パワーストーンのクロージョーアイズTOP




屋久杉

keyword
高い視点で意識を高める


屋久杉は木ですので、もちろん石のようにエネルギー体を
整える役割ではありません。

主に意識を高めることに使って頂きたいのです。

この屋久杉とワークすると、縦の存在のエネルギーを強く感じます。
そして 高い周波数でこの木を感じると それはまさに
この木の特徴を意味するような 頭上高く上に昇る意感覚に包まれます。 
そして、高い視点から周囲を見渡すイメージが浮かび、
大きく高いころから物事を見れば 全ての出来事なんて
小さなことなんだよ というようなメッセージが浮かんできます。

私達が、見下ろす小さく忙しい蟻たちをほのぼのとした暖かく
優しいまなざしで見守るように 
視点を高く 広い視野で物事を見つめることで
いかに自分の考えが小さく 近視眼的であったか 知ることが出来ます。

また 屋久杉が醸し出す、木の香りが私達を自然へと回帰させ
本当に大切なものは すべておおらかなゆったりとした自然界にあり
宇宙には足りないものなんてないんだということに気がつきます。

私達の本質は この地球に生きる生命体でありい、魂なのです。
社会に振り回されることではありません。
屋久杉と共に 意識を高めて 本来の自然の姿を思い出しましょう。

ソフィーママ





ライトニングクォーツ
雷水晶
LIGHTNING QUARTZ CRYSTAL

keyword
(ファーストインパクト)

天からの光が大地と呼応し らせんを描きながらまた天に帰るように・・・
それは まるで 聖なる雷神が舞い踊るにも似て・・・

壮大な大自然が織りなす光と音のハーモニーは
天使も 神々も 妖精も 宇宙のお友達も周りの全てを巻き込み
大いなるエネルギーの饗宴が繰り広げられる・・・
それはジプシーの踊り子が腰をくねらせて踊るように
DNAは、独自のリズムで 自らのルーツをたどる。

どこからともなく集められた光によってもたらされる
宇宙が織りなすファンタジーは 私たちに 本当の真実の世界を
伝えてくれているかのよう・・・

ライトニングクォーツは 水晶に雷が落ちることで出来る
まさに一瞬の出来事が石に刻まれる貴重なものです。

通常の意識でこの石と向き合うと 眩しいばかりの光が
第6チャクラ(サード・アイ)を直撃します。
目を閉じていても眩しく感じられ 
その光がサードアイに何らかの刺激を与え
この3つめの視力を高める作用がもたらされることでしょう。

サードアイで見る世界は 私の個人的な感覚ですが
視力で見るというよりも サードアイで感じる感覚に近く
エネルギーのブロックを感じるのも エネルギー的雰囲気を
感じる時も どちらかというと このサードアイで感じている
のかもしれません。 

しかし これは あくまでも
現象界(現実的エネルギーの世界)でのことであり、
もっと深い潜象界(宇宙のはじまりも終わりもないような世界)
では 個というよりも 全体と共鳴しているような感覚です。

自分で見ている世界というより 自らが宇宙に包み込まれ、
全体の一部としての自分が感じているという世界です。

この感覚で石を感じると 臨場感のある世界が現われ
そこに自分も一緒に登場人物として参加しているような感じになります。
本当に言葉で表わすのが難しく ヴィジョンで皆様にお伝えしたい
くらいなのです。

話がずいぶんずれてしまいましたが、サードアイに刺激を与え
そこを開いていくことは まずはエネルギーの世界の第1段階目の
ゲートを開けるという意味でもあります。

通常の視力で得る情報とは違う何か・・・ 感覚でビジュアライズする
というほうが近い世界を このライトニングクォーツと瞑想することで
少しずつ高めながら この世界への第一歩を踏み出してみましょう。

この水晶には そんな壮大な宇宙のエネルギーの物語が
光の一撃と共に刻まれた、貴重な一瞬が秘められています。

目を閉じて この石の壮大なエネルギーと共振し 
自分の中の宇宙のパワーを奮いたたせることで 
今までの世界とは違う 何か新しい基準が見つかることでしょう。

Mama Sophie


 



ラピス
天藍石
LAPIS


keyword
(固定観念をはずす)


あなたは今 本当の自分を見失っており
いったい何をしたいのか?
もっと突き詰めれば 自分はいったい誰なのか?
という状態ではありませんか?

本当の自分とは宇宙とのつながりを感じ
今ここに生きてることを喜び、
常に幸せを感じられることだと思います。

それでは なぜ 人はこんなにも混乱し
自分がどっちの方向に向いたらいいのかまで
わからなくなってしまったのでしょうか?

