パワーストーンのクロージョーアイズTOP





アーカンソー水晶
ARKANSAS QUARTZ CRYSTAL

keyword
(次世代の光へと繋ぐ)


石の記憶:
何を知っているというのか?
私達が知り得るものなどたかがしれている。
何をつかみ 何を恐れ 何を感じようとしているのか?
私達が全て知っていると思っている小さな世界で・・・

本当の宇宙の叡智を知りたいと思わないかい?
隠され続けてきた真実の世界を知りたいと思わないかい?
そこは遠く離れて何光年も旅をしなくても
いまここに 私達の光である神性の中に
どんなときも離れずにそばにいてくれてるんだ。

どうして今ある現状を探し回るの?
どうして埋め尽くすまで何かを手に入れたいの?
今ある世界を全て手放して宇宙にゆだねたとたんに
真実への扉が開かれることを知っているかい?
さあ現状にしがみつくのをやめて一歩を踏み出してみよう。
この石が照らしている次世代へ繋がる光が
私達の道先案内人をしてくれるはずだから・・・

鉱物的説明:二酸化珪素(SiO2)から形成されている
無色透明な鉱物。
水晶に一定の電圧を加えることで
非常に安定した振動を得ることができることから
現代の時計技術や精密機械などの分野では欠かすことのできない
科学的な側面でも大活躍の石なのです。
不透明なものは石英といわれています。

産地:アメリカ アーカンソー州

モース硬度:7 六方晶系


==エネルギー的説明==

周波数帯:カテゴリー5 サイキック領域

エネルギーの方向性(ベクトル):

存在のエネルギー:縦エネルギー

エネルギーの動き:静 意識は外に向いている
左右の脳を刺激し、より光の次元に意識を高めてくれる。

対応チャクラ:第6チャクラ

アドバイス:縦の存在エネルギーを持つ人に強く共鳴する
素晴らしい水晶です。
縦の存在エネルギーの石を浄化すると 共鳴の力により
チャージや浄化能力が横エネルギーの石達よりも数段早くできます。
また、アーカンソー水晶と共に、全てを手放し
光にゆだねるというイメージの瞑想してみましょう。 
安心感に包まれ、全体とのつながりを感じ、
ひとりでに顔がほころんできます。
気がつくと天使のような笑顔になっているでしょう。





アースクレイストーン

keyword
「自然界とのグラウンディング力を強める」


大地を感じて・・・ 意識して・・・
私達は ここから生まれ そしてここに還る

あなたの息づかいが 私には聞こえる
あなたの恵みが私達を生返らせる。
どうぞ、いつもこの大いなる大地という
あなたと共にあらんことを
そして どんなときも あなたの加護がありますように

妖精達は創造の世界に住んでいると思われている。
いいや そんなことはないんだよ。
実際に この広大な大地に精霊と共に住まう。

頭で作り上げた多忙な世界に暮らしているようでは
本当の大地の仲間達をみることができない。
この慈悲に溢れた優しい存在達は
自然界と同じゆったりとした息づかいを感じるとき
そっと 私達の前に現われる。

カラスが鳴いて「そのとおりだよ」と教えてくれる。
行く先々で 鷲が見えない世界のガイドをしてくれる。
川縁で遊ぶ鹿の親子は「優しさという名の強さ」を教えてくれる。
目の前で舞う蝶は「変容の時を迎えてますよ」と伝えてくれる。
小橋を渡るタヌキは振り帰りながら「そのままでいいよ」と
言い残して去っていく。
そして玄関先のヤモリたちは「お帰り」といいながも
虫の捕獲に夢中だ。

日頃の雑事から目を離すと 引き寄せるかのように
あらゆる自然の中に さまざまな答えがある。
地に足をつけて この三次元を生きるための身体を意識して
大地に感謝を感じながら ゆっくりと歩いてみよう。

夕焼けが何かを語るかも知れない。
風が新しい兆しを運んでくるかも知れない。
雨が、いらない全てを流し去ってくれるかもしれない。

アースクレイストーンのエネルギーは
しっかりとグラウンディングするように下方に向かう。
大いなる大地に目を向け しっかり踏みしめ 
私達も同じ自然から生まれた自然界の一部であることを
そっと思い出させせてくれるかのように・・・


ソフィーママ



アイオライト
IOLITE

keyword
(相対性を超える)


私たちの住む、三次元の世界に必ず存在する相対するもの。
喜びと悲しみ 男と女、赤と黒 善と悪、光と影など
それはその存在を意識することで
もう一方の恩恵を知ることが出来るという
経験を学ぶ上ではとてもありがたいものでした。

しかし、このような経験はどうしても
二極化の考えに促されてしまいがちです。
私は常に善でいたい。
男だから、女だから、
いつもハッピーでいたいなど・・・
やがて それは 執着という名のエゴに変化していきます。

相対性にとらわれてしまうと
常にどちらかでいなくてはいけないという判断のもとに
行動するようになってしまいます。
が、実際はずっとその状態に居続けることのほうが
難しいということに気づけないのです。
そうです エネルギーは変化することで
バランスをとっているものなのですから。

二面性を認める生き方というのは
そのどちらでもないということを
知っているからこそ出来るのです。
つまり 私たちは どちらかではなく、全てなのです。
私たちの魂は その大元のソース(源)そのもので
私たちは大いなる宇宙の子供たちなのです。
一旦この感覚に気づけば
ものの見方が180度変わります。

常に起こっていることが どちらも必要であり
どんな事態になっても 運命に振り回されるのではなく
自分の意思で選択出来るものであるという考えに
変わっていくのです。

アイオライトはブルーとブラウンの二つのカラーの光で
私たちに 両方とも必要であり 自由に選択できる
私たちの意思の大切さを教えてくれています。
相対する現実を超えたところに
私たちが本当に求める宇宙の真実の愛の存在を
感じたいと思います。





アイスクリスタル
ICE CRYSTAL

keyword
(始まりへようこそ)


ここはなんて穏やかな 暖かい場所なのだろう?
まるで母の胎内にいるかのよう・・・
優しいランプの灯がともるような落ち着いた場所。
外の騒音も 聞こえないほど 深い深い内側
完全に守られた空間。
私は もう一度 ここで育まれ 生まれ直すのだろうか?
忘れてしまった 本来の自分を思い出すために・・・・

自分の内側 深い深い内側には 何があるのだろう。
身体を超えて 細胞レベルも超えて 意識だけになったとき
内宇宙への旅が始まる・・・・

外には目を向けないで 内側へ 内側へ
愛に包まれて もっと もっと内側へ
全てを流れに任せて 漂っていくと
ワクワクとした希望に満ちた空気に包まれ始める。

『Beginning』へようこそ!!

優しい女神の声が 私を導いていく・・・

そこは 何の観念も 束縛もなく まっさらな状態のまま。
まさに 始まり「Beginning」の世界。
ここは全可能性を秘めている魔法の空間。
そう「何だって出来る」って思えるあの感覚に
満ち溢れた素晴らしい場所。
私たちは みんな そこから やってきたはず。

アイスクリスタルで もう一度 私たちが忘れてしまった
あの場所に戻ってみよう。深い深い愛で包まれた
完全に無防備になれる あの絶対的愛で守られた宇宙の中心へ
そして ゆっくり思い出そう。
自分が この世で 本当にやりたいことは何だったのかを・・・・






アクアマリン
藍玉
AQUAMARINE

keyword
(地上の天使)


理由もないのに不安になったり
私はどことなく他の人と違うと感じてしまったりしませんか?

アクアマリンを選ぶ人は
なんて透明で繊細な人たちが多いのでしょう。
その心は現実の社会に根ざしておらず、
しっかりと自分の世界、
自分の時間を持った人たちです。

こうだと決めたらテコでも動かない
頑固な面も持ち合わせています。
繊細で自分の道を行くアクアマリンの人が
今の競争世界になじむわけがありません。
彼らの中では競うという観念はなく
共存という考えが自然に出てきます。

エネルギーが満ちている状態では自分らしく生きられるのですが、
繊細で傷つきやすいこともあり
そのようなストレスでエネルギーが落ち込んでいる場合
とても不安で殻に閉じこもって出てこれなくなる時もあります。

その不安感は突然現れることもあります。
ストレスに関係なくおこります。
なぜならそれは
魂のルーツに関係しているからです。

遠い遠い昔 天使たちは3次元の世界に
光を届けようと舞い降りてきました。
しかし、エネルギー体に近い存在の天使にとって
物質的な三次元はやはり相当きつく
心と体にトラウマ(精神的外傷)をおってしまったのです。
そうです、アクアマリンに惹かれるあなたは
そんな天使の魂のルーツを持っているのです。

アクアマリンは そんな目覚めのトラウマを癒し、
天使としての光のエネルギーの力
昔あった背中の素晴らしい翼の存在を 思い出させてくれるのです。
そう! 昔々 あなたは空を飛んでいたのです!

