが
このヒーラーズ・ゴールドなんです。

この石の構成は マグネタイトとパイライトの結合です。
マグネタイトはまさに地球の極につながることを促してくれる
最先端ニューエイジ石ですが
このヒーラーズ・ゴールドは
この慣れない地球の中心に身をおくという状態を
やさしく守りながら ゆっくりと導いてくれるという感があります。

頭頂と足底からエネルギーがゆっくり伸びていき
北極と南極の極につながります。
すると私たちのエネルギーボディは安定し
安心感に包まれます。

つまり私たちは 地球の中心に身をゆだねることで
エネルギー的に中庸の状態に保たれるのです。
このヒーラーズ・ゴールドは そんなエネルギーボディを
繭で包んでくれるように やさしく守りながら
ゆっくりゆっくりと両極につながるように促してくれます。

逆にエネルギーワークを日常的にやっている人
瞑想を習慣にしていて エネルギーの感覚に慣れている人には
少々まどろっこしく感じられるかもしれません。

同じマグネタイトとパイライトで構成されている石で
オーストラリアン マグネタイトという石もあります。
もっとダイレクトに スカ〜〜〜ンと
つながってしまいたい人には
オーストラリアン マグネタイトのほうが
向いているかもしれません。

どちらも これからの時代を担う救世主的ニューエイジ石です。

ぜひゲットしてくださいね。





ピクチャージャスパー

keyword
(自然からの創造性)


このジャスパーは 自然回帰と同時に

共存をテーマにしているような気がします。

どんな生き物も 無意味に存在していません。

なにかメッセージがあるような気がしてなりません。

全ての存在に 感謝の気持ちが動くとき

それは私たちの魂が宇宙と

同調したときなのかもしれません





翡翠
硬玉
JADE

keyword
(ドリーマー)


あなたは誰?アリスのウサギ?いったいどこに行くの?
ちょっと 待って! 私も連れていって・・・・
気がつくとそこは 妖精が舞い、天使が空飛ぶ
夢と希望のワンダーランドでした。

何でも出来そうな気がする・・・・

そのとおり 実際 ここでは 何でもすることが出来ます。
お姫様になりたい! もちろんなれます。
空を飛んでみたい。 はいどうぞ・・・
素敵なお城に住んでみたい。 お気に召すまま・・・
そう ここは あなたの夢の世界。
夢の中では なんでも OK!出来るはずよね。

ただひとつ この世界には 秘密があるのです。
それは ある人にしか見つけられない 秘密の小道・・・
知りたいと思った人にしか通ることが出来ない
好奇心という名の 魔法の小道・・・・
例えば 勇気が必要かもしれない もしくは愛かもしれない。

そして、その小道はいったいどこに通じているのだろう!
アリスのウサギを追いかけていったように・・・
冒険好きなあなたにだけ出来ること。
そう これは 現実の世界に通ずる小道・・・

夢を現実にするには この通路を閉じてしまわないこと。
そして これは夢なのよ と諦めてしまわないこと。

子供はどうして大人になるか 知ってる?
それは 子供の時に抱いた夢を 大人になって現実にするため・・・・
だから 大人になれて良かったって思えるのね。

ジェイドは教えてくれます。
夢を見ることは
現実から逃げることではないと・・・
現実を変えたかったら
まずは 夢は実現するということを 信じることだと。
 
私たちは 多次元宇宙の霊的な存在。
もしかしたら 夢の世界が 現実かもしれない。
それは 誰にも わからない。
だったら もっともっと
夢をアイデアに 夢を希望に変えられる力があるはず・・・
幸せな気持ちで眠りましょう。
夢のメッセージを大切に・・・
ジェイドとワークすることで
現実の世界も違って見えてくるかもしれません。





ヒマラヤ水晶

keyword
(次世代エネルギーとの融合)


はじめてヒマラヤ水晶に出会った時には、
あまりにも強いエネルギーをもつヒマラヤちゃんに
私は ほとほと参ってしまい、
この子たちはいったい どんなレッスンを
私たちに示してくれるのだろうと とっても悩みました。
 
そしてきっと彼らは
次世代のエネルギーを発しているんだと思ってきました。
明らかに違う ブラジル産とのエネルギーの強さ
もちろん 水晶にはいろいろな特徴や それぞれの良さがあります。
しかし 同じ水晶でありながら このあまりのエネルギーの違いに
いったいこのヒマラヤにはどんなメッセージが秘められているのかと
探求せずにはいられない 魅力に取りつかれてしまったかのようでした。

そんなとき、どうしても欲しくて買ってしまった「特大ヒマラヤン」・・・・
でも彼のエネルギーをどうしても受け取ることが出来ずに
エネルギー負けして布をかぶせてしまう始末・・・・

私は初めから三次元の世界においての精神世界を探していました。
だって、精神だけなら肉体はいらないと思ったからです。
でも、この次元のことだけを語るには、だんだん難しくなってきました。
体外離脱、前世回帰、輪廻転生、チャネリング、宇宙意識・・・・
知れば知るほど、私たち人間は、
この肉体だけでは語れないものだと知りました。
それでも知識が増えれば増えるほど、不安になったり、考え込んだり・・・

そんなこんなで、一度高次元に諦めムードになり、
やっぱ生まれてきたからには 太陽の下
のびのびと好きなことしたらいいじゃない!
楽で心地よく わがままに生きたらいいじゃ〜ん!
っていう境地に入っていったのです。

しかし やっぱり ヒマラヤンは うんと言ってはくれませんでした。
ますます 身体は言うことを聞かず
エネルギーと肉体との間のギャップが広がるばかりでした。

そんな時、ある本に出会い、
蘇生の超能力を持つ人がいるということを知りました。
またそれが「機械でも可能である」ということも書いてありました。
蘇生といえば「神の領域」なのに どうして?
それをできる人間がいるのでしょうか?

あっ そうかぁあ!精神世界でいうじゃありませんか!
私たちは 神の分身であると!
神に出来ることは 本当は私たちにも出来ると。

そんな風に情報をいろいろたぐり寄せているうちに
はっきり言って「人間が生きてるだけで地球は大迷惑」などの
もう行き着くところまで行くほどドロドロした
内容のHPにも出会いました。

なるほどなぁ そうだよね〜 そういわれれば 迷惑なこと多いよね。
でも じゃあ どうして 地球を汚してしまうとわかっていながら
神様は人間を創造したんだろう?
そして これこそがまさに 究極の問である
「何で神様は自ら命を絶つことが出来ないように私たちを創らなかったのだろう?」
ということまで・・・・
本当に考えれば考えるほど 頭が痛くなりそうな、
絶対に答えなんか見つからないような 内容だったんです。

でも そうこう考えているうちに 感覚的に「おっ!!」っていう感じで
なんとなく わかってきたんです。

ヒマラヤンが言いたかったことは まさに、ここなんじゃないかな?
この三次元において いま、ここに もう光の世界はあるんだよ!って
そう 伝えたかったんじゃないのかな?

だって ぜ〜んぶ まとめて考えてみると
ここ三次元に住む私たちってとっても「自由」じゃん。
これって すごい選べるって言うことやん♪

高次元では 同じ波動同士の人じゃないと
出会うことさえ出来ないそうなのです。
なのに、私たちは 尊い人にも 腹立つ人にも 特に頑張ることもなく
出会うことが出来る!(^_^;)

そう、私がいつも言っている宇宙の法則的に考えると
外から勝手に起こってくることは何もなくて
全て自分達が引き寄せているんだとしたら・・・
また、そんな自分達の可能性や能力に気付くことができたなら・・・・

光の世界は未来じゃなくて、今ここに、
すでに存在してるんじゃないだろうか・・・
そうだとしたら、「なんて素敵な 三次元!」だと思いませんか?