世の中は情報化の波に
飲み込まれているような状況です。
そんな中 自分のアイデンティティというものは
どうしても人と比べざるを得ません。
比較という現象が 違いを生み出し
その違いに 嫉妬 羨み 競争心などが
生まれてきてしまいます。

なぜか みんな直感を忘れてしまい 情報を重視し
自分が得た情報を正しいと思い込み
人に云いたがります。
いったい 何が正しいのでしょうか?
でも 実際 正しいものなど何もないのです。
その人にとって正しくても
ある人にとっては 間違いであること
それが個性というものではなかったでしょうか

それなのに 小さな頃から
私たちは親や 周りの大人達に
彼らが正しいと思う 情報を頭に叩き込まれます。
しかも 大半は こうすると悪いことになるよという
否定的な情報だったりします。

そうです、私たちの思考は
他の人たちから植えられた否定的な
パターンでいっぱいなのです。
そういった否定的な思考は固定観念となり、
人々の可能性や自信を奪っていきます。
こういった状態を「精神体の汚染」と呼ぶそうです。
直感で生きている子供たちは
こんな時迷わずに ラピスやフローライトを選びます。
私はそれが 固定観念から逃れ自由を得たいという
叫びに思えてなりません。

ラピスはそんな
他人の意見である思考パターンを一掃せよ!といっています。
本当に気づかなくてはいけない
宇宙的な意識 共存 美しい波動との共鳴を
忘れてしまっている私たちに
ラピスは強力な浄化力で
否定的な情報を消し去り
本当のエネルギーにつながる方法を示してくれます。

また、ラピスはそのように
情報の波から抜け出した次の段階に進む人たちには
いらなくなった過去のオーラや
心の暗闇を打ち破る力を与えてくれます。

私はラピスとワークするたび
おでこにとても綺麗な正三角形が浮かんできます。
その正三角形の中は どんなものにも邪魔されない
とても神聖なエネルギーに満ち溢れています。
私はまだその三角形の中にたたずむほど、
自分を磨けていませんが
いつか その中にす〜っと入っていって
宇宙の英知を受け取れるようになりたいと思っています。 

ラピスの金の斑点は
この課程を修了することで達成される知恵を
象徴しているのだそうです。



 

ラブラドライト
曹灰長石
LABRADORITE


keyword
(現実の壁を乗り越える)


ラブラドライトはいずれの石も、
何らかの壁を越えるための
レッスンを促す石であるように感じるのです。

ホワイト・ラブラドこと レインボームーンは
超越した未来の進歩した世界を感じるということを・・・
ピンク・ラブラドは あまりにも厳しい人生を生きている人に
この世の甘い魅惑の世界を もう一度感じてみることを・・・
そして このブルーに輝くラブラドは
現実を見つめる大切さを教えてくれるように思うのです。

ラブラドは シリウス星のルーツを持つ石といわれています。
別名(英語名)ドック・スターとも呼ばれ
ネイティブ・アメリカンのアニマルメディスンでいうところの
教師を意味する星であるともいわれています。

教師とは「先行く者」です。
後から続いて歩くのはそう困難ではありません。
最初の道を踏みしめて、後から来る者のために
わだちをつくる者こそ、偉大な先人であり、
私たちの教師となる人なのです。

まだ見ぬ未来には、いくつもの壁があります。
そして、その壁を乗り越えたものだけが
知り得る世界があるのです。

それは、幾度ものチャレンジの末に
克服出来たときの喜びであり
あらゆる方向性及び多面性の発見であり、
肉体を伴う経験は、エネルギーの世界から
地上にやってきた魂にとっての
素晴らしい成長の機会であるといえます。

魂の成長は人それぞれです。
速い遅いに良い悪いは関係しません。
しかしラブラドを選ぶ人は、
あえて自らの可能性にチャレンジしようとする
意欲的な方が多いのも事実です。
もちろん、それは魂の成長を加速させることとなるでしょう。

様々な角度によって輝くラブラドの光は
困難に思えるような現実の世界にも
見る方向が違えば、こんなに美しいミラクルが
秘められているんだ というメッセージに思えてなりません。

ラブラドライトは、そんな魂を磨くことを決意された人々に
現実の厳しさに対応する能力を・・・
またそのときに得た知恵でもって
様々な可能性にチャレンジする自らのパワーに
出会えることでしょう。





ホワイトラブラドライト
斜長石
WHITE LABRADORITE


keyword
(超未来の世界観)

この石はムーンストーン(正長石)と同じ、長石の仲間なのですが 
ラブラドライト(斜長石)の一種なのでクロアイでは
ホワイトラブラドライトで統一することにいたしました。

一般的にはレインボームーンストーンという名前で扱っている事も多く、
販売促進の観点から有名なムーンストーンを
名前に含めているのだと思います。

ホワイトラブラドライトはムーンストーンと見た目が似ている石ですが
少し違うエネルギーを持っています。

ムーンストーンは 地上に立ち お空を見上げるイメージが
やはり強く浮かぶのですが
この石は もっと宇宙的というか
超未来的ビジョンが浮かぶのです。

なんと 周りの背景は真っ白で
地球上のどんな光源にも当てはまらない
まぶしいほどの明るさ。
そして 場所は室内 もしかして・・・・
UFOのような乗り物の中かもしれない・・・・o(≧∀≦)o
超高速で飛んでいるのに
室内は 大変静かで 全く狭い感じがしない
壁というものを感じることが出来ない
どうしても室内の感じを説明するとすれば
天井が異常に高いドーム状の空間といった風。