アクアマリンに惹かれる人たちは
地球の未来 次世代を担う人たちです。
不安感をなくし、自分の使命(心から楽しめること)に出会ったとき
もう一度翼を広げ三次元の世界を
光の世界に変える時代の先駆けとなるのです。






オレンジ アクティノライト
イン・クォーツ

アクティノライト入り水晶
ACTINOLITE IN QUARTZ

keyword
(エゴの消滅)


この石は アクティノライト イン クォーツの特徴をしっかり持った
自己を消し去り 空の境地にいざなってくれる石です。
しかし ブルーのそれとは違い、なんとも穏やかなのです。
この夕焼け雲が浮かぶような いでたちと同じように
優しくふわふわと包み込んでくれるエネルギーで
エゴを消し去ってくれるのです。

この石には 女性的な優しさを強く感じることができます。
ブルーのように容赦なく 空の世界の場面に
いきなりぱっと 変わってしまうのではなく、
自分の中にあるエゴの部分
ちょっとわがままだなぁと思う部分、
依存心や迷いの気持ちが強いときなどに
オレンジの雲がそっと包み込んで
消し去ってくれるような優しさを感じます。

この優しさは どこから来るのかな〜っと感じてみると
なんとブルーにはなかったチャクラとの共鳴が
このオレンジにはちゃんとあるのです。
もちろんそのチャクラとは優しさの総元締め ハートチャクラです。

思春期の女の子が持つといい石かも知れません。
というのは この頃の女の子は まさに
感受性がピークの中にいながら
たくさんの情報が行きかうさなかにいます。

そのような環境が本当の自己を失いがちになり
そのせいで わがままになったり ふさぎ込んだりという感情に
陥りやすい時期なのです。

オレンジ アクティノライト イン クォーツは
自分という存在の素晴らしさや ありがたみを
そして瞬間を生きる大切さを思い出させてくれて
エゴを消し去ることで 本当の自分らしさを
見つけることができるでしょう。

あえて自分のカラーを出さなくてはいけない仕事をお持ちの方に
あまりにも忙しすぎて 本当の自分が分からなくなりそうな方へ
女性エネルギーが必要な時や 優しい気持ちになりたいとき
プチ瞑想を習慣にされている方に おすすめいたします。

★第4チャクラ(ハート)対応★






ブルー アクティノライト
イン・クォーツ

アクティノライト入り水晶
ACTINOLITE IN QUARTZ

keyword
(空の境地)


ブルーアクティノライトは全ての自己を削ぎ落とし
「全く何もない世界」を体験できる素晴らしいエネルギーを持つ石です。
ブルーアクティノライトとワークをすると
いったいどこに照準を合わせたらいいのか分からなくなります。

私は石とワークするときは まず身体でどのように感じるのか
石がどのような性質のエネルギーをもっているのか
身体のどのチャクラに対応するのか という
大まかな基準でエネルギーを見ていき
そして細かな部分に意識を移していくのですが
この石は最初から 何もない領域に移行してしまうのです。

本当に何もないのです。
私の身体も消えて さまざまな思考も消えて
恐れや喜びなどの全ての感情も消えていきます。

このように全くの何もない世界の中に自分をおいてみると
また違った世界観が広がっていきます。
まず、笑みが浮かんできます。
そして 感謝の気持ちが自然と浮かび上がってきます。
それでも自分はこの宇宙に存在しているという
ありがたさなのです。

自分の肩書きも 今までの努力も 常に付けている仮面も
全てなんら意味を持たないものであることに気づき
その瞬間、瞬間に人は 存在し 思考し
愛を感じて生きているんだということに
感覚でスコ〜ンと分かってしまうという感じです。

無の境地とは書かず 空の流域と書いたのは
無と空というのは 似ているようで少し違うと思うからです。
無はあえて考えをとめたり べからず的な修行のような気がしますが
空は何もないはずなのに すごくなにかでいっぱい満たされている
という感じがあります。
無ではなくちゃんとあるんです。

強いエネルギーだけが素晴らしいのではありません。
微細なエネルギーにこそ 全てが包括されているのかもしれません。
今 宇宙はエネルギー転換期にきていると思います。
原子力に変わる次なるエネルギーの発見は
きっと微細でかつ 空のように全てが満たされたエネルギーから
見つかるのではないかと思わずにはいられません。

ブルーアクティノライトは オレンジのように穏やかに
自己を見つめていくようなタイプの石ではありません。
ワークや瞑想をしたとたん 全く何もなくなるのです
その点に関しては容赦がありません。

依存心が強い方や、迷いが強い方は
一瞬戸惑うかもしれません。
少しずつエゴを落として生きたい方には
オレンジ アクティノライト イン クォーツをおすすめします。

このアクティノライトと同じ感覚を持った石は
今までひとつもありませんでした。
そのことからも この情報化社会にこそ不可欠な石であり
また この時代だからこそ必要な石として
これからも注目されていくことでしょう。

対応チャクラ なし






アストロフィライト
星葉石
ASTROPHYLLITE

keyword
(宇宙にゆだねる)


産地:ロシア

鉱物的説明:名前はギリシャ語で星を意味するAstroと
葉を意味するPhyllからつけられた。
葉片状の結晶が放射状に伸びている様は
まるで星のように見える。
その結晶は金属光沢を持っている。

エネルギー的特徴:まず、無限の宇宙空間といった
イメージが浮かびます。
そこで全てを任せて漂っているような
なんとも心地よい感覚が訪れます。

全く名前のごとくの石で
(宇宙飛行士は アストラナマーといいます)
素晴らしく大きな視野で全体を感じることができます。

癒しと、ディレクター的要素のある仕事をする人には
不可欠の石です。

対応チャクラ:第8チャクラ

 



アズライト
藍銅鉱
AZURITE

keyword
(潜在能力)


人は小さい頃からの環境や
周りの人の影響などにより、
自分の中に何らかの
パターンを作ってしまいがちです。
特に自分を制約してしまうパターンは
気付かないうちに潜在意識に混在していることが多く、
それによっていつも同じ失敗を繰り返したり
心から人生に喜びを見つけられないという
感情が襲ってきます。

制約のパターンが潜在意識にある人は
アズライトを選びがちです。
そして、心の何処かでそのパターンを
打ち破りたいと感じているのです。
人は、まっさらで生まれてきます。
神様の一部として あらゆる可能性をもって。
アズライトは制約的な信念を壊すことにより
自分の素晴らしい側面や
新しい可能性に気付き、
思い込みの人生から脱出させてくれることでしょう。

今世の初期か別の転生での誤った
信念のパターンを打ち破る。
あらゆる目標に向かって
自分を動機付けてくれる。
高次な意識のレベルへと導き
霊的成長をサポートする。
潜在能力を活性化する。

 



アゼツライト
AZEZTULITE

keyword
(全チャクラの活性化)


この石はとても不思議なニューエイジストーンであると聞いていたので
ワークするのをとても楽しみにしていました。

まずは手で振動を感じ取って見ます。
強い鼓動ではなく とても繊細で細かい振動ですが
エネルギーは大変高く 内側に向かう傾向を持っています。

またエネルギーの大きさは 計り知れないほど大きく
これも 物質的な感覚を超えた
宇宙全体と共鳴しているかのような
とても素晴らしい波動です。

そして この石と ついに向き合いワークしてみることにしました。

頭頂から ゆっくりと とろけるような やさしいエネルギーが
身体にまっすぐに存在している管を通って、
各チャクラに流れ込んでいきます。

あくまでも ゆっくりと ゆっくりと 染み込むように・・・・
そして それぞれのチャクラの位置に そのエネルギーが到達すると
なんと ぱ〜っと そのチャクラが輝き 広がって
まるで そのエネルギーと呼応しているかのように
チャクラが活性化します。

ゆっくりと ゆっくりと シロップが 垂れていくかのように
下のチャクラまで伝わっていきます。

そして 自分でも 問題ありだなぁって
思っているチャクラの部分に来ると
私の場合は まずは喉だったりするのですが
そこで「おえっ」少々気持ち悪くなって ネガティブなものを開放し
浄化してくれたような反応がでました。
お腹の辺りでは かあ〜っと熱いものを感じたりもしました。