私たちは きっといい子ちゃんだったから、
今回三次元に転生できたのよ・・・きっと!(^ー^)
スポーツで汗を流したり、抱き合ってポワ〜ンとなったり
水の中を泳いだり、風の匂い感じたり、花の香りに包まれ
いろんなものを作り出すことが出来る、三次元!!
わたしたちって、なんていい思いをしてるのでしょう!V(^0^)
ってことなのよねっ、きっと・・・♪

ヒマラヤは教えてくれます。
はじめっから、そこにあったのよ!と。
いっぱい、いっぱい捜し求めてたけれど、
あなたの探していた光の世界は
ほら、あなたの隣に、あなたの手の届くところに、
いつでも、ここにあるのです。

「あなた」が「あなた」らしく、「あなた」だけの「あなた」でいる時。
「この世界にいながら高次元の世界を体験できるんだ」
と子供のように信じられた時・・・
もう私たちは、光の世界に住んでいるのです。

だって、ヒマラヤクラスターがこんなにも強いエネルギーがあることを
証明してくれているのですから。





ヒマラヤ水晶・シヴァリンガム

インドのシヴァ神は破壊と再生の神様といわれ
力の源として崇められています。
破壊というのは 一見、悪い意味に取られがちですが
新しいことや変化を求めるときは
まずは現状を突き破らなければ始まりません。

その行為によって 前に進む原動力となり
新しいことや 再生 変化というような
動のエネルギーを生み出すのです。
動のエネルギーは男性を意味していて、
このリンガムと言われる形にも見られるように
シヴァリンガムは男性原理を表しているのです。

クロージョーアイズでは
このシヴァリンガムのとがった部分の
エネルギーが出ている方向を調べ
矢印のシールでマークしてお届けいたします。

形が持つパワーに ヒマラヤのパワーが合わさった
まさに エネルギーのコラボレーションといえるでしょう。

ポーチに入れても持ち歩きやすいサイズですよ。
手に握っていると落ち着き、瞑想にもよいです。
その他、さまざまなワークに ぜひお試しください。


シヴァリンガムを使ったワーク




ネパール・ガウリシャンカール産
ヒマラヤ・スモーキークォーツ

keyword
(母なる宇宙の加護)
 

母なる宇宙があなたにそっと微笑むとき 
忙しい思考は彼方へと過ぎ去り 
全てゆだねるという恍惚の感覚がやってくる。

何かを「する」のではない 何かで「ある」だけ
いまここにハートの鼓動を感じ 存在していることの喜び
そして あなたが 生きていることで 宇宙が存在していることに
気付いていく・・・

形あるものは いつか崩れ そしてまた 新しい何かが生まれる
宇宙は循環あるのみ。そして その素晴らしいサイクルの中に
宇宙の法則をみる。それは愛 それは喜び 心が躍る瞬間の連続。
それこそ 生の醍醐味。宇宙との一体感。生かされているという幸せ。
いつだって 母なる宇宙は私たちを見捨てることはない。

ガウリシャンカールのヒマラヤスモーキークォーツは 
あなたの存在自身を心から祝福し
まずは、「ここに在りき」という自然の摂理へと あなたを導いてくれます。
忘れてしまった本来の自分 ただ生きているだけでありがたいという
感謝の気持ち。全てがミラクル「奇跡である」という感覚を取り戻したいとき、
この石は 頭で考えることをやめ 穏やかに 緩やかに すべてを
ゆだねることの大切さを教えてくれることでしょう。

ヒーリングチャクラ 2
ソウルチャクラ 6
周波数高い

ソフィーママ

 



ヒマラヤ・ガネーシュヒマール産 水晶

keyword
(光の世界の住人)


ガネーシュ・ヒマールは光に満ちあふれています。
ネガティブの深みにはまってしまったとき
現実社会の固定観念に飲まれそうなとき
ガネーシュヒマールは、私たちが真我と呼ぶ
宇宙の源からやってくる光の存在であることを
思い出させてくれます。

ガネーシュヒマールの光は
第7チャクラに美しく共鳴します。
頭頂部を光が照らし
高い意識へと私たちを導きます。
愛と純粋な意識への気付きに向かわせる
第6チャクラと第7チャクラの能力を高めます。

ガネーシュヒマールは囁きます・・・・
愛に満ち溢れた場所を選びなさい
あなたが住まう場所はあなたを象徴しているのです。
周りの人達を観なさい
あなたの人生そのものを観なさい
あなたを取り巻くものは全て
あなたが作り出しているのです。
誰のせいでもなく あなたが自らの世界を
作り上げていることに気付いた時
もう既にあなたは変幻自在の光の世界の
住人となっているのです。
愛に包まれた光の使者達よ
本当の自分に気付きなさい・・・・

対応チャクラ: 第6・7チャクラ





ヒマラヤ・カンチェンジュンガ産 水晶

keyword
(ゆるぎない信頼感)


天空に向かってそびえ立つようなエネルギーは
なにものにも邪魔されない絶対の信頼感。
大いなるものとの間に築き上げられた
ゆるぎない真実が垣間見えてくるようです。

まっすぐまっすぐに伸びていくエネルギーは純粋そのもの
かといって 貫くような鋭いイメージではなく
疑うことなくすくすくと素直に育まれていく感があります。

私達はいつの間にか自分の本質が何であったかを忘れ
孤独にさいなまされ 物事に制限を設けてしまいます。
全ての出来事は自分が引き寄せたものであることも忘れ
災いが降り注いできたかのように大騒ぎします。

しかし実際には状況は常に一定で 私達の感じ方によって
快にも不快にもなります。
どんなサプライズが起こっても
常に面白がって受け入れる体制が整っている人には
恐れも焦りもありません。
それは大いなるものとのゆるぎない信頼感から
やってくるものなのです。

カンチェンジュンガを感じてみると 世の中には
こんなにも真っ直ぐで 疑いのない
清らかなエネルギーが存在していたんだということを
すぐに思い出すことが出来ます。
そして その大いなる存在が自分と一体であることも
感覚としてよみがえってきます。

ヒマラヤのエネルギーには毎回驚かされてばっかりですが
このカンチェンジュンガもまた「あっぱれ!!」としか
いいようがないでしょう。





ヒマラヤ・バシール産 水晶

keyword
(ゆるぎない信頼感)


この水晶はチベットと隣接するヒマラヤの北部で採れる石なのですが、
チベットでヒマラヤといえば、かの秘境と言われる
伝説の「シャンバラ」を思い起こします。
というのも この石のエネルギーは
まるで地球の内部に誘っているかのように
内側へ内側へと意識を向かわせていくからなのです。

現在、地球空洞説がにわかに語られていて
その空洞の中に 霊的かつ高次元な文化が栄えている
地底都市があるのではないかとまでいわれています。

地球空洞説は まるでファンタジーのような話ですが
人間のエネルギー構造が 昔 小学校の頃
S極 N極の棒磁石で 砂鉄の実験をしたように
軸を中心にリンゴのように張り巡らされているのだそうです。

近い将来 科学が進んでいくと あながち
ファンタジーではなくなるかもしれません。
もしかしたら地球も北極と南極には穴が開いていて
その中は軸としてエネルギーが通る
空洞となってるかもしれませんね。

話がだいぶ ずれてしまいましたが
この石は明らかに内面を探求するにふさわしい
エネルギーを持っています。
ついつい外側にばかりに意識をとられてしまう
現代社会においては必要不可欠な石のひとつです。

内面宇宙への探求は
今、ここに 存在していることへのありがたみと
自らが小宇宙であることに気づくための
第一歩となることでしょう。

自分を通して聞こえてくる 宇宙の鼓動に
耳を傾けることの大切さを バシール水晶は
教えてくれているのかもしれません。





ヒマラヤ・マカル産 水晶

keyword
(宇宙に溶け込む喜び)


隕石なみの高い周波数を持つこの石は
私達の既成概念を覆すような 穏やかで溶け込むような
宇宙の真理を体感させてくれる素晴らしい石です。

この石を感じてみると こわばった身体がほぐれていくかのような
とても軟らかくなって身体が液体になったかのような錯覚をもたらします。

そして 不思議とよく眠れるという 心身共に穏やかにしてくれる
魔法のようなエネルギーを持つ石です。

この石から受け取ったイメージはとても安らかなものです
どうぞ この石のメッセージとエネルギーを
感じて頂けたら幸いです。


ここは、山の頂にも近い、なだらかな高台・・・
まるで世の中全てを一望するかのように、
私はそこに座って 眼下に見下ろす平原を眺めるている。

風が肌に心地よく 全ての煩わしさなんて存在しないかのよう・・・

澄んだ空気の中にたたずみながら この美しいひとときと共に安らぐ。
そんな宇宙の愛が織りなす自然体な真の存在でいられるのなら
もう何もいらない。

そして 恐れるものは何もない・・・

私達が肉体でしかないと感じるのは 一体どんなときだろう?
この小さい範囲に収まって 限界を感じる時はどんなときだろう?