その空間は あまりにも 高次元的で
否定的な要素が 全く感じられず
愛と調和に満ちている空間
嫉妬や疑い 病気などが存在せず
真実と開かれた心と 心地よい波動に満ちた空間。

この石には いったい どんなメッセージが
込められているのだろうか?
きっと それは あまりにも否定的な現実を見過ぎた人たちに
夢と希望を与えてくれるのかもしれない。
超未来は 超高次元で
愛に溢れた世界でしかない ということを
私たちにそっと 教えてくれているのかもしれない・・・

このホワイトラブラドライトとワークすると
宇宙の本当の素晴らしさを 感じられるような気がします。
通常のラブラドが 地球上においての強さを学ぶ石ならば
このホワイトラブラドライトは
対極にある 優しさに包まれる経験を
させてくれるのかもしれません。




ラリマー
曹灰針石
LARIMAR

keyword
(感情的な嵐またはトラウマを鎮める)


精神世界は 自分の内側を見なさい 内面の世界に入りなさい
と言い過ぎたのかもしれません。(^^;)

だって ほら 気づいてみたら みんなこんな風に思ってる人だらけ?
「なんてかわいそうな私・・・・」「私なんてどうせ・・・」
もちろん、こんな悲劇のヒロイン的な人ばっかりではないけれど
ここ10年ほどで 心の世界の関心度はより多くの人に広まり
感情的なトラウマを持たない人がいるのだろうか? と思うほど
傷つきやすく 繊細な心を持つ人たちが多くなってきたのは
事実だと思います。

でも そんな時代には ちゃんと ぴったりな石が現れるようです。
そう思うと 何事も 突発的に偶然に起こるものなんじゃないんだな
とふと安心してしまいます。(^_-)
まさに!そんな自己憐憫や 自己破壊的パターンから抜け出させてくれる
そして傷ついた私たちに「しっかりつかまんなさい」といってくれる
そんな姉御肌のような石がラリマーなのです。

もちろん私は心の世界に意識が行くことは
光の世界に進みつつあることだと思いますし
頑張れば 努力すれば 相手より勝れば良かった
肉体意識重視の時代よりも
何十倍 いえ 何百倍と素晴らしい世界に
向かっていると感じています。
 
ただ、そんな「感情優先な世界」の時代でありながら
どうしても 私たちは 今までのやり方を変えようとせず
物事を否定的に考えてしまいます。
精神世界でいう内面の世界をみるというのは本当は
反省ではなく 自分のよい部分を見つける
すなわち 自分にエールを送るということなんだと思うのです。

いつまでも「ひどいわ、傷ついたわ、なんてかわいそうな私なの?」
のままでいては 癒しにも成長にもなりません。
思い切って 変化することを楽しんでみましょう。
流れに身を任せてみましょう。
そんな中でつらい経験をすることになっても
ここで逃げずに、自分磨きである と思う人。
たたずむことをやめ その場から自らの足で歩き出した人に
ラリマーは優しく手をさしのべてくれることでしょう。

ラリマーは その人の波動が変わる移行期にとても助けになります。
そんな つらい時期にラリマーは
肉体的な不快感をも和らげることができます。
そうです、感情体の石ではありますが
ラリマーは 肉体的 感情的 精神的 霊的な
どのような移行期の影響をも緩和し 癒すことが出来ます。
その点では マラカイトに非常によく似た性質があります。

ラリマーは変化や成長を妨げている
エネルギーのパターンを一掃するのに
どの場所にもレイアウトすることが出来ます。
今の世界は 違う観点から見たら
肉体と精神とのバランスを取っている
時代なのかもしれません。
外側から見れば バイオレンスな事柄が、ちまたにあふれ
しかし よくよく心理的な分析で 一人一人の内面を覗くと
心を閉ざし 寂しさと愛への渇望の中で
葛藤しているように思えてなりません。
こんな心の世界、繊細なハートの時代に
移行しつつある私たちにとっての
強〜い味方ラリマーに惹かれるのは
当然のことに思えてきます。

ラリマーが登場してから 未だほんの数年にしかならないそうです。
しかし こんなご時世に きちんと ぴったりな石が現れてくれるなんて
やっぱり この世は 魔法の国だと 私は思うのです。(*^^*) 





リピドライト
リチア雲母
LIPIDOLITE

keyword
(今世の使命)


あるところに全知全能の存在がいました。
この世界を作ったといっても過言ではない その存在は
意識や想像することでは なんでも知っていましたが
肉体的な3次元的空間で
いろんな体験もしてみたくなりました。
そうして その存在は ひとつのものから
さまざまな方向性へと広がっていきました。

この地球において いろんな役を演じるために
全知全能の存在の一部であるという誇りを胸に・・・

リピドライトのエネルギーを感じているうちに
このような物語を思いつきました。
この石には ひとつの中心から
いろんな可能性に向かって 広がっていくイメージが浮ぶのです。
一見バラバラな個人的なようにも見えて
でも 実際は 大きなものの一部 といった感じもするのです。