こうして 下に向かって チャクラを活性化しながら
エネルギーが降りていくことによって
心身が落ち着きグラウンディング効果も表れてきます。

そして、ここからが この石の素晴らしいところです。
なんと 下のチャクラまで降りていったエネルギーはその後
身体全体から輝くように発せられ
そして 宇宙全体に溶け込んでいくのです。
まるで 私達が 大いなる創造主、
または宇宙の一部であり しっかりと全てにつながっているんだよと
教えてくれているかのように・・・・

アゼツライトは 一個人のエネルギーの調整をしてくれ
そのうえ「宇宙との一体化」という体験までさせてくれる
素晴らしい石です。
このような石が登場してきたからには 本当に私達の世界は
次世代の波動エネルギー時代に突入していくんだなぁって
実感せざるを得ません。
あなたも この素晴らしいニューエイジ・ストーン アゼツライトで
瞑想してみてくださいね。


アゼツライト瞑想法




サチャロカ・アゼツライト
SATYALOKA AZEZTULITE

keyword
(光の保護と活性化)


鉱物的説明:
石英の一種 採掘される場所によって
通常の水晶とは全く異なるエネルギーの性質を持つ。

エネルギー的特徴:
通常のノースカロライナ州で取れるアゼツライトと同じように
身体がとろけるような心地よいエネルギーの働き
(プラーナ管を上下し全チャクラを活性化させる)は同じですが
このサチャロカ・アゼツライトは また違った
プラスアルファーの作用が感じられます。
なんと身体のエネルギーボディが光り輝くのです。

そしてこの光の繭で身体を守りながら
エネルギーの通りをよくするチャクラのクリアリングと
チャクラの元気付けをやってのける凄技は、
身体全体のエネルギーも高めてくれています。
通常のアゼツライトよりも透明感が強いことも
関係しているかもしれませんが
インド産の石には 本当に摩訶不思議パワーが隠されていて
いつも驚かされてばかりです。

対応チャクラ:全チャクラ





アトランティサイト
ATLANTISITE

keyword
(アトランティスの記憶に繋がる)
「いにしえの戦士」


産地:オーストラリア タスマニア

鉱物的説明:サーペンティン(黄緑色)と
スティヒタイト(紫色)の混合として産出される石

エネルギー的特徴:とても波動の高い石で
頭の周辺で一番共鳴します。
まさに何らかの記憶、情景が浮かぶ石です。
第8チャクラに関係していることからも
名前のごとくアトランティス時代に関係する
石なのではないかと思えてきます。

というのも、レムリア時代に関連が深いと言われている
レムリアン水晶と同じように
ある一時代を感じる情景が浮かび
レムリアンは体感を そして
アトランティサイトはまずは 無理矢理にでも
なんらかの記憶につながろうとします。
(つまり何かを思い出そうとしているかのようです。)

私はアトランティスに関しては 個人的に少し隔たりがあるようで
とりあえず繋がるときに 頭痛のような感覚を抱きました。
そしてより深いアストラル界 メンタル界 コーザル界での
ワークを試みると はっきりと映像が浮かんできて
レムリアンのような体感も感じました。

もしこの石に強く惹かれる方がワークをした場合には
もしかしたらアトランティス時代の
なんらかの記憶につながっていくのかもしれません。
大変波動が高い石だけにとても興味深いです。


石の記憶:
keyword
「いにしえの戦士」

遠い遠い、いにしえの昔 我々は何を憂い
何に思いを馳せたのか・・・

その誇り高き戦士は、ただただ真実を求めて
一人旅立つことを決めた。
戦いで荒れ果てた故郷をあとに 決して振り返ることなく・・・

「私の魂が求めているのは、争いの中の勝利ではなく
誰もが手にすることが出来る喜びという名の勝利である。」
そう言いながら、彼は決して安楽ではない
聖なる道を歩むことを誓った。

時には孤独にさいなまされ、歓喜の世界に驚き
理解の範疇を超える世界に戸惑うことだろう。
全てをゆだね、前を向く勇気を失わず、
それでも霊的な道を行く過程には 思いも寄らぬ
あらゆる試練が待ち受けていることだろう。
しかし この道こそが、彼を惹きつけて止まない
未知なる世界へ続く道、宇宙と繋がる自らを信ずる道。

もし全てが保証され、どのように生きてもかまわない
と言われれたらあなたはどのように人生を歩むだろうか?
どのくらいの人達が幸福に感じ、
どのくらいの人達が、路頭に迷うだろうか?

今日から全くの自由であると言われたら
ロボットのように、習慣的に生きてきた人達は
何を信じて前に進むのだろうか?

既に決まっていることなどなにもない
ずっと変わらないことなど存在しない。
それでも私達は「社会」という名ばかりの世界に
苦悩しながら生き続けるのか・・・
もうそろそろ、こんな架空の世界から旅立ち

本当の自分を生きるために決意するときかも知れない。

どれだけの人が内なるアンテナを活用出来ているだろうか?
恐れという名の世俗の雑音をかいくぐり
宇宙からの聖なる周波数をキャッチしている人が
一体どれくらいいるのだろうか?

心が静かなる水面のように研ぎ澄まされたとき
そこに存在するのは喜びと平安でしかない。
そんな状況が訪れて始めて 不安や恐れは
単なる社会の戯言なんだと気づく・・・

信頼とは まずは自分の内なる閃きを信じること。
そして「自らの視線からみた世界観が全宇宙を作っている」
ということを知ること。つまり全ての責任は自分にある。
だってこの「自分の人生ストーリー」を書き上げるのは
誰でもない、あなた自身なのだから・・・

夢から覚めず、無知のまま生きることは
映画の中の俳優が永遠に演じ続けているのと同じこと。
なんと私達は自らの足で、向かう先を決めることが出来る。
真実の道は高く険しいかもしれない。
けれど、あえて未知なる道を選ぶ勇気ある戦士たちへ
宇宙は喜んでその道を照らしてくれるだろう。

アトランティサイトは、私達人類の先祖が
繰り返してきた戦いの歴史を終わらせるごとく 
個我から全我への目覚めのシフトに背中を押してくれるだろう。

ソフィーママ


周波数の高さ 8 (10段階評価)
ヒーリングチャクラ 6
ソウルチャクラ 4・2





アパタイト
燐灰石
APATITE

keyword
(宇宙の揺さぶり)


アパタイトは 静の状態で
トルマリンの何倍ものマイナスイオンを持つといわれ
トルマリン以上のエネルギー的メッセージを
込めていることは 確実に思われます。
トルマリンは自らの波動を下げてでも
地球の波動との調和と取ることで
地球の意識を高次元の波動に合わせようとしました。
つまりこれは新しい次の時代への
準備段階であったように思います。

そして アパタイトにはそれ以上の何かが
必ずあるという直感と共にワークをしてみました。
すると はっきりと キーワードがいくつも
思い浮かんで来たのです。
「宇宙」「メッセージ」「霊石」「揺さぶり」
「使命」「到達」「夢」「希望」「真実」「愛」
そして そのメッセージは 強く、
もう準備段階ではないということを伝えようとしていました。

これは 久しぶりに次元の高い霊石に出会ったように感じます。
一番の違いは メッセージ性の強さです。
まるで 人生の師に こってりと
お説教を受けているようにも感じられるのです。(^^;)
「お前は何をやっているんだ!いつになったら 重い腰を上げるのだ」
「もう ゆっくりと のんびりと構えている時代ではない」
「今 ここに すぐにでも 高次元のエネルギーは 実在し、
何らかの行動を起こすように 促しているではないか!」
「ああだ こうだと 過去や未来を憂えてるのではない しっかりしろ!」
と・・・・

このように 書くと なんだか 叱られるようで
怖い石のように思えますが 決してそんな感じではありません。
私のためを思って言ってくれているのだ
という雰囲気に似ています。
また 人それぞれに 感じるメッセージは違うのだと思います。
でも 確実に思えることは
このように 強いエネルギーの石が現れたということは、
もう現実は充分高次元であるということを
伝えたいように思うのです。

アパタイトとワークすることは
今まで 霊的な宇宙の世界を知らなかった人には
何らかの 良い意味での衝撃があるでしょうし
すでに 心の世界を理解している人には
不思議な力が背中を押してくれるような動きがあるかもしれません。
そうです この石は私に「行動せよ」
「もう考えてばかりいるときではない」と語りかけてくるのです。