なぜ私達は自分に対してマイナスなイメージを持ってしまうのだろう?
それは もしかして 私達は凝り固まった一塊の物体として
自らを見ているからかもしれない・・・

マカルー水晶とワークすると なんと身体が溶け出すよう。
まるでバターが溶けていくような液体化する自分がそこにいる。

私達の細胞の一つ一つが宇宙であるのなら
私達は数え切れない宇宙で構成された無限なる存在なはず・・・

一つ一つの細胞に生命が宿り 再生が繰り返されているのなら
今の私は去年の私とは違う 全くのまっさらのはず・・・

そう、毎回毎回が 新しい!!
同じものなんて何もない
川の流れのように 同じところに留まることの方が難しいはず
だって この光り輝く一瞬一瞬は奇跡のように美しいのだから
そうやって 宇宙の循環を楽しめる幸せという名の恩恵を
私達は生まれながらに授かっているのだから・・・

ソフィーママ




ヒマラヤ・マニカラン産 水晶

keyword
(チャージ&浄化の最上級石)


ヒマラヤ水晶といえば「エネルギーが強い」というのが
すっかり定着してきた感があります。

そんな同じヒマラヤの中でも
ラダックのように螺旋エネルギーによるパワーをあげていくもの
ガネーシュヒマールのように光の作用が強いもの
カンチェンジュンガのように素朴さや純粋さが強力であるもの と
いろいろあります。

そして 最もチャージに適しているエネルギーの強さを持っているものが
クル・バレー産の水晶といわれています。
そんなクル・バレーのすぐお隣で取れたヒマラヤ水晶が
今回の マニカラン産 ヒマラヤ水晶なんです。

通常 水晶は透明なものほど 浄化力は強いがエネルギーが落ちる
不透明なものは 浄化力は弱いがエネルギーが強い
というような エネルギーの公式みたいなものがあります。

これはつまり 透明であるとエネルギーが分散して
ポイント部分に集まるエネルギーが弱まってしまうという
理由によるものなのですが・・・・

なんと このマニカラン産水晶は 両方のパワーを兼ね備えているという、
とんでもない浄化チャージ石なのです。
つまり透明でありながら エネルギーが半端でないほど強いんです。
浄化&チャージの最上級石が
このマニカラン産 ヒマラヤ水晶なのです。

この素晴らしい透明感が 光の作用を及ぼし 浄化能力を高め
クル・バレー産のように 強力なエネルギーが
チャージ能力を高めてくれています。
つまり一つの石で この両方の効果をMAXに高めてくれます。

相当強いエネルギーを持っていますが
エネルギーワークや武道などの修練をしてきて
強いエネルギーを持つ人には
大変 美しく共鳴することでしょう。

またダイアモンドが大好きな方もほぼ例外なく
強いエネルギーを持ってられることが多いです。
そんな方は 強いエネルギーの石を探してられることが多く
優しいエネルギーの石だけでは
物足りなく感じられる場合があります。

そんな時は このマニカラン産の石と一緒に持たれると
なんだか腑に落ちるというか
しっくりくるという感覚を持たれると思います。

今まで 見てきた水晶の中では 最強のパワーを持つ
マニカラン産 ヒマラヤ水晶をぜひ 感じてみてください。
あなたの中で とても大きなシフトが起こるかもしれません。

浄化&チャージ用にお持ちになる場合は
寝室などには 置かれないようにしてください。
大変エネルギーが強いので 眠れなくなる場合があります。
あまりにもエネルギーが強すぎると感じるときは
薄紫色の布などにくるむと少しおさまり穏やかになります。





ヒマラヤ・ラダック産 水晶

インドのラダックといわれる場所は
ヒマラヤ山脈の、より北に位置し
失われつつあるチベット文化を守り続けている
ここもまた 素晴らしい聖地だそうです。
雪に覆われたその景観は まさに秘境
写真で見ただけでも そのすごさが伝わってくる
一生のうちにぜひ行ってみたい場所です。

私もこのエネルギーに会ったのは初めてなので
少し慣れるのに時間がかかるかもしれません。
それほど 強いエネルギーが出ていますので
はじめは家の中でも長時間その場にいない場所
玄関やクローゼットなどで
慣らしてからお部屋に戻しましょう。

枕元など頭の近くには
置かないようにしたほうがいいでしょう。
敏感な人によってはめまいや吐き気などを
感じるかもしれません。

また逆にエネルギー的に消耗している人
精神的に疲れている人にはよい刺激となり
素晴らしいエネルギー補給となるでしょう。
それでも はじめは足元において
(立っても寝ころんでもOK)
何も考えず 思考を手放して
抱かれるような感じで
渦のような流れを楽しんでみてください。
自然の石の強力なパワーに
きっと驚かれることと思います。




ピンクタルク
keyword
(愛と叡智)

頭で考えて恋愛していませんか?
あ〜でもない こうでもないと理想でハートを語ってませんか?

大いなる自然がもたらす気づきは 突然のインスピレーションとして
やってくることがあります。第三の目 第六チャクラは頭部に位置
していますが、本来は考える場所ではなく ひらめきを受け取る場所です。

宇宙の叡智と繋がるためには いかにこのチャクラがフリーで
オープンで 宇宙にゆだねて生きているかによって 
受け取る情報の質が変わってきます。

そして この石の高い魂のチャクラでの役割は
ハートチャクラにあります。 第六チャクラで受け取った宇宙の叡智を
ハートで感じ自らの使命を全うする時、私達の本来の生きる場所は
この愛と喜びの中にあるのだと知ることになります。

宇宙のインスピレーションが、私達の本来のホームである
ハートチャクラで融合されるとき、ただただ感謝の念がわき起こり
今ここに生かされていることの奇跡を感じずにはいられなくなります。

無条件の愛が自然に流れ出すのは 全てを流れに任せた時です。
宇宙の鼓動が私達のハートの鼓動と一体になり、溶け合い
「ハートを開くことは宇宙を生きること」という真実に目覚めていきます。
ピンク・アラゴナイトは 私達の本来のハートの役割を思い出させて
くれると同時に、ハートで生きることの大切さに気付かせてくれる
ことでしょう。

対応チャクラ 6
魂のチャクラ 4(ハート)

ソフィーママ ★





フェアリーブルークォーツ
FAIRY BLUE QUARTZ

keyword
(身体意識を取り戻す)

妖精がそっと舞い降りてくるかのような
優しく美しいエネルギーが身体の中をそっと通り抜ける。
一切合切の不要な思いと共に綺麗に流し去ってくれる。
重心は下丹田(ハラ)にすっと治まり
心身のバランスをしっかりと取ってくれる。

この石は上がりすぎたエネルギーの周波数を
そっと身体に落ち着かせてくれるなんとも重宝な石である。

高いエネルギーに触れた瞬間
身体を超えた世界を体感することがある。
もちろん 私達は肉体を超えた存在で
常に物質社会に留まっている訳ではない。

眠っているときには 自然と身体を離れ
肉体があっては出来ない 見えない世界での
仕事を執り行っている場合もあるという。
また眠っているときとは死の状態にとても似ている
とも言われている。

そんな敏感な感性を持つ人にとって
時に身体は繊細なる精神的な世界を邪魔するように
感じることさえある。
フェアリーブルークォーツは そんな
周波数が上がり よりエネルギーが高まった人が
三次元をしっかり生きるためのエネルギーツール
であるといえるであろう。

実際のところ 私達はまだこの本当の三次元の世界を
経験してはいない。
それは 身体を持ちながらも体感できる
見えない世界とのコラボレーション。
物質と霊的な世界とのバランスが取れて初めて
開かれていく世界。

社会という周りの環境がどうにかしてくれるのではなく
個々が自らの感性で作り上げていく次世代的な世界。
それは 分かった人たちの意識が作り上げていく
世界でもある。もちろん万人に開かれている可能性であり
誰もが体感できるのは、もちろんである。

そのためにも 既存のスピリチュアルにあるような
肉体軽視で、より高次元のエネルギーだけを目指すような
概念では決して実現しないことを知る必要がある。

バランスが取れた肉体があってこそ
この三次元を生きる醍醐味がある。
それを失っては何の意味もなさないのである。

この地球で本当の自分を生きるためには
社会に押しつぶされそうになることを怖れるのではなく
しっかりと心身のバランスを保ちながら
高い意識の世界を生きることである。
そのためにも この石はそっと力を貸してくれるであろう。

=別記=

この石には不思議な曰く付きのエピソードがあります。
ソフィーのエネルギーが上がりすぎて 肉体のコントロール
が効かず、何も食べられなくなった、まさにSOSな時に
夢に出てきた石なのです。

そのまんま石のブレスの映像がでてきたのですが 
夢では「シリカ シリカ」と言っていました。
つまり この色の石には めのうやカルセドニーなどもあって 
それと区別するために水晶(クォーツ)の別称である 
シリカが出てきたんだと思います。

夢から覚めると すぐに あの石だ!!と分かりました。
そして身につけると 嘘のようにエネルギーの周波数を落ち着ける
ことが出来て 胸のつかえも取れ 食事が取れるようになりました。
エネルギーの周波数が上がりすぎて、水分も受け付けないように
感じるとき 身につけると助けになるでしょう。


ソフィーママ





フェナカイト
フェナス石
PHENAKITE

keyword
(天地に繋がる愛の光)


アドバイス:第6チャクラの目が大きく見開き、
大いなる叡智を感じながら、
第4チャクラの輝きに共鳴する。
第4(ハート)チャクラから放たれる輝きが
プラーナ管を通って天と地に放射されることで
各々の加護とつながれる。
素晴らしく高周波数なスピリチュアル石。
天上界と繋がる瞑想時に

鉱物的説明:珪酸塩鉱物(ネソ珪酸塩)・三方晶系
母岩は雲母。
成分的にはエメラルドやアクアマリンの仲間だが
エメラルド鉱山での産出は稀、
花崗岩ペグマタイト中での産出が多い。

モース硬度:7.5〜8


==エネルギー的説明==

周波数帯:カテゴリー5 サイキック領域

方向性(ベクトル):上下 縦方向

動き:静 一方向に伸びた後静止している

強さ:強い 針先のように鋭くどこまでも届きそうな強さ

対応チャクラ:第6で見開き、第4を輝かせる




フェノミナン水晶

PHENOMENON QUARTZ

keyword
 (まやかしの現実に気付く)


この世のまやかしに気付いていますか?全てはまやかしなのです。
煙や蜃気楼がふわふわ漂い、現実だと思っていた世界を揺るがすように
私達の思い込みは 一瞬のうちに跡形もなく 消えてしまうのです。

何をそんなに頑(かたく)なにしがみついているのですか?
こだわって生きることは そんなにまでして大切なことですか?
この全てだと思って生きてきた現実の世界が 単なる現象でしかない
世界だと知ったら、私達は何を信じて生きていきますか?