調和的な雰囲気や 包み込むようなエネルギーが多い石のなかで
このように ひとつのものから
独立するようなエネルギーを持つものは 少ないように感じます。
これは この石の原石が層になっていて
はがれやすいという形状から来ているのかもしれません。

落ち着いた紫色の中には キラキラ光る粒のようなものが見えます。
まるで 宇宙の中の、一人一人の個性が
それぞれ美しく光り輝いているかのようです。

全く同じ人は一人としていません。
指紋もD・N・Aも同じものは存在しないのです。
私たちは 今世では いったいどんなシナリオを書いて
生まれて来たのでしょうか?
私たちは あまりにも 当たり前に毎日を過ごしていますが
今ここに、存在していることが
本当は奇跡のようなことなのかもしれません。
だって、広い宇宙に ただ一人の個性を持つ存在。
そう思っただけでなんだか ワクワクしてきませんか?

リピドライトを手にしたとき、本当に心からやりたいことが
見つかるかもしれません。
だって それをするために
私たちは ここに生まれてきたはずだから・・・





ディープ・リピドライト
リチア雲母
LIPIDOLITE

keyword
(霊的自己のバランスを取る)


リピドライトという石は元々第3チャクラに位置し
個としての自己の確立を促すという大切な役目があります。
第六感や虫の知らせなどは
この第3チャクラで受け取っているとも言われるほど
みぞおちのチャクラは大変霊的なチャクラとも言われています。

しかも、なんとこのディープ・リピドライトは
霊感&直感チャクラの代名詞第6チャクラと
上記の第3チャクラの両方に働きかけ、
霊的エネルギーのバランスを取るには最適の
優れもの石なのです。
霊媒体質、シックスセンス、サイキッカーにとっては
必要不可欠ともいえるでしょう。

こういった霊感が強い人のチャクラは
とても強いエネルギーを発しているのですが
強いばかりがよいというものでもないのです。

私たちのエネルギーの通り道であるプラ−ナ管に
スムーズに宇宙のエネルギーを通すためには
チャクラのバランスがとても大切になってきます。

各自のチャクラが閉じていても
エネルギーブロックとなってしまいますが、
強すぎてもそれは
スムーズなエネルギーの流れを止めるブロックとして
働いてしまうのです。
要は全てはバランスということなのです。

実際に、強すぎる第6チャクラは
実生活においても霊的影響が大きく
見たくないものが見えたり
霊的な場所に行けなかったりと
苦労されている方が多いのです。

霊感が強い人、目に見えない世界に携わる人々は
概してこの第6チャクラと第3チャクラに
何らかの反応があります。

スギライトやこのディープリピドライトで
第6チャクラのバランスが取れて
霊的現象がおさまっている という方も大変多いので、
その兆候を感じられる方は
是非、この石と出会ってみて下さい。

対応チャクラ 第6・第3チャクラ





リビアン・ガラス
LIBYAN GLASS

keyword
(高次元太陽神の加護)


エジプトのツタンカーメン王の墓に、この石が埋葬されていた
のは大変有名なお話ではあります。

太陽神信仰だったエジプトならではと感じずにはいられないのは
この石はまさに太陽のごとく頭上に光り輝く光そのものの石
だからです。

通常の意識でこの石とワークできるのはここまでです。
頭上がまぶしく輝く以外 この石のメッセージも世界観も
なにも見えてこないのです。

以前、何度もこの石とワークするたび なにも浮かばずに断念し
結局、周波数が高い光の石であるということしかわかりませんでした。

どうしても、この石のメッセージを解明したいので
この石と一体になろうと集中してみました。
すると なんと、脳全体の回路が入れ替わるような脳が動くような
感覚が始まります。
もしかして受信機である、第六チャクラの周波数自体を
シフトさせているのかもしれません。

きっと そうしないと この石の世界観が理解出来ないのだと思います。
そこまで要求してくるのなら、私も腹をくくってやれるところまでやるよ!!
ということで、より集中出来る時間帯、深夜の丑三つ時を待つことにしました。

宇宙のメッセージと最も交信しやすい時間 午前3時15分になりました。
前頭葉に何かきゅ??んと染み渡るような
エネルギーが注入されていく感覚が始まりました。
まるで何かを受け取っているようにも感じます。

結局、感覚的にわかったことは 
この石は高次元の太陽星とつながっていること。
そこには、与えるのみの奉仕の世界であること。
高度に進化した生命体が そこの住人で肉体的概念はなく
黄金のように光り輝くスピリット体が宙に浮かぶように存在していること。
弾けんばかりの笑顔と 輝かんばかりの美しい光をまとって・・・

「受け取ることに罪悪感を持たないでください。
私たちは ただ与えることがすなわち喜びなのです。
喜びを持って大いに受け取ってください。
この石と共に眠りにつくとき、私たちは太陽の星の物語を
あなたたちに授けましょう。 
宇宙の叡智と愛という喜びの光と共に・・・」

私が今の時点で受け取れたのは ここまででした。
さっきのきゅ?んとしたエネルギー的なものが のちのち
いろんな時に思い出されてくるのかもしれません。

私たちが、肉体でもって 現実の社会で生きながら この石を感じるのは
大変難しいと感じました。それほど 現実離れした 高い高い周波数を持つ
宇宙の光を持つ石なのです。