ブルーアパタイトは まさに 宇宙の真理をそのまま
ストレートに伝えてきます。
もう充分霊的な世界を理解している人には
強力な助言者となってくれることでしょう。

グリーンアパタイトは より繊細な方に
ブルーよりも少し穏やかに
宇宙の真実をそっと伝えてくれる事でしょう。
というのは グリーンには
癒やしというメッセージや かみ砕いて というような
直接的ではない ある意味 間接的に
オブラートに包んだような優しさがあります。

しかし どちらも 強力なパワーを秘めた 霊石です。
私は この素晴らしい石とワークできたことを
心から感謝したいと思い、
私の師匠の一人として 迷いがちな心を叱咤、激励してもらおうと
思っています。





アベンチュリン
インドヒスイ
GREEN AVENTURINE

keyword
(感情の解放)


感情的な問題の中でストレスを感じてはいるが
そこから抜け出せずに苦しんでいませんか?
感情的なトラウマは癒す前にまず、
その問題を表面化させて
一度知覚してみることが大切です。

問題から逃げたり、
恐れたりすることで蓋をしてしまっては
その蓋をずっと押さえていることにばかり
気を取られてしまいます。
そのことに費やすエネルギーの無駄を考えてみて下さい。
アベンチュリンの穏やかな波動は
感情の停滞を一掃し
それを作り出した経験に深く知覚することを促します。
そうすることで自分の感情に責任を持ち
その結果 健康を手に入れることができるのです。

   



アホー石
AJOITE

keyword
(意識体トラベル)


注目のニューエイジストーンという説明で入荷してきた石で
向き合うのをとても楽しみにしていた石の一つです。
ネーミングもさることながら(^_^;)
確かにとても不思議なエネルギーの持ち主でした。
なんと石のエネルギーが全然離れたところに離脱するのです。

身体のどの部分を通るでもなく いきなり第七チャクラの頭上に
ぽ〜んと瞬間移動するという なんとも初体験の石です。
身体に対する感覚が離れて 意識体だけになります。
そしてその意識体で好きなところに行けそうな気がします。

私は試しに亡くなった父親のところに行ってみました。
するとなんと彼の懐かしいエネルギーが満ち溢れてきて
自然と涙が出てきました。

存命中の人のところにも行ってみました。
真っ先に浮かんだのが 私のエネルギーワークの先生です。
大きな愛と光に満ちたエネルギーに包まれて
とっても落ち着いた安心感を感じました。

本当に飛んで行ったのかはわかりませんが
なんとも楽しい意識体トラベルといった感じで
瞑想時やイメージングの練習にも最適だと思います。
また 対外離脱プログラムのトレーニングなどの
お供にも良いかもしれません。
思考が自由に飛んでくれるので
身体から意識が離れやすいと思います。

またあまりにも自意識過剰になっていたり
自分にベクトルが向きすぎているときは
この自分の身体から意識を離すことで
客観視する方法を見つけられるかもしれません。
落ち着いて大きな視点で物事が見えてくると
悩み事も小さくなりだすかもしれませんね。

最後に飛んでいった意識体を身体に根付かせる方法は
まず目を開けて足の指をグ〜パして3回ほど腹式で深呼吸します。
最後に手を丹田(おへその少し下)において
身体に意識を戻します。
そして立ち上がって歩いてください。
それで心身共にすっきりします。





アポフィライト
魚眼石
APOPHYLLITE

keyword
(宇宙の瞑想石)



はたまた素晴らしきかなインド産石。

この石もなんとなく悟りを促すようなイメージが浮んでくる石です。

まず頭頂のクラウンチャクラに刺激が来ます。

そこが柔らかくなって溶けて ピラミッドのような先端が現れ
宇宙からの光のエネルギーをキャッチするかのようなイメージです。

すると一本のまっすぐな光の柱が身体の中心をす〜っと通ります。

自然と姿勢が良くなるような感じです。

だんだんと 自分が光の柱と一体になったような気がして
なんと 自分の存在がふっと消えたような気がします。

うわ〜 またしても 摩訶不思議インドパワー
これも まさしく瞑想石だったのかぁ〜

こちらは カバンス石のように
何も浮ばない自分という実体が あるのではなく、
自分がふと消えちゃう
つまり光と一体になるので
なんだか肉体の無い世界というか
霊的な世界を疑似体験できるような
そんな感覚になります。

とても波動が高く 宇宙の意識とつながったり
なんらかのエネルギーを 受け取る方もいらっしゃるかもしれません。

ただ 現実的な世界に置いての力の作用というのは
まったく感じません。

つまり、この石を持つことで行動力が湧いて
何かを始めたくなるような といった感覚は全く感じないのです。

やはり瞑想の世界を手伝ってくれる石なのでしょうか?

空を飛んでいるでもない
水の中に浮んでいるでもない
この不思議な浮遊感は
やはり肉体的なものから脱出しているかのように 感じるのです。

私たちはつい日常の物質的な世界を全てと思い、
目に見えない世界を否定しがちです。

しかしこんなにも物質を 超えた
不思議世界を体験してしまう石が
身近に存在することだけでも
もっと広い世界観を身につけなくてならない時が
来ているのだと思うのです。

科学と霊性を融合させた先には
新しい時代が待っているといわれています。

もう無視するわけにはいかないエネルギー世界の現実が
すぐそこまで 来ているような気がしてなりません。

この世の全ての物体が粒子からなる、とされる
量子物理学が物語るように
全ての固体は隙間だらけの粒子で、
私たち人間さえ例外ではありません。

そして、その一つ一つの細胞が宇宙そのものであるとしたら
私たちは想像を超えた偉大な存在であり、
一人一人が奇跡そのものだといえるのです。

アポフィライトは そんな宇宙のエネルギーを秘めた
私たち一人一人に
真実を見せてくれようとしているのかもしれません。





アマゾナイト
天河石
AMAZONITE

keyword
(自己表現)


あなたは 現在 自分の存在をわかって欲しい。
自分の個性を発揮したい と強く願っていませんか?
私を その他大勢で 片づけてしまわないで?と思っていませんか?

時代は変わり、人と違うことが おかしなことではなくなり
個性と呼ばれるようになってから、私たちはより自由度を増し
より多くのことを 得るようになってきました。

しかし まだまだ 昔堅気な 大人達の中で
足並み揃えることは良いことだ という意識が根付いており、
そのような体制の中で育ってきた
子供達の フラストレーションというものは
たいそう強いものです。

同じ人は 一人といません。
人はそれぞれ違った役割を持って
特徴や 得意なことを備えて 生まれてくるのだと思います。

日本という国は 和を大切にする国です。
しかし その和が 人を思いやる心に 発展するのではなく、
集団の一部として個性を持つことや
変わったことを好まないという国民性の方に向かうのは
悲しいことです。
元々は 宇宙は和という考え方に近いのです。
全ては一つ なのですから・・・・
でも いろんな価値観や 個性がまとまった上での 一つなんです。

本当に 自分の好きなことや 得意なことで 生きているとき
人は 誰も羨まず 中傷せず 偽の集団ではなくて
本当の和の中で生きていけると 思うのです。

自分を表現する力を養う。
個性を出すことについて勇気づけてくれる。
本当の和の意味を 理解し 全ての人の存在が認められるよういざなう。





アメシスト
紫水晶
AMETHYST

keyword
(内面の静けさ)


忙しく、早い時間の流れから逃れたいと思っていませんか?