胸にすとんと腑に落ちる感覚は、頭で考えて出来ることではありません。
納得いかないのは、魂が求めることを拒否しているからかもしれません。

私達がその昔、全てにおいての信頼と共に生きていた頃。
それは あまりにも尊く 揺るぎない確信という安心感に包まれていました。
外からやって来る情報ではなく、それは内からやって来る
知っているという感覚。どんなに心が揺れ動いても 
必ずここに戻ってこれる という聖なる真実に基づいたものでした。

映画の主人公は その物語の中の世界を楽しく演じています。
しかし 必ず本当の自分に戻ることは誰もが承知のことです。
これと同じことを私達が日々の暮らしの中で行っているとしたら
どう思いますか? 本当の自分を知ってるからこそ 現象の世界で
楽しく遊び、興奮に満ちて演じることが出来るのです。

現象の世界で溺れてしまうことは 真実の世界を生きることから
あまりにも遠く離れてしまうことなのです。

すべきことなどありません。やりたいことがあるだけです。
寂しさに埋め尽くされた孤独などありません。
いつも自由に楽しめる個があるだけです。
現象の世界と 真実の世界との区別がわかるものだけが
この三次元の世界を、ゲームのように楽しめるのです。

フェノミナン・クォーツが醸し出す 揺らぐようなエネルギーは
そんな私達が絶対だと思っている価値観や信念を
いとも簡単に打ち砕いてくれます。

何かに囚われて動けないような時 この石は私達に自由な選択があること
そして 全てが見ているとおりではないことを 
そっと教えてくれることでしょう。


ヒーリングチャクラ 6
ソウルチャクラ 4
 



フォスフォシデライト
斜燐鉄鉱
PHOSPHOSIDERITE

keyword
(目に見えない世界に気づく)

鉱物的説明:
名前は、燐(リン)を表す『phospho』と
鉄を表す『sideros』に由来する。
独特の明るい紫色は鉄イオンが含まれているためとされる。
ブレス用のビーズ石はあまり多く出回っていない。

エネルギー的説明:
フォスフォシデライトはサードアイ(第6チャクラ)で
しっかりと見ることを訴えかけてくる石です。
つまり現実社会を超えた何か。
宇宙の本当の真実を見る勇気と誠実さを
象徴しているかのようです。

私達が日頃見つめている世界は
本当に実在する世界なのでしょうか?
少しの気づきや 気分が違うだけで
世の中が違った色に見えるような経験は
誰にでもあることです。

今、私達は 古い世界から持ち越した、
植え付けによる固定観念から自由になり、
自分たちの感情や感覚で 自然や宇宙を信じることが
求められています。

現在、クロアイに入荷してくる石たちを見ていて思うことは
なんて周波数の高い石ばかりなんだろう と言うことです。
第6、7チャクラの石 またサイキック領域の石が
次々とやってきてくれます。

彼らは私達に 今までと違う世界が存在していることを、
目で見えている世界だけが 真実ではないことを
そしてもっともっと自らの感性を磨き そのことに気づくようにと
訴えようとしている気がしてなりません。

フォスフォシデライトとワークすると
第6チャクラから 素直にまっすぐに伸びる
サーチライトのようなエネルギーを感じます。
私達のサードアイが照らす先には何があるのでしょう?
そこは感性の世界であり、
愛に溢れた秘密の花園なのでしょうか?

そこにはきっと全体につながる扉があり、
謙虚に自分が宇宙の一部だと認めて
心からこの世界を信頼するとき初めて、
恐れなど幻想でしかなかったことに気づくのでしょう。
このサードアイが示す方向に導かれることで
新たな霊的探求のスタートが始まるのかもしれません。

対応チャクラ:第6チャクラ





フックサイト・イン・カルセドニー
FUCHSITE IN CHALCEDONY

ハートチャクラの内側に染みわたるように
穏やかにすっきりと向かっていく石。

グラウンディングもしてくれるので
落ち着いた気持ちにもなれる。

深い呼吸を促し ゆったりとした気分に
してくれる ついつい焦ってしまう時に
普段使いのブレスなどに最適。

ソフィーママ





フックサイト・イン・クォーツ
FUCHSITE IN QUARTZ

keyword
(インナーチャイルドのケア)


水晶の中に よく見ると
緑色の鉱物がうっすらと見えます。
これがフックサイトで 鉱物としても大変珍しく
磨かれた水晶のなかに見える美しい世界観に
惹かれずにはいられません。

しかし この石には もう一つ大きな役割があります。
それはインナーチャイルドに気づくというもので
この石と一緒にワークすると
体内に小さな子供を感じるのです。

その子は なんとも愛らしく
純粋そのものな 無垢な存在です。
これは まさしく 私たちの中にある本質であり
穢れなき美しいエネルギーである 私たちそのものなのです。

時には寂しく震えていることもあるかもしれません。
また別の時には
輝くような笑顔で幸せいっぱいかもしれません。

だから この子が笑うも悲しむも
大人としての私たち次第だと言えますし
この子の笑顔が見たいために
自分自身を大切にしていこうと決心することも出来ます。

フックサイト・イン・クォーツを持ってワークしてみましょう。
小さな子供の存在を 自身の中に感じたら
そっと話しかけてみましょう。
彼(彼女)は生まれたときからずっと一緒にいたんです。
あなたのことは何だって知ってるんです。
だっていつも同じように経験してきたんですから・・・

自分自身を愛するという ローズクォーツという石があります。
そして この石を見るのがつらいという
どうしても自分が好きになれない人もいます。
そんなときは 自分の中に小さな子供がいると感じて
その子を抱きしめて愛してあげましょう。
フックサイト・イン・クォーツをインナーチャイルドのケアに
ぜひ活躍させてくださいね。

ヒーリングチャクラ 3・7
ソウルチャクラ 4





ブラジリアナイト
ブラジル石
BRAZILIANITE

keyword
(内面に隠された感情に気付く)


これはまた不思議な石と出会いました。
この石とワークすると
なんと おでこの位置にあるスクリーンに
ある映像が映し出されるのです。

それも妙にリアルで動きもあります。
まるでそこで生活していたかのような
空気の感じや においなどの感覚まで
戻ってきそうなのです。

しかも私の場合は まったく知らない土地でした。
アラビアンナイトのようであり
ただのジプシーな砂漠の民のようであり(テントが見える。)
乾燥した砂が舞う場所で 裸足で市場にもいました。
(今世では絶対なさそうです。)

過去世回帰な石なのかな と一見思いますが
スタッフが持って浮かんだ映像を見ると
どうもまちまちなのです。

三輪車を猛スピードで乗り回わす無邪気な子供。
長身で細身ないかにも世間知らずな王子。
秘密基地で夢中に遊ぶ子供。
太陽の下海で遊ぶ子供と影の世界を知り尽くした隠者。

過去世なのか 子供時代なのかよくわからないのですが
ひとつだけ分かっているのは
何度か期間をあけてみてみても
同じひとつの映像だけが見えるということなのです。
(いくつも違うバージョンの映像が出てくるわけではない。)

この石の言わんとすることが分からなくなってしまったので
ブラジリアナイト自身に石の持つメッセージを聞いてみました。

すると石は語り始めました。
その出来事の中にずっとループしているキーワードがある と
それを探っていくと潜在意識に引っかかっている問題が
浮上し解決していくであろうと。

私の中に浮かんだキーワードは なんと屈辱でした。
そういえば、人生を振り返ってみても屈辱的な経験が多く
人の無礼な態度や 男の人の怒鳴り声にとても敏感で
屈辱に関するキーワードがいっぱい出てきました。
きっとこの屈辱に関する問題が解決されると
もう同じ映像は出てこないのでしょう。

この石はきっと 解決できていない思いを浮かび上がらせ
そこに意識を向かわせることで
少しずつ問題をといていくというエネルギーを
持っているのだと思います。

もしこの石をもって なんの映像も浮かばないときは
映像ではなく メッセージや キーワードが浮かんだり
あと夢で見たり テレビや 街の看板など どこかに
「これは!!」と思うキーワードが隠れているかもしれません。
またある種の感情が浮かび上がってくるかもしれませんし
なんだか後回しにしていた、物事を片付けたくなるかもしれません。

ブラジリアナイトが示すメッセージを素直に感じてみましょう。
私のように屈辱というようなキーワードであったとしても
自分を責めたり 落ち込んだりすることなく
次なるメッセージや 気づきに注意するようにしましょう。