メッセージが伝えているように、
どうぞ 眠っている無意識状態の時に身に付けて
何かの メッセージを受け取ることをおすすめします。

この石も 肉体を遙かに越える周波数の高い石ですので
エナジーボディに働きかけるための ハイパーブレスにはせずに
お届けしたいと思います。

チャクラ 第六チャクラ
周波数  とてつもなく高い

ソフィーママ




ルチルクォーツ
針入り水晶
RUTILATED QUARTZ

keyword
(意識のバイブレーションをあげる)






金のルチルクォーツ
針入り水晶
RUTILATED QUARTZ

keyword
(光あまねくところ)


金のルチルは持つ人の波動をあげ
もうひとつ上の意識へと向かう準備が出来た時
出会う石だといわれています。
振動数が今の現状と合わなくなってきたときに、
恐れるのではなく、次の段階へ向かうための
導きとなってくれることでしょう。

・・・・どんなに小さな隙間でもいいんです。
どんなに小さなきっかけでも構いません。
暗闇を照らす光はそんな何気ない小さなところから
広がっていくのです。

大それたことは必要ありません。
努力も頑張りもいらないのです。
ただ少しの開口部があれば光はそこに降り注ぐのです。

始める前から大きな事を考え過ぎて
足踏みしてしまっていませんか?
特別ななにか? 大切な何かを見つけださなければ
人生がはかなく消えてしまうとでも考えていませんか?

肩の力を抜きましょう。息をふ〜っと吐きましょう。
何かの役に立たなければとか 生きてる意味とか使命とか
そんな作られた情報は全て投げ出してしまいましょう。

夜が明ければ必ず太陽の光が降り注ぐように
この大地の上で太陽の光が届かないところが存在しないように
どんな人の上にも夜が来て そして必ず朝も来るんです。

自らの手で扉を閉ざして光を閉め出すのはもうやめましょう。
また 光を求めたなら どんな時でも与えられていたことに
気付きましょう。

私たちの意識が上がり、視野が広がり 物の見方が変ったとき
金のルチルは あなたの前に現われるでしょう。
あなたには光の存在がぴったりなんだと言わんばかりに・・・

ソフィーママ ★★★





シルバールチルクォーツ
針入り水晶
RUTILATED QUARTZ


シルバールチルは
以前、ママ’s コレクションで紹介した
エンジェル・ルチルのジェネレータークォーツの
波動にそっくりで
まさにシルバーの針がいっぱい入った
何とも美しく輝くルチルクォーツなのです。

そのエネルギーは、まるで
キラキラ輝く無数の天使が
身体の廻りを包んでくれているよう・・・

波動の法則の一つに「波動は同じ周波数同士でひきあう」
と言うものがあります。
ルチルは付ける人の波動のレベルを上げ
より高いエネルギーレベルの状態に導きます。
波動のレベルが高いというのは
良いことばかりが起こり、良い人ばかりいる世界のことです。

ルチルを「否定的なものから守る」と説明しているのは
波動の法則に基づくことから来ていて
結局波動のレベルが上がれば
低い否定的なエネルギーとは引き合わなくなるから
という理由からなのです。

しかも天使の無数のオーラで守ってくれているなんて
なんだかとってもHAPPY気分に
なれちゃいそうですね!





レインボー水晶

keyword
(虹の彼方に)


心が空虚で、もう何も感じられないと思うとき、
それでも喜びが浮かび上がってくるのはなぜ?

次の展開も、行く末も見えない程 不安なはずなのに
そっと 優しさに包まれている感覚になるのはどうして?

それは 雨上がりの空に虹を見たから
あなたのハートの奥に七色の輝きを見たから

どんなに雨が降って沈み込んでも
約束された未来なんてなくっても

あの美しい虹の架け橋と同じ
グレーな空に描かれたからこそより輝く
大自然の贈り物があなたの中にきちんと備わっているから

桜の花が咲かなかったことがないように
必ずまた巡ってくる 必ず扉は再び開く

虹の彼方に見えるものは ハートの奥の深い場所で
そっとあなたを待っている。そう本当のあなたを。
美しい虹の輝きを秘めた真のあなたを・・・

宇宙が巡っていくように 季節が廻っていくように 
コントロールを超えた世界へ そっと身をゆだねてみよう。
宇宙と、真の自分自身と繋がっていない人なんて
誰一人いない




レムリアンシード・クリスタル
LEMLIAN SEED CRYSTALS

keyword
(宇宙のエネルギー通信機)


初めて このレムリアンシードのエネルギーを感じたとき
「えっ?」と驚いてしまいました。

レムリアンシードは よく、レーザー水晶と
同じであるかのように販売されたりしますが
実際感じて 比べて見ると レーザーとは 全く違う
エネルギーの出方をしています。

通常水晶ポイントは ポイント部から ライトを照らしているかのように
狭めた扇状に エネルギーが広がっています。
そして レーザー水晶は名前のごとく
レーザー光線のように鋭い剣状のエネルギーが出ています。