アメシストは、現実の物質的な毎日から解放され
草原でねっ転がりたい、
ホットした時を過ごしたいと
思っている時に選びがちな石です。

あなたの心の奥では
今あなたには安らぎや
一休みが必要であるということを知っています。
あせらず、心と体を休めて
ゆっくりとした自然の流れで生きることで
活力を取り戻しましょう。

精神的不安を和らげ心の落ち着きを促す。
直観力を増大させるので 瞑想に最適。
霊的意識の最初の変化を促す。
意識を未知なる次元へ導き、
生命エネルギーを高めてくれる。
個々の魂のメッセージの扉を開ける。
怒りを鎮め喜びをもたらす。
良夢を見るといわれる。





シェブロン・アメシスト
CHEVRON AMETHYST

keyword
(存在しながら思考を消し去る)


忙しい思考をストップしてくれる石です。
同じように思考を休ませてくれる石にアメシストエレスチャルが
ありますが作用する部分が微妙に違います。

アメシスト・エレスチャルは、常に頭が働いて忙しい人の
思考を休めると共に 精神的なエネルギーの中に穏やかに
溶けこんでいける感じがあります。つまり肉体の意識ごと消えていきます。
自らの意識が ふと空間と共になくなる感じがして
深い瞑想や精神的な落ち着きを求める時に向いています。

それでは シェブロン・アメジストはどうでしょうか?
この石は 本当に思考だけが休まります。
身体の存在は消えずにしっかり残ったままで
忙しい思考だけが す〜っと消えます。

現代人は大変忙しく 頭が休まる暇がありません。
常に考えて 常に備えながら 心配し不安の中に生きています。
しかし、このような漠然とした不安は 単なる思考の産物で、
実際には全ては頭の中で作り上げたイリュージョン(幻想)に過ぎません。

ゆっくり眠りたいときや瞑想時には アメシスト・エレスチャルが
お勧めですが、起きているときに思考を止めたいときもあります。
例えば 雑念だらけで仕事や勉強に集中できないとき
何をするにも思考による思い込みで肉体にまでストレスが及ぶ時。
このように肉体の存在を消さずに 思考だけを消し去るのに大変重宝します。
 
花粉症などのアレルギーの原因の一つに 思考が忙しいことによる
身体がゆっくり開けていないことが上げられます。
自然界の中に 猛スピードの思考的世界は存在しません。
全てをゆだねた自然との共存(ワンネス)の中に拒絶反応を起すなど
本来ならあり得ないことです。

花粉や様々な細菌も私達と同じ生命体なのですから、
みんな繋がりあって生きています。
頭で考え過ぎて自己主張出来なかったり、コミュニケーションが苦手で
人とつながれないときもこの石は助けとなってくれることでしょう。

知識と作られた常識の中で思考全開にするのはやめて
考えるのをやめて いったん感覚の方を優先させてみましょう。
そこには グレートスピリットが住まう大いなる自然があり
そのとてつもなく素晴らしいエネルギーに包まれると同時に
考えるのではなく感じることの大切さに気付くことでしょう。

対応チャクラ 6
魂のチャクラ 5




ハンガリアンアメシスト

HUNGARIAN AMETHYST

keyword
(思考する存在をも消し去る)


降り注ぐ日の光も
風に舞う木の葉のダンスも
すべてが優しく私を包み込むとき
大地の呼び声に聞き入りたいと思う

考えることをやめたとき
身体のこわばりは解け
なにもかもが自分の中にあることを知る

そっと溶け合って透明になった私は
どこまでも 飛んでいける光の妖精のよう
静かな静かな空間に垣間見える風景は
まだ誰も知らない 見たこともない世界を映しだす

未知なることは 決して恐れではないのだよ
だってあなたが織りなす世界は
愛と喜びでしかないと知っているのだから
あなたは すべての中にそれを見たから

思考をとかして消え去った後には
悲しい物語は もうどこにも存在しない
溶け合ったことがあるものには、
すべてが見えるから・・・


=エナジーツールとしての説明=

周波数の高さ: 2(10段階における)
エネルギーの特徴:穏やかに降り注ぐようなエネルギー
エネルギーの方向A:内側
エネルギーの方向B:グラウンディング
幾何学ライン:横
対応エネルギー体:エーテル体
対応ヒーリング・チャクラ:6
対応ソウル・チャクラ:2

ソフィーママ

 



ブランドバーグ・アメシスト
紫水晶
BRANDBERG AMETHYST

keyword
(第三の目を休ませる)


通常アメシストは
第3の目 第6チャクラを刺激するといわれています。
実際その通りで 直感を高めたり 瞑想を促したりと
深い落ち着きを感じながらも 常に額の間に意識がいく
サイキックには必要不可欠な石です。

アメシストの効果は素晴らしく
この忙しい情報社会においても大きな助けとなってくれます。
思考ばかりを忙しく働かせるのではなく
内側に入ることの重要性、
静かな世界に身をおき
自分自身とつながることの大切さを
教えてくれています。

しかしながら さすがにニューエイジの時代といわれるだけあって
ここ最近の精神世界ブームには目を見張るものがあり
さまざまなサイキック、ヒーラー等 エネルギーの世界を生き、
職業とする人々も徐々に増えてきています。

もちろん 私もその中の一人なのですが、
さすがにこのエネルギーの世界を相手に仕事をしていますと
やはり肉体の疲れとはまた違った
エネルギー的消耗を感じるときがあります。
ちょっと松果体を休ませたいなぁ〜って思うときも多々あって
今まではひたすら眠るしかありませんでした。

そんな時 彗星のごとくあらわれたのがこの
ブランドバーグ・アメシストでした。
なんと この石は 第3の目を刺激するのではなく
穏やかに休ませてくれるのです。

頭の中の思考がさ〜〜〜っと消えて
とろ〜り と溶けていくようです。
おでこに乗せていると 後頭部がず〜〜〜んと重くなって
とってもリラックスできます。

思考がくるくる回転するほど忙しくて
眠れないときなどにも いいかもしれません。
まるで 後頭部が沈み込むようにず〜〜〜んと落ちていって
それと同時に眠りにも落ちていく感じがとても心地よいです。

もちろん サイキック能力を使いすぎて
頭痛がしてしまうときや
エネルギーの世界に行き過ぎて
グラウンディングが出来ない状態のときも
ゆったりと落ち着かせてくれます。

また、よく頭を使いすぎる方 アイデアマンや直感が勝負の方
霊的なお仕事 ヒーラー カウンセラーなど
他人の意識とリンクをしやすい方にも お勧めいたします。

★第6チャクラ対応★





ラベンダーアメシスト
紫水晶
LAVENDER AMETHYST

keyword
(ファンタジーな現実)


アメシストとワークすると いつも自分が
サンクチュアリー(聖域)にいて、
守られているというイメージが浮びます。
そこは安らぎに満ちて、
妖精と天使が飛び交う不思議な場所・・・
いるだけで心が癒やされ、
何でもないことにも笑みがこぼれてしまう。

アメシストの色が濃いほど、その聖域は秘境っぽくて
どこか子宮にも似たドーム的な印象を受けるのですが
この薄紫が美しいラベンダーアメシストとなると
また印象が違ってくるのです。

まるで 今ここが一瞬のうちに聖域に変わってくれるような・・・
そんな深く深く潜らなくてもいいって感じがするのです。
意識をもっていくだけで そこはファンタジーの世界!!
信号待ちの時に、電車に乗っているときに、
そっと目をつむるとそこは
どこまでも続く草原だったりするんです。

そんな日常的空間を聖なる空間に変えてくれる、
どこでもドア的なサンクチュアリーが
このラベンダーアメシストの世界だと感じるのです。





アメシストエレスチャル

keyword
(高次チャクラを活性する)


エレスチャルが水晶の最終形態であり
究極の魂の状態を表すなら・・・

それがアメシストになったと言えば
何となく想像がつきそうです。

もう迷うことなくこの石は第3の目を直撃します。

なんとも心地よく なんとも素晴らしい気持ちの中で
その人の本質を見る役割を持つ場所である叡智の目が
ついに目覚めるのではないか!!と感じるほどです。

そして 通常のアメシストにはない
もうひとつの特徴があります。
それは頭頂のチャクラも一緒に刺激してくれるという面です。

私は少し前、第六チャクラであるこの眉間の目と
第7チャクラである頭頂のチャクラを
同時に意識する瞑想法を習いました。

そのときは このチャクラの位置を感覚するのが
少し難しく思えたのですが
なんとこの石を持ってその瞑想法をやると
ぴしっとそのチャクラの石が認識できるので
とてもやりやすいのです。

世の中には瞑想法が数多くありますが
この第3の目を意識する瞑想法は
とても多いのではないかと思います。

そんな高次のチャクラを活性化させる瞑想法を
実践されている方は ぜひこの石をおためし下さい。

もちろん瞑想をしていない方も この石を持つことで
高次のチャクラが(第6・7チャクラ)が刺激されるので
最近アイデアがないな〜とか 集中力がつかないな〜とか
穏やかな気持ちになりたいな〜って言うときにもきっと
素敵なミラクルをもたらしてくれることでしょう。





アメトリン

keyword
(自分の感情を認める)


アメシストは 現実の喧騒から離れ
落ち着いた内面に向かうことで
真実の自分に出会うことを促します。

そのアメシストに感情のバランスを意味する
シトリンが混ざった状態のアメトリンは
どのような意味合いになるのでしょうか?