また そのキーワードに関して ぱっとしないときは
それに関して何度も繰り返していることがないか、
例えば三輪車ならば 3という数字を意識してみるとか
そのキーワードに関する感情も意識してみましょう。
ブラジリアナイトが発するメッセージは
思わぬ展開が待っているかもしれません。

★第6チャクラ(額)対応★






プラチナクォーツ
PLATINUM QUARTZ

keyword
(全てを知っている)


初めてこの石に出会ったとき。
あまりのエネルギーの大きさに正直驚いた。
エネルギーの大きさを手で測れない場合、
私はそのエネルギーをイメージで追いかけて行って
エネルギーの大きさを測っている。

例えていえば・・・
以前ヒマラヤ水晶ブレスを作った時
始め チャネリングブレスで作ってみたら
エネルギーの大きさと強さが1kmを超えるほどになってしまい
頭がガンガンに痛くなって
身につけることは不可能な程になってしまって
チャネリングでは出せなかった。
というように・・・

そしてこの石は なんと 追いかけて行くことも不可能なくらい
どこまでもエネルギーが伸びていく石なのである。
そして驚いたことに ヒマラヤのようにエネルギーの強さはなく
波動だけがどこまでも伸びているので
つけていてもさらりとした雰囲気さえ感じられる。

この石から届くメッセージは 「知っている」である。
なんか 地球で起こることは全て知っている感じがするのである。
もしかしたら 地球全部を覆うほどに
エネルギーが伸びているのかもしれない
それゆえに なんでも知ってるのかもしれない。

この石をつけていると なんだか おおらかな気持ちになってくる
小さなことに くよくよしている自分を笑い飛ばせるくらいに・・・。
まるで地平線のような このどこまでも広がる感じは
ターコイズの大地に広がるイメージよりも もっと広くて軽い。
ターコイズは大地に根付くので 土っぽい安心感があるが
プラチナクォーツは より高次元で
物質的重さや 3次元的な感覚ではない広がりである。

目に見えない世界がどうしても信じられない人
自分が生まれた町から一歩も外に興味がない方
自分がいる世界観が狭いな〜と感じるようになったとき
もっと新しい価値観をもとめたいな〜と思っている方
世界中を旅する人にも・・・
この石はきっと何かを示してくれるにちがいない。





ブラックスピネル
尖晶石
BLACK SPINEL

keyword
(充分に足りている)


頭の回転が速く、どこにでも適応できる
自分の持つインスピレーションや遊び心を
大事にして、深刻に考えすぎない
忙しすぎる頭の思考をゆっくりにして
それでも充分に間に合うことを知る

対応チャクラ 第6チャクラ





ブラックトルマリン
電気石
BLACK TOURMALINE

keyword
(否定性を中和する)


否定的な環境から身を守る。
人の否定性をポジティブに変容して行く。

デリケートで傷つきやすい人に。

現実的な社会の中であっても、
高い宇宙の意識を持ち続ける力を
目覚めさせてくれる。

家の廻りにブラックトルマリンを置き、
活発過ぎる子供を落ち着かせるのに効果を上げた、
という報告もあります。





ブラッドストーン
血石
BLOODSTONE


keyword
(生命力の流れを刺激)


肉体の活力を回復させる、
ある種の血液製造器としての働き。

肉体的な疲れ、
感情的な枯渇した状態である問題を
自らの力で取り組む勇気と力を与える。

燃え尽き症候群の方へ





フラワー水晶

keyword
(次世代の到来)


未来の高次元な世界を書いた
小説やチャネリングものや宇宙もので、
唯一共通する概念があります。
それは「あまりにも眩しすぎる光の世界である」ということです。

光が強過ぎて目を開けていられない状態だったり
この世に存在しないスペクトルの極彩色だったりして
3次元からやってきた 主人公は適応できずに
ゴーグルをかけなくてはなりません。

フラワー水晶に初めてあったとき
まさにこの物語の主人公のごとく
眩しくて 目を開けていられないほどでした。
そして 耐えかねて目を閉じても
それでもまだ 眩しいのです。
つまり石のオーラ自体が光り輝いて眩しいのです。

それは まさしく ダイアモンドダストの輝き・・・
ちょうど第8チャクラといわれる部分
(頭上約20〜30センチ)から
キラキラと輝きながら舞い降りてきて
私達の身体全身をやさしく包み込んでくれるのです。

まるで神様や女神様から よくやったね!!と
ご褒美の花吹雪(光版)で祝福されているかのような
なんともいえない うっとりとした心地よい感覚なんです。

水晶クラスター数あれど これほど 周波数が高く
光の作用が強いものには 初めて出会いました。
今新しい石達が次々と登場し、市場をにぎわしています。
この時期になって 出てくる石というのは
とても興味深いものが多いです。
エネルギーが強い。大きい。
そのうえ波動が高く、はっきりとした個性を持っている
というのも特徴です。

どの時期にどんな石が出てくるかというのは
本当に 誰にも予想がつきませんが
ただそれらの石とワークしてみると
全てにおいての必然を感じずにいられません。

このフラワー水晶もそんな石の一つで
高次元時代に入ろうとしている今この時代に
必要不可欠な石なのではないか とさえ思えるのです。
そう、私達は次なる眩しすぎる時代に
目を馴らしておく必要があるのです。

このフラワー水晶が とても視覚的に私達の五感に訴えかけながら
光の存在を示していることからもわかるように
本当に不思議なことがおこっても これは魔法だと思うことが起こっても
もう あまり驚かないような時代が近づいているのかもしれません。





フリントストーン

脳内パッションが起こりうる時
新たな回路が出来上がり
今までの自分では居られなくなる

これまでの思考とは違うものがやってきて
それは 考えることではなく
受け取ることであると学ぶ。





ブルーレースめのう
青玉髄
BLUE LACE AGATE


keyword
(緊張を和らげる)


私はブルーレースを見ていると
夏の夕方の海の見える窓辺で飲む
ソーダ水を思い出します。
(それで、いつもソーダライトと名前を間違ってしまいます。)

間違えないようにするために
イメージをあといくつか・・・

ブルーレースのブルーは
淡い雲が浮かんだ穏やかな青空。
淡い清楚なブルーのハンカチの周りを
縁取る白いレースのように
優しく 穏やかで 平和的なその水色に近い青は
私たちの心に ホッと一息つけるスペースを
見つけてくれるようです。

多くの面で私たちは自分自身を
抑えるようにプログラムされています。

悪く思われたり拒まれたりするのを恐れるために
多くの思考や感情を抑え込んでいます。

自分自身をあらわにすることを恐れ
どんな場面においても自分を出せないでいます。
そんな彼らにとって この世の中は生きにくく
あらゆる部分が緊張で凝り固まってしまうのです。

親たちや周りの大人たちに抑圧されて育ったり
馬鹿にされたり、からかわれたりすることが多い環境で育つと
自分を出すことが恐れとなってしまう可能性があります。。
小さな子供達は 無垢で可愛く ついからかったりしがちですが
魂は永遠です。
その子たちは 何度も大人を経験し生まれ変わって
今はただ、また子供なだけなのです。
子供の魂を尊重しましょう。

全ての人たちの意見に耳を傾けましょう。
大元では 私たちは全てつながっているのです。

ブルーレースのエネルギーは私たちに
穏やかで優しい安心感を与えてくれます。

そして、また 喉のチャクラを刺激し
人間関係をよりスムーズにする
コミュニケーションの力を授けてくれます。

ブルーレースの安らぎの青い光は
喉のチャクラの創造性を促し、
生き生きとした存在感に溢れながらも
自分の思考や感情にアクセスし
その素晴らしいプロセスを
人生にもたらすことを可能にしてくれます。

肉体的緊張を和らげ、深い落ち着きを与える。
興奮した心を鎮める。
思考と感情のバランスを取り
言葉において自分自身を自由に表現する力を与える。
ストレスを感じやすい方に。喉のチャクラの浄化に。





プレセリブルーストーン

keyword
『宇宙通信』


プレセリブルーストーンは、ドレライトの一種で、
英国編ブロークシャーのプレセリ丘陵のある場所で採掘されます
世界で唯一、この地域でとれたドレライトのことを、
合法的にプレセリブルーストーンと呼ぶことが出来ます。
今から五千年前、現在は世界遺産となったストーンヘンジの建造に
使われた石で、現在でもストーンヘンジの内側のサークルストーンとして現存しています。
そして学術的にも、古代のロマンや神秘としても、この石は多くの人を
魅了しています。

****************************

少女は広がった土地に立ち 風を感じている
その少女の足が向かう先は 石で作られたサークルだ
サークル内に少女が足を踏み入れると 空から光の
レーザーが舞い降りる 高い意識と愛のエネルギーに
包まれ 彼女はそのエネルギーが発する光に身をゆだね始める・・・・

さあ、来なさい ここに来なさい。
全ての困難、思い煩い、束縛そして一時の恍惚さえ手放し
本当のまっさらな自分を思い出したいのなら
さあ ここに来なさい。
このサークルの中心にてそっと腰を下ろすと同時に
全ての重荷も下ろすのです。