さて 本題のこのレムリアンシードは
溝に沿って横にエネルギーが 波紋状に出ている という不思議なもの。
しかも そのエネルギーは 溝がある部分一つずつから発しているのです。

・・・・一人の女性が 胸にレムリアンシードを持って歌を歌っている。
その歌は 美しいメロディアスな曲だ。
そして、歌の音階に反応するかのように 水晶のエネルギーが歌い出す。
波紋状のエネルギーは まるでハープを弾くかのように 美しく舞い
メロディアスな音色は水晶のエネルギーと共鳴し
神聖な波動を 全世界に発信する・・・・・

他の水晶にはない 波紋状に広がるパルスのようなエネルギーが
たぶん、音の共鳴による 波動を発信するもののように感じました。

高い音を出すと、上部の溝から エネルギーが出ます。
低い音を出すと、今度は 下部の溝から 出ます。
というわけで
何かのメッセージを歌詞やメロディに込めて発信したのではないか?
「音の波動と言霊の波動」という素晴らしい概念が
この水晶に素晴らしい力を与えたのではないか? と感じるのです。

音は身体のチャクラとも連動しています。
病気を治す歌 とか 女性が美しくなる歌とか 雨降らしの歌などが
あったのではないか? と想像してしまいます。(^_-)

「ハトホルの書」という書籍においても
古代の地球では、音の共鳴の作用による エネルギーの向上や
心身の癒やしなどが実際に行われていたという記述があります。

さて 以上のレムリアンシードのエネルギーの感想は
あくまでも二元的世界での感覚です。
いつものように もっと高い次世代的意識でも 
この石のエネルギーを感じて見ることにしましょう。

第三の目にず〜〜んと刺激が来たかと思うと
額に丸い窓が浮かびます。そしてその窓に集中すると 
それは映画のスクリーンのようになっていて
映像が流れ出しました。

私のある時代の姿のようです。
場所 名前 職業など、全て映像と
音でそれらの情報がもたらされました。

これは 私の魂の記憶を呼び起こしてくれるものかも?と思い、
今の私に影響を与えている他の惑星での記憶も聞いてみると
いくつか 思い起こすことができました。

その一つの記憶に、次世代ハイパーを作るときに 浮かんでくる
高次元の存在がいるのですが その人にそっくりの私がいました。
全てが細長くて背がとても高く 白く光り輝く美しい存在で 
性別はありません。
エネルギー的な薬剤師のような仕事をしていて
名前は ディクシュアといった発音でした。

こんな魂の記憶が見てみたいと 思ってレムリアンシードとワークすると
その場面が出てくるので、次世代の高い意識の世界では
発信ではなく 受信なんだな と感じました。

魂の記憶だけではなく 様々な疑問や悩みなども
聞いてみて 高次元で受け取るのもいいかもしれません。
高い視点の世界で見てみると また違ったものに
見えるものですし、現実的な目線ではわからなかったことに
気づくかも知れません。

レムリアンシードは本当に不思議な石です。
このように 二元的意識では「発信」を
そして 高い意識では「受信」をと 
一つの石で 二通りの使い方が出来るのです。

しかも 高い意識は 個を超えた 宇宙との一体化を
表した世界です。 そういった世界で見る 魂の記憶は
エゴ的なものを超えた 何らかのメッセージがあると
考えられます。

通常の世界で 問題や質問を音を通じて投げかけ
宇宙と一体化した高い世界でその答えを受け取るなんて
すごくうまく出来てるって感動してしまいました。
あなたも、ぜひ このレムリアンシードで
自らの存在の不思議を垣間見てみませんか?


二元的意識と次世代的高い意識のワークと違いや
やり方については またこのブログで
近々書こうと思っています。 お楽しみに!!

Mama Sophie 




レモン・クリソプレーズ
LEMON CHRYSOPRASE

keyword
(あるがままに心を鎮める)


石の記憶:心が静まるとき本当の自分自身(真我)が現れる。
と賢者たちは私たちを宇宙の教えに導いてくれます。
ネガティブな思いが心に渦巻くとき 私たちは何も信じられず
そのエゴの声が 自分だと思い込み、
世の中全てをコントロール しようとします。
そして対立する考えを作り出し
全体との一体感というつながりをなくしてしまいます。
本当の神聖な部分である自分を思い出すためにも
この石はまず静かになりなさい。
さまざまな動きを全て止めて
自らのハートにだけ 向かいなさい ということを教えてくれます。
花が自然に開くように
なにごとも強制されて コントロールされて起こることは
宇宙には存在しないのです。
あるがまま、起こるがままに心を鎮めることで
本当の喜びが湧き上がってくることでしょう。

鉱物的説明:正式名称はガスペイト・マグネサイト・クォーツ。
クリソプレーズによく似ていることから
レモン・クリソプレーズと呼ばれていたものが、
現在も通称として残っている。
ガスペイトにマグネサイトとクォーツが混合した鉱物。