パワーストーンは不思議なことに
二つの要素が混ざったからといって
それをくっつけたような意味になることは まれです。
しかし このアメトリンは 二つの要素をうまく補い合って
素晴らしい働きをしてくれる
感情の問題を抱えている人に最適な石です。

アメシストの落ち着いた面が
感情という一見 止め処もなく溢れてくるものに
客観視するという 素晴らしいアドバイスを
与えてくれているように思えるのです。

アメトリンとワークすると
自分の感情に正直になりましょうという
メッセージが浮かんできます。
不安な感情も 怒りの感情も 思わずにやけてしまう感情も
自分から出てきた感情は無視せずに
全て受け入れてあげましょう。

「ああ 今、自分は腹を立てているんだなぁ」
と認めてあげましょう。
「意地悪な気持ちになっているなぁ」と感じてあげましょう。

それに対して 「ああ 最低だなぁ」とか
「いやな私」と罪悪感を感じるのではなく
これもよし それもよし と自然に受け止め
「自分はいろんな感情が沸いてくる感性豊かな人間なのだ」
と認めてあげましょう。
そのように 自分を受け止めてあげることで
固定観念がなくなり
いろんなシチュエーションに対して対処できる
感情バランスの優れた人となっていくことでしょう。

アメトリンは
感情をあらわにすることを恥ずかしく感じてしまう人
自分の感情に踊らされてしまいいつも後悔してしまう人
人の悩みと同化して 一緒に落ち込んでしまう人の
よきアドバイザーとなってくれることでしょう。





アラゴナイト
あられ石
ARAGONAITE

keyword
(大自然の癒し)


それは 自然の驚異が
創りだしたもの
グランドキャニオン
エアーズロック サハラの砂の大地

そこには 誰もいない 一人だけの静寂な世界
大地とふれあい 大地の息吹に そっと 耳を傾ける。
自然の空気に包まれ始めると同時に
夜空の星 月 太陽の光 そして わたし
全てが一体化し始める・・・・

もう一度思い出す・・・自分が何であったのか
もう一度選び直す・・・愛にあふれた世界を

胸の鼓動が聞こえた。脈がふるうのを感じた。

なんで ここにいるのか わかった
ここに 生まれて 本当に よかった
よかった よかった みんな よかった。





アンデシン
ANDESINE

keyword
(瞑想の深さを知るバロメーター)


鉱物的説明:ラブラドライトの仲間と言われています。
見た目は赤い色をしていますが
青い色のエネルギーを感じます。
(喉に塗るヨードチンキのような赤に見えるようなブルー)

エネルギー的特長:見かけの色から一見 第2・3チャクラに対応する石と
思われがちですが、
実際には、この石の波動は非常に高く
肉体領域ではエネルギー感知ができないほどです。
(手でエネルギーを感じるレベルでは識別不可)

相当周波数の高い瞑想に最適な石です。
頭部周辺のチャクラをサポートする石で
この石とより深く瞑想することで
エネルギーボディの共鳴する位置が変わります。
つまり瞑想の深さを知るバロメーターの石とも言えるでしょう。
深く瞑想すればするほど 世界は白い光一色になります。
エーテル界からコーザル界へとより深くなっていきます。
(周波数が高くなっていく順番)

喉、つまり、私たちの意識や自我から
宇宙に伸びていく様を描いているような
とても不思議なストーリーに満ちた石です。
私たちはこのような段階を経て 宇宙と一体になる
次元へと進んでいくのかもしれません。

対応チャクラ(エネルギー領域):5・6・7・8を含む

エネルギー領域:サイキック領域


石とのワーク(サイキック領域において)
エーテル界(物質体)では 色がブルーに広がって 喉のチャクラに共鳴
アストラル界(感情体)で 額まであがり 前頭葉が明るく輝く感じ
メンタル界(精神体)では 後頭部から後光が射すような感じに広がる
コーザル界(霊体)では 全てが無の真っ白な光の状態になる
↑瞑想の深さのバロメーターにお使い下さい↑




アンバー
琥珀
AMBER

keyword
(エネルギーの集中)


つい、イライラして
肉体の感覚があいまいで、落ち着かない時

それは、光の身体の周りのエーテルエネルギーが
身体の周りで渦巻き
散らばっているのかもしれません。

アンバーはエネルギーを転換させる能力を持ち
   散らばっているエネルギーを
   グラウンディングさせます。

この石を選ぶ時 現在集中力が欠いていることを告げています。
アンバーは 深く暖かい落ち着きを与え、
魂をなだめてくれます。
感情が高ぶったり 落ち着かない時に
アンバーのネックレスは
   あなたの助けとなってくれることでしょう。





イエローレースアゲート

keyword
(混沌(カオス)を楽しむ)


同じ空から降ってきた雨粒が
どこに落ちるか予測がつかないように
私達の人生も可能性に満ちている。

初めから決まっている運命なんてない
どんなに今が大変でも
風は突然くるりと向きを変える。

混沌を楽しもう。
何が起こるか分からない
未来のサプライズを期待しよう。

太陽は毎日昇ってくれるけど
その表情が毎回違うことに
気づける人でいたい。

さあ 未知なるカオスの世界に
飛び込もう!!宇宙を信頼して
自分を信頼して・・・


対応チャクラ:第3チャクラ





インカローズ
菱マンガン鉱
RHODOCHROSITE

keyword
(愛と信頼)


インカローズの愛のエネルギーは
見返りのない無条件の宇宙的愛です。
この大きな愛を自分のハートを通して人に伝え
循環させる事によって皆を幸せにするという
これからの時代のさきがけとなるものなのです。

インカローズを身につけることにより
他人の痛みを自分の胸にため込む事をなくし
恐怖や不安を超えた
最も強い愛の力を伝える能力を与えられるでしょう。

愛の流れが抑圧されるために起こる
心身の浄化に効果をもたらす。
過去世から持ち越した心の傷を癒す。
光の時代の先駆者となるニューエイジストーン。





インフィナイト
INFINITE

keyword
(ネガティブ・エネルギーを吸い取る)


世の中には本当に不思議な石が存在するものです。
見かけはただの 海辺で拾ってきたような石。
いえいえ 見かけでごまかされてはなりません。

この石は只者ではない 他の石にはないパワーを持っています。
なんと エネルギーの方向が 外側ではなく
内側に向かってるんです。

この石とワークしたとき
私はミクロの世界へ、いざなわれていくかのようでした。
波長を合わせたとたんに、す〜〜〜〜っと
石の中に吸い込まれていくのです。
不安や恐れは全くなく 水中スライダーで
滑り落ちていくかのような とっても楽しいイメージです。

気がつくと ミクロサイズになった私は
インフィナイトの大きな岩だらけの道を歩いています。
その場所は威厳に満ちて
私は導かれるように進んでいきます。

分かれ道がくるたび メッセージを受け取ります。
その一つ一つの答えが 私の心にずし〜っんと重く響いてきます。
ようやく抜け道が出てきました。光が差しています。
まぶしい光の方向に抜け出すと
私が頭でいろいろ考え 悩んでいたことが
自分の内側でコネコネと作り出してた
ただの想像だったことに気づきます・・・・・

これは 私がインフィナイトでワークした際に体験した
心の中のネガティブエネルギーと向き合った時のストーリーです。
一人一人が違うイメージを持たれると思います。

また このようにワークをして 心の中に入っていかなくても
ただ石を手に握っているだけでも ネガティブなものが
抜けていく作用はあるようです。

この石は昔からネガティブなものを吸い込んでくれる石という
云われがあるようで
吸い込むにつれ 石の色が黒っぽく変化していくそうです。
変色したなぁ〜と思ったら 土に埋めてあげると
またパワーが復活して 効力が戻ってくるようなのです。
吸い込む方向に一方通行なエネルギーなので
ネガティブなものを持ち主に戻すこともありません。

身体が重く感じるとき エネルギーブロックを感じる部分に
そっと当ててみてください。
なんだか す〜っと
解決していくような 面白い感覚がします。
この奇妙で不思議な石をぜひ体験してみてくださいね。





インペリアル・トパーズ

keyword
(思考と感情の境界線)


四角張ったものがとろけて穏やかに
ま〜るくなっていくものは何でしょう?
それは・・・頑張って強がっていた私たちの感情にも似ています。

インペリアルトパーズと始めてワークしたとき
頭の周りが守られているような気がしました。
しかし初めはそれはいったいどういう意味なのかわかりませんでした。

そしてもう一度集中してみると今度は首の周りや肩の周りが
とろ〜って溶け出して穏やかな気持ちになっていく自分がいました。

インペリアルトパーズの黄色は身体によく反応するように思います。
またチャクラで言えば黄色は太陽神経叢に位置する
感情を司る色でもあります。

すべてを統合してみると・・・・

インペリアルトパーズは今こそ本当の意味での感情を共有する時
心を開く時であると教えてくれているのかもしれません。

一昔前の感情の共感つまり同情は
身も心もすべて投げ出してしまうものでした。
しかし今求められている心のつながりは個を捨てる必要がありません。

頭の周りは宇宙とつながる第七チャクラや
直観を促す第三の目のチャクラなど個人的な領域です。
インペリアルトパーズは頭部を守ることで
思考と感情に境界線を引きなさいと
いっているのかもしれません。

人は思考からなります。
感情はコントロールできるものです。
それならば感情は唯一人々と共有できるものだと思いませんか?