あなたは何のためにここにやって来たのですか
あなたは何のために毎日を生きているのですか
あなたは今世一回だけの存在だと本当に信じているのですか

あまねく宇宙の大きな存在に生かされている私たちが
そんなにちっぽけな存在だと本当に信じているのですか
あなたがここまでやって来たのには意味があります。

こうして時代が変わろうとしているこの時代に
生きているににも意味があるのです。
もう、眠っているふりはやめなさい。
本当のあなたを生きるのです。

あなたは知ってるでしょう 自らの本当が発する感覚を・・・
なぜ疑うのですか なぜそのエネルギーを受け取ろうとしないのですか
もう、その愛のパワーを使うときがやってきたのです。

周りを気にするのはやめなさい
その気にしている周りもいずれ 一体となったときに
何の疑問もなく 己の道を歩み始めている同胞だと気づくでしょう。

この石のエネルギーと一体になってご覧なさい。
あなたがこの星に生まれてきた意味を思い出すでしょう。
そして、いつでも自由に宇宙に問いかけてもいいのです。
なんでも聞いてご覧なさい。全ての疑問を投げかけなさい。

あなたの思いは必ず宇宙の同胞に届いているのです。
この地球は孤独な星なんかではありません。
ただ全ての恵みである宇宙の叡智の存在を認識していないだけなのです。
宇宙の叡智は全ての魂に通じているのです。

この石を身につけると 空に向かうエネルギーを感じるでしょう。
縦にまっすぐと伸びるエネルギー
その方向に意識を傾けてみなさい。
そして 身体全体を預けてみなさい。
私たちが向かうべきところは 宇宙が一体であるというところ・・・
そこには 何の不足もなく 自らの特性を生きることをの
素晴らしさを感じる世界なのです。

あなたの素晴らしさをどうしても見いだせないときは
あなたの認めたくない部分を全て受け入れなさい
あなたの格好悪いところも嫌なとところも全て許すのです。
そうやって全てを愛で包み込んだ後に 現れてくる思いを
この地球に 宇宙にもたらしたい思いを ただ
そのまま形にするだけなのです。 

あなたの思いは宇宙に通じています。
この石が通信機の役割をしてくれています。
さあ 思いの丈を宇宙にぶつけて 
真実の自分を生きる糧を見つけ出しなさい。

小さくても本当にちっぽけでもかまいません。
自分が心から喜びであると感じることに
今すぐアンテナを向け、それを生きるのです。
プレセリブルーストーンは その高い意識でもって
あなたの心の支えとなってくれることでしょう。

ソフィーママ

周波数 非常に高い
チャクラ 物質界領域 第6チャクラ 
サイキック領域 第5チャクラ




プレナイト
葡萄石
PREHNITE

keyword
(優しさ)


私たちが 本当に嬉しいとき 心から感動するときは・・・・
いったいどんな時でしょうか

名声を手に入れたり大金を手にした時でしょうか

確かに そのようなときも もちろん嬉しさはあります。
しかし 何度思い出しても嬉しく 永遠に心に残るほどの感動とは
やはり人の優しさに触れたときではないでしょうか?

私は よく 世界観の話をします。
といっても 難しい話ではなく
二つの世界があるとしたら 自分はどっちの世界で暮らしたいか
という話です。

ある定義に収まらないと振り落とされてしまう世界
つまり勝ち残ることだけに意識がいってしまう世界と
本当に自分の得意なことをして 人の役に立ち
道行く人が みんな笑顔で満足している世界があるとしたら
どちらに住みたいだろう?

どんなに社会的ステイタスが高いといわれても
自分の生活に満足できていない人は たくさんいます。
医者じゃなくて 本当は
おいしいものを出す町の洋食屋さんになりたかった とか
今ある仕事が定年になったら 本当にやりたいことをしようとか・・・
私たちは もしかして 凝り固まった社会のルールの中に縛られて
本当に優しい気持ちになれる体験を 我慢しているのかもしれません。

人は 時々 何とも言えない 優しいものに
包まれたいと感じることがあります。
ただ優しい言葉をかけてもらいたい ただ抱きしめてもらいたい
そんな時は自分が生まれたての赤ちゃんのようになって
聖母に抱きしめてもらっているイメージを浮かべたりします。
またとろけるほど 優しい言葉ばかりが
載っている本を読んだりします。

プレナイトとワークすると
まさに そんな優しさをいっぱい秘めている
イメージが浮びます。
そこには 真実の心地よさがあり 真実の優しさ
愛があります。

複雑な人間関係に疲れたとき、はげましの言葉が欲しいとき。
目も回る忙しさで 本当の自分を見失いそうなとき。
プレナイトは そっとあなたの背中を押して
勇気を、優しさを 思い出させてくれるでしょう。





フローライト
螢石
FLUORITE


keyword
(記憶の倉庫)


本来のフローライトは自由そのもの
ちょっと、ほっといて欲しい 子供や大人が
気になる石の一つです。

「一番自分らしくいれる時
時間は止まり、本当の自分に出会う。
心は高鳴り
人は大宇宙と繋がっている記憶につながる。
なんでも出来そうな気がする。
小さな自分の殻が破れ大きな世界へ飛び立つ。
魂は永遠であったことに気付く。
私はいつだって自由。
今、私は風のようでありたい。
だから ちょっと ほっといて欲しい。
気まぐれな私を無邪気だと笑ってくれるあなたに
光の花束を贈りたいから・・・・」
 
全ての人にとって 自由な時間は不可欠なものです。
時間に束縛されず、光の次元にいるフローライトと瞑想すると
とっても心が落ち着きます。

また集中力や知性を高め、
IQをも上げるといわれる天才の石ともいわれています。
速いペースで人生を生きている人、
肉体的にも精神的にもエネルギーを用いる人に。
宇宙の多面性に同調し、意識をワンランク上の次元へと導く。
左脳的思考から 右脳的感情へと導く。





フローライト・イン・クォーツ
フローライト入り水晶
FLUORITE IN QUARTZ

keyword
(思考ではなく霊感で受け取るということ)


素朴でいることと頭脳的であることは
一見、相反することのように感じます。
全てを浄化し 何もないゼロの状態が
水晶の明晰さのパワーであるとしたら
この頭脳的であるフローライトとの結合は
何を意味しているのでしょう?

私はこの石のメッセージが
未来のテクノロジーの方向性を示しているように感じるのです。
神なる頭脳は完璧です。
その頭脳から生み出される物事のタイミングも完璧です。
そんな完璧な神なる業のメッセージを
私たちが受け取れる時ってどんな時でしょうか?

苦悩や問題が山積みの時でしょうか?
頭脳を駆使して一生懸命考えている時でしょうか?
すばらしいアイデアがやってくるのは
幸運の女神が微笑む時は・・・・

私たちが 純粋にゼロの状態
仏教用語で言う「空」の状態のときではないでしょうか?

本来のフローライトの意味のごとく
自由な子供心に戻っている時に
アカシック・レコードや大いなる存在と
つながれるのではないでしょうか?

私たちの考える近い未来に
きっと科学と霊性が融合する時がやってくると感じます。
コンピューターで全て計算できる頭脳に
霊性が加わらないと
アトランティスの時代と同じ過ちをまた繰り返してしまうことを
私たちの輝かしい未来のために
この石は、知らせてくれているのかもしれません。

全てゼロな子供心を失わないことで
私たちの未来の頭脳
つまり未来のテクノロジーは
素晴らしいニューエイジの世界とともに
本当に必要な存在として
愛ある光の世界へとシフトしていくのだと思います。

ついつい頭でばかり考えてしまいがちなとき
自然の美しさや日々の小さな幸せを忘れてしまいがちな時に
フローライト イン クォーツは
こだわりを手放し、ゆだねることの大切さを・・・
また、そうすることで科学と霊性の融合が
理解に近づけることを教えてくれているのかもしれません。

★第6・7チャクラ 対応★






ペタライト
葉長石
PETALITE


keyword
(天使界の領域につながる)


これまた まさにニューエイジストーンといえる石に出会いました。
名前は チョット冴えない感じですがペタライトといいます。
名前はさておき、この石は今アメリカのニューエイジの人々に
とっても注目されている石なのです。
それもそのはず この石は
まさしく天使の領域と共鳴する石だからです。

ペタライトとワークすると どんどん上に意識があがっていきます。
身体の第七チャクラも超え 空を上がり続け
ある場所でぴたりととまります。
宇宙まで行くわけでもなく
この世とあの世の境目でもありません。
そこはなんと天使たちが舞い遊ぶ領域
天使界といったらいいのでしょうか?