==エネルギー的説明==

周波数帯:カテゴリー1 物質界領域

方向性(ベクトル):外 横に広がる

存在のエネルギー:両方

動き:

強さ:穏やか

対応チャクラ:第4チャクラ

アドバイス:「両方」の存在のエネルギーを持ち
ハートチャクラにブロックが出来やすい人に
とても助けになる石です。
気を使いすぎる、感情の波についおぼれがちである、
逆に感情を抑えることに意識がいきがちである、
また世の中に起こることを自分のことのように
心に取り込んでしまい不安を感じてしまうなど心優しい人たちへ。
一日の終わりの瞑想に。
常に身に着けて心を静める努力を怠らない人に。





ローズクォーツ
紅水晶
ROSEQUARTZ


keyword
(自己愛を高める)


自分の事はいつも後回しだったり
つい悪い結果を想像してしまったり
「わたしなんか・・・・」と言う言葉が
口癖になったりしていませんか?

日本には謙虚の美という言葉があります。
しかし、この謙虚こそ
自分を愛してあげることの壁になる行為はありません。
素直にありがとうといえることの方が、
何倍も相手の心に響きます。

ローズクォーツは
とても人気のある石であるにもかかわらず、
正面から石に向き合えない人もとてもたくさんいます。

実際、私もローズクォーツと向き合うと
小さい頃の自分に戻ります。
子供だからどうすることも出来なかった、
そんな切ないような 感覚を思い出し、
胸がきゅ〜んとします。

でも、そうして自分の原点に返ると、
自分がつい否定的に考えてしまう面や
自分を愛せない無価値感という感情が
根ざしている部分が見えてきます。
それによって 自分を責めるものはひとつもなく、
この感情は別の人たちのものだったんだと気づきます。

ローズクォーツとワークすると涙を流す人が絶えません。
でも、その涙は流すべき涙であり
不条理だった理由のわからないマイナス思考を
切り離すための行為なのです。

宇宙の無条件の愛を受け取るには、
自らのハートに愛が流れる空間を
作り出さなければなりません。
自分を愛せて初めて人をも愛せます。

ローズクォーツを身につけることにより、
心を閉ざしてしまった原因の傷を癒し 自信を取り戻すことで、
愛を受け取ることの喜び、自尊心、
自分を愛することの大切さを
思い出すことが出来るでしょう。





ローズクォーツ・エレスチャル
ROSEQUARTZ-ELESTIAL

keyword
(愛こそすべて)


エレスチャルは水晶にとっての最終形態といわれ
エネルギーについても究極の状態を表わす石です。
ローズクォーツ・エレスチャルはまさに究極の愛の状態
自己を高めて 全てを許し 愛でしかない世界に
導かれていくようです。

ハートチャクラで綺麗に共鳴を起こし
そこから表現されるエネルギーはまるで
ピンク色の花がそっとが開くような・・・
女神様にそっと包まれてハグされているような・・・
心から安心して自らを開放できる
エネルギーに満ちています。

人間の本質は善であり 愛そのものである ということを
感覚で伝えてくれるローズクォーツ・エレスチャル

現実社会の厳しさに押し流されそうなとき
自分にとって本当に大切なものがなんであるのか
忘れかけているとき
魂の次元からのメッセージを 受け取りたいとき
ローズクォーツ・エレスチャルは
そっとささやきかけてくれることでしょう。

それが愛であるなら 全てがOKであると
それが愛の方向であるならば
信じて歩みなさいと・・・・・





ローズ・シリシャス・シスト
珪質片岩
ROSE SILICEOUS SCHIST

keyword
(ハートを機能させる)


現在、様々な最先端エネルギー医学や量子宇宙科学において
霊性と科学の融合が急ピッチで展開されている感があります。
そんな中で、この世の神秘は「意識」が大きく作用しているという
見解にまで到達しています。
そして、人の魂と言える「意識」はいったい何処にあるのか?
といった研究までもが、行われているのです。

「頭で考える」というように、
もちろん脳にあるはずと思っていた科学者達は、
驚いたことに、ハートチャクラと言われる位置に
とても素晴らしい意識エネルギーが存在するのを発見しています。

昔から伝わる奥義の中にも、そんな教えがあるようです。
ハートチャクラの裏側、肩甲骨の間には
究極のヒーリングポイントがあると言われ、
そこがいかにオープンになるかによって
宇宙全体と繋がる感覚が開かれていくのだそうです。

ハートチャクラの大切さはずっと感じていましたが
背中側のことは、ほんの最近知ったのですが、
なるほど〜と感慨深く感じていました。
するとちゃんと私の元に
そのハートの背中のポイントに関する石がやってきてくれたのです。

ローズ・シリシャス・シスト なんとも難しい、
舌を噛みそうな名前ですが、
とっても美しいローズ色はロードナイトにそっくりです。
しかし、エネルギーはロードナイトの第3・4チャクラに反応するのとは違い、
なんとハートチャクラの裏側に意識がいくのです。
そしてサイキック領域のカテゴリー3にも位置する
高周波数領域の石であることも判明しました。