心を開きガードを取り去ることで
私たちは今より何倍も大きくなることができます。
インペリアルトパーズを身につけることで
自分自身の思考や意志の境界線を
しっかり定めることが出来、その上感情は人々と共有できるという
素晴らしい体験に導いてくれることでしょう。





ヴァイキング・ボール
VIKING BALL

keyword
(平均感覚を高める)


産地:デンマーク

鉱物的説明:バルト海、モンスクリント石灰岩の
断崖で発見された
15000年前(白亜紀)の頃の珪質の化石。
海を航海するバイキング達のお守りとして愛された
石と言われています。

エネルギー的特徴:この石とワークすると
頭の後ろに目があるかのように
後頭部から後ろに向けて流れるエネルギーを感じます。
こんな感覚の石は初めてで 不思議で仕方がないのですが
脳の後頭部には視覚や聴覚、空間認識
つまり平衡感覚を司る場所があります。

バイキングといえば海の男達!!船乗りですね!!
平衡感覚はバイキング達の戦いには
必要不可欠な感覚要素といえます。
きっと、この石を持つとエネルギー的にも四方八方がよく見渡せ、
船酔いにも効果があったかもしれません。

実験として この石をもって少し歩いてみました。
なんだか身体のバランスが取れて
いつもよりふらふらせずにまっすぐ歩けるような気がします。
後頭部からエネルギーが出ているので あごが上がり
目線も上がるので姿勢がよくなったような感じもします。

この石はどうも脳の視覚野を刺激して
身体や空間のバランスを高めてくれるのかもしれません。
毎日のウォーキングにぜひお供させたいと思います。

対応チャクラ:後頭部





ウラル・レムリアン・シード
URAL LEMURIAN SEED

keyword
(光の次元の参加にYES!!という)


第六チャクラが激しく刺激されたかと思うと
眩しいくらいに光り輝き そのエネルギーは
全てのチャクラにまで行き届きます。
そして7つのチャクラにエネルギーが通ったかと思うと
なんと自らの身体がライトボディとして光り輝きます。

ここまでキラキラと光り輝いたからには
きっと宇宙の存在にバレているに違いありません。(^_^;)
「わかったよ光の次元の存在を認めてるし、
出来ることならそこに参加したいよ」
という意思表示に取られても致仕方ないないと思います。
それほどこの石を身につけると、もうキラッキラなんです。

私達がまさかと思っている世界は実際に存在しています。
量子物理学という最先端科学でも、実験結果の結論が出ない
まるでつかみどころのないカオスのような世界・・・
しかし、そんななかでも、目に見えない世界の研究は進み
「意識」という存在がこの世を網羅しているもののキーワード ではないか
ということに気づき始めています。

私達は知っています。イメージしたことが本当になったことを・・・
また、それは良いことでも悪いことでも
分け隔てなく起こっていたことも知っています。
そして、また「まさかね」って疑ったとたんに
その魔法のような感覚が溶けてしまった経験も知っています。

私達の意識がそのように少しでも現実に作用しているのだとしたら
それが、3次元ではなく、もっと高次元だったらどうなると思いますか?
それは、一瞬のうちに為されると言われています。
思えば叶うが 最近早くなってきたなぁと感じる、
感覚の鋭い人も納得されると思いますが、
それはこの地球の周波数が上がってきたことを意味しているとも言えます。

意識を変えることによって病気も争いもなくなる世の中が
きっと やってくるのだと思います。
そういう高い意識で祈るという研究まで為されているくらいなのですから・・・
このウラル・レムリアン・シードのエネルギーは
そういった光の世界の現実を体現させてくれるかのように
あまりにも眩しい存在です。

この石を身につけたあなたは宇宙にYESと言ったことになります。
私は知ってるよ!!そんな世界があるって知ってるよ!!
そして、地球もそんな世界になるってことも
それは 私達の意識に懸かっているということも・・・

高次元の存在の皆様へ・・・
宇宙の友達として、心強い味方であって下さい。
私達が光の方向へ向かうための準備を
どうぞ 暖かい愛でもって見守って下さい。
そのために、私達は常に自分の心の声に 誠実に生きていこうと思います。

対応チャクラ 6から始まり、全チャクラを包む
周波数帯 サイキック領域 カテゴリー5





エメラルド
翠玉
EMERALD

keyword
(抱きしめられて癒される)


エメラルドは強い浄化のエネルギーを持っています。
身体の中をす〜〜っと速い流れで流れていく流動性と
何者にも揺るがされない強さも同時に感じます。

チャクラの位置はハートチャクラです。
エメラルドはその独自の強さで
持つ人のハートチャクラを癒し
その包み込むような優しさは
なんとも頼りがいのあるナイト(騎士)に
抱きしめられて(ハグされて)いるかのようです。

ハートを癒したり トラウマを癒す石は
本当にたくさんありますが、
これほど優しく癒してくれるものは少ないと思います。

心の蓋を開ける過程というのは誰にとっても
心地よいものではありません。
心や身体になんらかの反応が出ることは
珍しいことでもありません。

エメラルドは 心にとっては優しいエネルギーで包んでくれて
トラウマをはずす際の勇気をもたらしてくれますが
エネルギー的にはとても強くすばやい動きを持っているので
身体の変化はじっくり穏やかというわけには
いかないかもしれません。

ゆっくり休めたりする日 石とワークしてみてください。
そしてこの頼りがいのあるエメラルドに抱きしめられてください。
上から下へ不必要なものが流れていくエネルギーは
身体や心をすっきりさせ とらわれない心を
作ってくれることでしょう。

★第4チャクラ(ハート)対応★





エレスチャル水晶

keyword
(天上界の領域に導く)


よく、インド思想の教えなどに
個を捨てなさいとか 感情を止めなさい というような
表現が出てきます。

しかし 感情というものは 赤ちゃんにもあるように
生まれながらに持っているもので
私たち人間が神様からいただいたもののひとつです。

感じないことを選ぶ教えというのは
たぶん 感情のコントロールほど難しいものはないからだ思います。

だったらいっそのこと 捨ててしまえということなのかもしれません。

私たちが暮らしている 普通の俗世界においては
どんな時も 穏やかな感情でいることは難しいです。

自分が心のままに
穏やかで優しくピュアな感情を保ち続けることは
それは 究極の域に達する技のように思います。

そうなんです キーワードはその究極なんです。
エレスチャルは水晶における最終形態であるといわれています。
つまり 他の水晶ファントムに見られるような 石の成長は
もう ここでおしまいということらしいのです。

ということは エレスチャルは 究極の状態です。
問題を明らかにし クリアーにしていく役割を持つ水晶
また 浄化やエネルギーをわけてくれたり
オールマイティに活躍してくれる水晶
その究極の形とは・・・
つまり エレスチャルとは いったい何なんでしょう。

エレスチャルとは 天上の域の 心の状態です。
全てがひとつであるという考え方、
宇宙は常に与えてくれるという信頼感にあふれた生き方、
愛と優しさと強さ など
肯定的な感情を全て統括できる行き方です。

エレスチャルはそのような宇宙的な働きの浄化を促します。
つまり 俗世界的な エゴ をすべて削ぎ取ってしまうということになります。
波長にあった人だけどうこうするというものではなく
真実のエネルギーというものは全てを制します。