なんらかのメッセージがもらえるかもしれません。
私は「ようこそ」と言われてしまいました。照れます。
ニューエイジを愛する人たちの中には
さまざまな領域で共鳴する世界観を持つ人が多く
シリウスやプレアデスなど地球外惑星に共鳴する人
妖精などの自然界の精霊に共鳴する人
そして まさに天使が大好きで
天使とコミュニケーションしてる人たちにぴったりなのが
このペタライトだと思います。

天使たちは愛の化身であり ガーディアン(守り神)であり
最も身近なメッセンジャーでもあります。
いつも笑いを絶やさず愛に包まれている人の周りには
天使がいっぱいいるといわれています。

この石は本当にそんな心境にさせてくれる
幸せいっぱいの波動を持つ石なのです。
ペタライトとワークすると もう私の周りに
2〜3人の天使が舞っているのが感じられます。

私は天使界の領域とのつながりは
今まで薄いと思ってきましたが
それでも こんなに愛にあふれる存在が近くに感じられるとは
なんて素晴らしいことでしょう。
本当に愛ある友達というか
優しいエネルギーたちに包まれているような気がします。

そっと話しかけてみます。
ちゃんと心優しいメッセージを下さいました。
これは これはニューエイジな人々には
必要不可欠な石といっても過言ではなさそうです。

また 自分が精霊や目に見えない存在と話していることが
どうしても信じられない人。
低級な霊とかかわってしまうことを恐れ
その能力を閉ざしてしまっている人にとっても最適の石でしょう。
この高次元の波動を持つ ペタライトなら
きちんと天使レベルの存在とコンタクトをとることができ
ご自身のチャネリング能力に自信を持たれることと思います。

ただし ここで得た能力をエゴのためや 権力のため、
また人に自慢げにしゃべりすぎるのは望ましくありません。
天使からの愛のおすそ分けは 謙虚に自分の成長のために
活かしてくださいね。

★第6チャクラ(額)対応★






ヘマタイト
赤鉄鉱
HEMATITE


keyword
(大地に根付く)


今現在 人間関係において悩んでいたり
現実社会になんとなく壁を作りたい衝動に駆られませんか?
 
ヘマタイトが好きな人の、オカルト好きは有名です。
ヘマタイトが地球に教えてくれるメッセージを受け取って
地球が宇宙に存在する 数ある星のひとつであること、
宇宙規模で物事を考える必要があることも、
ヘマタイトに惹かれる人は知っています。

そんな 宇宙的な考え方をするのに
現代の社会ではまだまだ準備が出来ていません。
ネガティブで 低次元な存在や事柄も日常には多く
ヘマタイトの人の 次世代的な考え方とは
大きくずれてしまっているのが現実だと思います。

そんなとき 自分を守るために盾を持つことは
とっても大事なことだと私は思います。
ヘマタイトが そんな繊細でピュアな心を持つ人たちを守り
役に立つことはいうまでもありません。





ヘマタイト・イン・クォーツ
HEMATITE IN QUARTZ

keyword
(自らの基盤を築く)


石の記憶:まず自分の基盤を感じてみよう。
この身体あっての自分。
この感覚あっての自分。
今、この地球という三次元の世界に存在していることに
感謝しよう。

自分一人の力で全てをコントロールしようとしていないかい?
マインド(思考)が一人歩きしていなないかい?
考えても 考えても 解決できず
悩みのループにいるようなとき、
それは生きるスピードを落とす時よ
という自然界からのサインかもしれない・・・

自然達が織りなす業を感じて生きてみよう。
猫が日向でたたずんでいるのを見てみよう。
風が運んでくる匂いをかいでみよう。
土の上を裸足で歩いてみよう。

自然界には足らないものなど何もない
そんな自分も自然の一部なんだという
三次元の世界でなければ体感できない喜びに
包み込まれることだろう。

母なる地球に抱きしめられて
大いなる安心感の中でゆっくり眠ろう。
そして本来の自分の使命に向かって
ゆっくりでいいから勇気を持って歩きだそう。

鉱物的説明:ヘマタイトが水晶に混入して酸化したもの。

モース硬度:6.5〜7


==エネルギー的説明==

周波数帯:カテゴリー1 物質エネルギー領域

方向性(ベクトル):

動き:動 ゆっくりと下に向かうエネルギー

強さ:穏やか

対応チャクラ:GE グラウンディングアースチャクラ

アドバイス:ゆっくりと下に向かうエネルギーで心を落ち着ける
意識が上に向かいやすい方に
のぼせやすい方 緊張したり あがり症の方
頭がいつも忙しく めまいを感じてしまう方
高層の場所に行くときに





ヘミモルファイト
異極鉱
HEMIMORPHITE


keyword
(あいまいを楽しむ)


例えば私達の身体が水の入ったメスシリンダーのような
ガラス容器のようなものだとしたら
その中を漂う 空気の泡のような感じのエネルギー
といったらいいのでしょうか。

どの身体位置にも どのチャクラにも留まることなく
上下に漂いながら 移動するエネルギー
なんとも不思議なこんな石は初めてです。

光を発して外側に輝くのでもなく 内側に入っていくでもない
どちらかといえば 自らが意識した箇所を優しくふんわりと
包み込んでケアしてくれるといった感じなのです。

この石と向き合うと 私達の身体が固体ではなく
水のようなエネルギー体であること、
固定し確定したものなどではなく 揺らめいて移り変わって
常に少しずつ変化しているものであることに気付きます。

そして 確固とした真実というような しっかりと硬いものが
逆にもろく、はかなげであるのに対して
やわらかく ゆっくりしたものが 永遠で
より大きな力を持っているというような感覚が芽生えてきます。

子育てや精神論、勝負感覚など 私達はあらゆるところで
「強くあれ」という意識で生きてきたのかもしれません。
しかし 何に対して強くあるのか 強いというのは一体なんなのか?
と疑問に感じてしまうほど ヘミモルファイトのエネルギーは
あまりにも柔軟すぎて 優しすぎて
ゴロニャ〜ンと甘えてしまいそうです。

本当は現実社会には適していないかもしれないけど
生存競争などという愚かな意識を忘れてしまうような
こんな石の存在があってもいいのではないかと私は思うのです。

確かなものの中でしか生きられないとしたら
私達の可能性や自由な心は きっと固まって
悲鳴を上げ始めることでしょう。
「あいまい」という言葉を嫌う人もいるかもしれないけれど
時には この「あいまい」の中に浸ってみるのも
大切なことなのかもしれません。

定規で測ったような毎日でないと
気持ち悪いと感じる完全主義者の方、
逆に優柔不断でいることを恐れている方
一度全てのロックをはずして
ヘミモルファイトの世界に遊びに来てみてください。
新しい方向性が見つかるかもしれません。

全チャクラ対応ストーン





ペリドット
かんらん石
PERIDOT


keyword
本当の強さに気づく


ペリドットは昔、戦いの時の装身具に
必ず使われる石とされてきました。
その実用性からも何らかの肉体に
働きかける石であることがわかります。
このグリーンの穏やかな石の色からは考えにくい
肉体に作用する働きとは いったい何なのか?
とっても興味深く感じてペリドットとワークしてみました。
すると・・・・この石はなんと・・・はっきりとある形を表しました。
それは 体中をとりまく ギザギザ・・・????
どこのチャクラにも反応しません。
というか 身体全体をギザギザの線で 覆うような感じ
鎧を着けているようでいて 守っているのではなく
どちらかといえば 攻撃に備え勇気を
ふつふつと沸きあがらせる 準備をしているようなのです。
また なにかリズムを刻んでいる 感じもします。
そうです この石は手に乗せるととても振動します。

その振動にのっていると まるで 士気を高めるような
絶対大丈夫 私はとっても強い というような
勇者になったような気分までしてきます。
これは今までに感じたことのない 面白いエネルギーです。

ペリドットの振動は その人がもともと持っている生命力を高め
パワフルなエネルギーを肉体に息づかせます。
忘れかけていた力 火事場の馬鹿力的な内なるパワーを思い出し
自信を取り戻すきっかけとなってくれます。

不思議なことに このギザギザは
相手を傷つけるタイプのものではありません。
あくまでも 自分を奮い立たせるための 原動力になるものを秘めています。
この石はNOというときには 言わなくてはいけない
誰かを守るために 自分が立ち上がらなくてならない。
言われのない暴力や いじめに立ち向かわなくてはならない という
自分の中に 強さと正義感を思い出させる石のような気がします。

男だって 女だって 子供だって
勇者にならなければならない時が あります。
立ち上がって「かかってこい!!」と
いってしまいたいときが あります。
何かを変えるために・・・何かを守るために・・・・
そして 一番に守らなけらばならないものは
その人の自尊心なのかも しれません。
現代の勇者よ 誇りあれ!!