この石とワークしてみると、肩甲骨の間がポッと暖かくなるような
またはふわっと力が抜けるようなとても不思議な感覚です。
「背筋ぴ〜〜〜ん」って背中に支えがあるような感じもして、
「しっかりせえよ!!」と先輩から背中をぽんと叩かれたような、
モチベーションが一気に向上する前向きなエネルギーを秘めています。
それもそのはず、この石は内側に向かうのではなく、
外側に向かってパッと発散するパワーを持っているからです。

ハートチャクラはいろんな想いをため込みやすい場所でもあります。
ハートを閉ざして何も感じないようにする人までいます。
自分の思いを我慢することが多い人は、
本来は愛情深い人が多いのです。
しかしやっていることが逆に作用していることに気づきながら
もう一歩が踏み出せない場合がとても多いのです。
ローズ・シリシャス・シストは、そんなあなたの背中のハートチャクラを
ぽんと押して開いてくれる心強い味方なのです。

このハートチャクラという場所が本当に神聖な場所であることは、
多くのエネルギーワークや修練でも、
このポイントをとても重要視していることからも分かります。
最先端科学も考古学的研究でも行き着くところが同じ、というところが
「真実は一つ」を物語っているようでとても興味深いですね。

オープンハートという言葉があるように
ハート全開で、はつらつと愛のパワーを皆に届けましょう。
一人一人のハートが開くことで 全体の意識が高まって行くんだと思います。
だってみんな繋がっているんだからね!!

対応チャクラ:第4(ハートチャクラ)背中側
周波数帯: サイキック領域 カテゴリー3





ロードナイト
バラ輝石
RHODONITE


keyword
(心のままの行動力)


あなたはよく自分の主体性が犠牲になっているように感じたり
他人が気に入るような行動しか 取れなくなっていませんか?

感情や思考を心に秘めているだけでは、
現実に喜びを見出だすことは出来ません。

今時代は、自ら感じたことに従って
行動する人が求められています。
ロードナイトはそんな愛のエネルギーを
肉体に根付かせます。
感情体の分野である愛のエネルギーを
物資界にもたらすのです。

そう 日常生活において、朝の歯磨きや、
スーパーでの買い物、車での通勤時でも・・・
これが愛であると、感じるままに行動しましょう!

十分な愛が与えられれば多くのものが癒されます。
愛を感じることで人は安心し、
自分の可能性を高めることが出来るのです。
人は情熱のままに行動するとき、
自分の力以上のことも起こすといわれています。
ロードナイトの愛に守られることで、強さと優しさが育まれ
魅力的なあなたがそこにいることでしょう。





ロシアン ダルネゴルスク水晶
DALNEGORSK QUARTZ

keyword
(気持ちを奮い立たせる)


産地:ロシア ダルネゴルスク地方

鉱物的説明:ロシア・ダルネゴルスク産の水晶。
水晶の表面に溝のような切れ目が入っていたり、
通常の水晶に見られるようなポイントが変形していたり
途切れたりしているのが特徴です。
これは、カルサイトが水晶の成長過程を阻害し、
その後カルサイトのみが溶けて
水晶が残ったためと考えられています
(こういった成長を遮られた水晶は
インターフェレンス・クォーツ(干渉水晶)と
呼ばれています)。

エネルギー的特徴:この石は大変強いエネルギーを持つ石です。
またハートチャクラにストレートに訴えかけますので
落ち込みやすい人のハートを元気にしてくれます。

意気消沈している人が持つと
気持ちを再び奮い起こし
胸躍るあの感覚を思い出させてくれます。
気を上に上げる作用があるので
気が上がりやすい人や繊細で敏感な人には
エネルギーが強すぎると感じるかもしれません。

しかしながら世の中の情勢がこんな風で、
不安に感じやすい状況が出てくると
ちゃんとこんな石が現れるのが本当に石の世界の不思議なところです。

かといって世の中のせいにして 落ち込んでばかりいられません。
元気いっぱい やる気満々な気に満たされたい方、
ぜひ この水晶でパワーアップしてくださいね。

対応チャクラ:第4チャクラ ハート

:お願い:
ある意味強壮剤のような大変強いパワーを持つ石です。
心臓がドキドキしやすい方にはあまりお勧めいたしません。
もしワークをしたり 身につけられる場合は
十分様子を見ながらお試しくださいませ。





ロックルビー
ROCKRUBY

keyword
(感情の解放)


野生の動物の息遣い、
強い生命力、強い鼓動、
母親おおかみの呼吸と共に脈打つ
生命力と自然の驚異を、
身をもって子供達に伝えようとする優しさ
というビジョンを感じます。

それは心踊り、
高鳴る胸のドキドキにも似た生の喜び。

ロックルビーは
ハートで行き詰まっているエネルギーに
呼吸を通してヒーリングを起こさせてくれます。
つまり、ハートの痛みを癒してくれるのです。

この癒しのプロセスは、
一度傷を活性化させ、
激しいエネルギーの解放を起こさせますが、
その後はすっきりと
甦ったような自由を感じます。
ルビーは生命力を通じて
感情的な痛みを手放す力を貸してくれるのです。