ホークスアイ
鷹目石
HAWK'S EYE

keyword
(統率力を高める)


ホークスアイはアメリカインディアンの
鷹の精霊(ホークメディスン)
「使者」を思い起こす石です。

そのキーワードは「油断のなさ」を表しています。
この石を選ぶ時
「あなたは鷹にならなければなりません。
自分の周りに起こっていることに
常に敏感でいなさい。
何かとても大事なことを見逃しているはずです。」
というメッセージが込められているのです。
私達の行うこと 聞いたり受け取ったりすることなど
全てのことにレッスンがあります。
精霊(スピリット)のメッセージは、
私達のまわりから、状況から
友人の何気ない一言から、混乱から、
そして美からやって来ているのです。

ホークスアイは
精神や霊的なビジョンが研ぎ澄まされる第3の目に置かれると
良い働きをします。
ホークスアイは霊的探求をしている人へ
敏感でいることは
いろんな環境から気付きをもたらすことを
教えてくれているようです。

直感や精神性を高める
周りあらゆる状況に先生がいることに気付く





レッドホークスアイ

keyword
(自己の中に叡智を見る)


真実なる叡智の目は、外を探しても見つからない。
自己のすべてを見つめることで 見いだされる世界は
あらゆる感情を超えた ただありのままを受け入れる世界だから。
それは習うのではなく、思い出すことに近い・・・

内なる自分を信じることは 誰かに従って生きるのではなく
自らの足で立ち上がり 自らの直感に導かれていくこと。
そんな勇気ある人々が作り出す未来は、
それまでの既知を超え 未知に胸躍らせる童心に似ている・・・・

見たこともなかった 世界が現われるのは いつだって
自分の内側から沸き出てくるあの感じ。
それは 最初から備わっているかのように
自然に見えてくる 不思議と繋がっている 
そう まるで 初めから そうなっていたかのように・・・

だって 私達がそのまんま宇宙だもの。

ソフィーママ


=エナジーツールとしての説明=

周波数の高さ:1(10段階における)
エネルギーの特徴:動きはなく 静かに内観する感覚。
エネルギーの方向A:内側
エネルギーの方向B:グラウンディング
幾何学ライン:縦
対応エネルギー体:アストラル体
対応ヒーリング・チャクラ:6、2
対応ソウル・チャクラ:6





ホーリークリスタル

keyword
(限りなく純粋な聖なる領域)


あなたは知っているのでしょう?
本当はどこからやってきたのか。
あなたは今も感じているのでしょう?
あなたがどんなに穢れなき純粋な魂であるのか。

どんなにどんなに説明したくても
言葉では伝えられない想いがある。
どんなにどんなに理解してもらいたくても
あなただけにしか分からない世界がある。

あなたの天使性は、どんなことにも打ち負かされない。
何よりも強く 何よりも気高く
その聖なる領域は、どんなものも侵すことができない。

時にはその眩しすぎる光が 
畏れ多く近寄りがたく感じるかも知れない。
時にはその特別な空間が
決して分かち合えることのない孤高だと
感じるかも知れない。

しかし 光の道を進むものは
決して見放されることなない。
それは あなた自身が一番よく知っている。
それこそが この世界の真実なのだから。
宇宙と私達は決して離れることはないのだから。

この光り輝く世界を一度訪れたなら
もう決して後戻りする気にはならないでしょう。
そして この純粋な聖なる領域の扉は
全ての人に開かれている。

新しい世代の子供達がここに向かっている。
そして 早く生まれすぎた大人達もまた
この場所の素晴らしさを思い出そうとしている。

あなたの繊細な純粋さを 
決して隠したり 怖れたりしないで
あなたの本質は真実の世界を生きているのだから・・・
いずれ近い将来には、誰もがここを
訪れているのだから・・・

ソフィーママ

第6・7チャクラ 周波数がとても高い





ボツワナメノウ

keyword
(大地の鼓動)


溶岩が流れるさま 脈打つ大地の鼓動・・・
それは まるで 地球の創世記。

動き 熱さ 躍動感・・・
その生まれたての エネルギーに包まれたいと思う。
その熱い熱気を もう一度思い出したいと思う。

どうして 人は 流れを無視するのだろう。
この世に 動かないものは何もないのに・・・・
なぜ 私たちは そこに留まろうとするのだろう。
水は よどむと濁ってしまうことを知っているのに・・・・

私たちのエネルギーは循環することで 甦る。
行動し 与えて 受け取ることで 新しく生まれ変わる。

滞ることをやめよう。常に新しい方向に流れていこう。
過去を気にするのはやめよう。未来を思い悩むのもやめよう。
流れは常に変化する。変化に伴い過去の記憶もなぜか変わる。

私たちには ある意識がいつも存在する。
それは 「足らない」という思い違い・・・・

流れている限り 足らなくなることはない・・・・
手放すことができれば 新しいスペースに
次のものが流れてくる。

自然の力を思い出そう。それは ゆっくりかもしれない。
知らぬまに 花が咲いていくように・・・
全てのものには時があり 全ての時には技がある。
自然を信頼し 変化に身を任せてみよう。

ボツワナメノウは 大きなエネルギーをもつ
自然の偉大さを思い出させてくれます。
変化を楽しみ 執着を手放すことで
宇宙の循環の法則を信頼できるよう 導いてくれることでしょう。





オレンジボツワナメノウ

keyword
(至福感の日常化)


喜びと期待に胸を躍らせていた少年少女時代を経て
このワクワク感を日常のものへと
定着させる役割を感じるのが
このオレンジ・ボツワナです。

生命の誕生、期待と喜び、そして確信へ・・・
聖なる創造から生まれた地球は
自らの鼓動で 私たちに
万物は常に動いているということを教え
また、この惑星は
期待と喜びに満ちていると示し
日々の魔法に感謝と
また次なる方向性を生み出す方法と
未来の素晴らしさを伝えてくれているかのよう・・・
それは ある意味
魔法のように不思議な出来事かもしれません。

しかし もう驚きと期待感は必要ないのです。

本当に 心からエネルギーの法則を理解できたとき
不思議に思えたことさえも 日常の喜びと化すのです。

そう それは当たり前に起こることにでも
感謝の気持ちを持って手を 合わすかのよう。

オレンジ色は 感情を司り、
生命エネルギーの源といわれている第3チャクラに位置します。

精神と肉体を統合する場でもあり、
マインドを 司る働きもあり、
3次元の世界で生きていくのに
とても大切な役割を になっているのが
この生命エネルギーのチャクラなのです。

オレンジ・ボツワナは、
私たちが本来持っている喜びを感じる 能力を
時々思い出したかのように味わうのではなく、
常にその状態であることを
つまり、至福感は通常装備できるということに
気付かせてくれることでしょう。





ピンクボツワナメノウ

keyword
(期待と喜び)


始動し始めた大地は
徐々に様々な出来事を体験し、記憶し
そうして歴史を作っていきます。

溶岩が流れ エネルギーが循環し 執着を手放し
変化に身を任せた後・・・・
私たちはある感覚を手に入れます。
胸が躍ったり ふくらんだり
締め付けられたり 高鳴ったり・・・・
それは 感情という名の 素晴らしい贈り物です。

ピンク・ボツワナは
ボツワナの その後のように感じます。

人はそれぞれ いろんな意味で変化をたどって行きます。
困難を乗り越え また祝福を受け成長していきます。
 
そんな 人生に心躍るような瞬間を与え
スパイスのような役割を果たしてくれるのが
ピンク・ボツワナのメッセージであるような気がします。
様々な人に出会い 多くの経験をし そんな中で
私たちは 生きている実感を手に入れることが出来ます。

「思ったことが実現する」という考えは
今現在の世の中において
結構ポピュラーな考え方になりつあります。
この考えは いうなれば
悪いことを思えば それも実現してしまうという意味にもとれます。
しかし ピンク・ボツワナの想いには 否定制を全く感じないのです。

子供の時は 様々なイベントに心躍らせて
前日は興奮して眠れませんでした。
でも 大人になると屋外の場合は雨の心配をし
車で出かけるときは渋滞を気にして
心から楽しめなかったりすることが多くなります。

ピンクボツワナのイメージは
子供の時のそれ そのものなのです。
これから 何か始めようとするときに
どうしても 尻込みしてしまいそうなとき
ピンクボツワナと一緒に ワークしてみて下さい。
未来への期待が
喜びへと変わっていくのを感じることでしょう。





ホワイトクォーツシスト

WHITE QUARTZ SCHIST

keyword
(曖昧さと戯れる)

霧立ち上る風景が
幻想的な美しさを作り上げるように・・・
雲の間から差し込む斜陽は
まるで天使が降りてきそうなほどに・・・

ベールがかかるからこそ
演出できる美の素晴らしさを
感じてみよう。

全てがクリアで白黒決着
つけなきゃならないことはない。
曖昧さは、優しさでもある

フォーカスを外してみる世界は
ちっぴりぼんやりしているかもしれない。
歩き出すにも勇気がいるかも知れない。

それだからこそ 目で見て頭で判断しない
穏やかな世界観を体感できるんだ。
そう、身体全体が緩やかな光に
包まれる素敵な感覚・・・

それこそが本当の三次元。
五感を超えたリアル3Dの世界。
誰もせかさず 誰も批判することのない
自然体でいられるところ
本当はどこにでも存在するはずなんだ。

だから 時々 ベールを通して
あえて視界をぼかしてみよう。
曖昧な空間を楽しんでみよう。
そこにはまた違う世界が現われるから・・・

第6チャクラ