その結果 人格が変わる人もいるかもしれません。
生き方が変るかもしれません。
お金や名声などを 自らのステイタスや目標にして られる方は
とても戸惑うことになると思います。

正直さと純粋な心を持つがために
生きにくく感じていたり 宇宙の真実を追究したい方には
エレスチャルは素晴らしい 気付きと共に
まさに愛に包まれているといった感覚、
自分が今ここに存在している奇跡 そのことについての感謝
あらゆる 肯定的な思いがあふれ出してくることでしょう。

それは 本当に その人にとって素晴らしい体験となることでしょう。

エレスチャルは 現在地球に起こっている
大規模な浄化、ヒーリング 再覚醒を助ける為に
この惑星に伝えられた 宇宙からの贈り物だと言われています。

それらは とりわけ人間の感情的な重荷に打ち勝つ強さをもたらし
正しく使われたなら 天上的(セレスチャル)な領域を開き、
私達の存在の中に 天使的な特性を統合してくれることでしょう。





エンジェライト
硬石膏
ANGELITE

keyword
(羽ばたくために あるもの)


ヨーロッパではこの色は 天使を連想させる色なんだそうです。
雲の間から太陽光が差してる 「斜光」を見るたび
そこから天使が降りてくるんじゃないか と思ってしまうのですが
なるほど その時の雲の色に似ているかも・・・・

エンジェライト まさしく 天使という名の石。
アクアマリンは 天使のルーツを探り
ガラスのように壊れやすい 優しい心を
癒し また守る石でした。

天使の石というからには きっと 目の前を
ティンカーベルのような天使が 舞うんだと思っていました。
でも 予想とは全く違ったのです。

石を感じてみると なんと 私の背中に翼がはえたのです。
えっ??? うわっ! なんか飛べそう・・・・!!
みんなにも 持ってもらったら
それぞれに 個性のある羽根がはえるのを感じるのです。
そう天使は私たち自身だったのです。
私は さらに もっと深く メッセージを聞き取りたくなったのでした・・・

なぜ 飛ぶことを 忘れてしまったのですか?
美しい翼で舞うことをどうしてためらうのですか?
あなたの希望はどうしてしまったのですか?

私たちは 自分らしく 生きるために この世に生まれてきています。
あなたの冒険好きな心は いったい どこに行ってしまったのでしょう。

私たちは一人ひとり、なすべきことがあります。
翼を折りたたみ 同じような箱に入って暮らすために
生まれてきたのではありません。
さあ 本当のあなたを思い出して
まずは翼を大きく広げましょう。

エンジェライトは 真実を語りにやってきたのです。
人はみんな 美しい翼を持った天使です。
翼は休めるのではなく 羽ばたくためにあります。
世間の常識に埋もれて 本当にやりたいことが
わからなくなってしまったのなら・・・
子供の頃から 好きだったことを思い出してみましょう。
あなたが一番天使に近かったと 自ら思える時の
楽しい思い出にヒントがあるかもしれません。





オーストラリアン
スノークォーツ

AUSTRALIAN SNOW QUARTZ

keyword
(確かなる方向性)


産地:オーストラリア

鉱物的説明:水晶の一種

エネルギー的特徴:通常の水晶が大きく広がる
エリア的なエネルギーを発しているのだとしたら、
この石には はっきりとした「指針」といったものが伺えます。

あくまでも純粋でまっすぐな動機、
そして確かなる方向性。
つまり、 自分のやり方・・・
私にはこれがあるから「うん」と言えるというような
自信に溢れているのです。

水晶には物事を明確にするといった働きがあります。
特にクリアー水晶は浄化も込めてそういった要素が強いです。
しかし この雪のように白い水晶は
「あらかじめ知っていたの」 というような
ニュアンスがあります。

最も共鳴する場所が 第7チャクラであるという
エネルギー的にも高い波動を持ち、
サイキック領域においても
天上界に向かうエネルギーの道がはっきりと見えます。

なんて高次元の存在達に祝福された石なのでしょうか?
あなたもこの石とワークして 自らの指針を再確認し
その道が光り輝く方向でありますように
心から願っております。

対応チャクラ:第7チャクラ

サイキック領域では:天上界に伸びていくエネルギーを感じる





オーストラリアン
マグネタイト

磁鉄鉱
MAGNETITE

keyword
(地球の中心に身をゆだねる)


ここ何年かの地球は波動がどんどん上昇し
よりスピリチュアルなエネルギーが高まってきています。
直感が高まった サイキックな現象を感じやすいのも
気が上がり頭にエネルギーが集中しやすくなっているためです。
第6チャクラ第7チャクラを刺激し
高次元宇宙とのゲートを開こうとしてくれているように強く感じます。

高い周波数のエネルギーは
時にはめまいや頭痛不眠を招くこともあるほど
今の時代に影響力の強いものです。

私たちは 今まで より地球に根付くように
グラウンディングの大切さを唱えてきました。
それは やはり私たちは肉体を持って
この世界に存在しているからで
肉体を重視しないエネルギーオンリーの精神世界は
ただの絵空事でしかありません。

しかし この高次元の時代においては
下へ下へと地球にグラウンディングするというのは
エネルギー的にもだいぶ難しくなって来ています。
それでは いったい私たちは
どこに身をおけばいいのでしょうか?

そうです 私たちがグラウンディングすべき場所は 地球の中心
北極と南極のラインがぶつかる地球のど真ん中です。

マグネタイトのエネルギーは
頭頂と足の下からまっすぐに伸びていき
北極と南極でつながる感じがします。
そして両極につながりながら自らを感じてみると
ちょうど地球の真ん中あたりで漂うような自分を発見します。
まるで子宮の羊水に浮かんでいるような
なんともいえない安心感とやさしさと愛に包まれているような
そんな素晴らしい心地よさです。

こんなエネルギーを持つ石は今までではじめてです。
どんな石もそうですが
きちんと必要性を感じるときに登場してきます。
マグネタイトは まさにそんな時代にかなった
最先端のニューエイジ石といえるでしょう。

自分の身体やエネルギー感覚を
どこに落ち着かせたらいいのか戸惑っている方
マグネタイトでしっかりとカチッと収まる感覚を
ぜひ体験してみてくださいね。

同じマグネタイトとパイライトで構成されている石で
ヒーラーズ・ゴールドという石もあります。
こちらは ちょっとばかり ビギナー版で
慣れないエネルギーの世界観に
ゆっくりとやさしく繭でエネルギーボディを包み込むように
つなげてくれる感じがします。

ダイレクトにばっちり届くマグネタイトか
やさしく穏やかなヒーラーズ・ゴールドがよいかは
また 直感で感じていただいて
ぜひ この素晴らしいニューエイジ石たちを ゲットしてくださいね。





オニキス
しまめのう
ONYX

keyword
(大地に根付く)


あれもこれも やることがいっぱいあって
もう、頭の中の引出しが
いっぱいになってませんか?

思考ばかりが先走りし、
自分の肉体がもどかしく感じているかもしれません。
人は一度に沢山のことは出来ません。
体が動かなくては、
創造を実現することは出来ません。
オニキスを選んだ時は
意識的に大地の上を歩く必要性があります。

熱狂的な人生を送っている人達にこそ、
素晴らしいアイデアを実現させる為に
地球と共に地上界に意識の焦点を合わしましょう。

散漫になっている気を落ち着かせる。
地球とのつながりを深め
しっかりと大地を踏みしめる必要性
スペースアウト(気が抜けた)状態を肉体に戻す。

一度にたくさんのことを手がけて
疲れてしまう人に。





オパール
蛋白石
OPAL

keyword
(感情のブロックをとりはずす)


オパールはオーストラリア産で有名な
とても色鮮やかな石。

さまざまカラーを持ち
一つの石に7色のカラーを持つものもある。

そんな特色からも オパールはなんとなく
人の感情に似てるような気がするのです。

女心と秋の空 とか
移り気なあの子のハ〜トって感じでしょうか・・・(*^^*)

手に持ってワークしてみても
身体のみぞおちのあたり 感情を司る太陽神経叢のチャクラの部分に
ず〜〜〜〜んと刺激がくるのです。

どのオパールの種類も
スタートはみぞおちのチャクラから始まって
ブラックオパールは 第3の目と言われる 第6チャクラへ
ブルーオパールは喉のチャクラへ
そしてピンクオパールは
胸の廻りにぽわ〜〜〜んって広がる感じです。
そしてどのオパールもドキドキします。

意味もなく ワクワクしてきて じっとなんかしてられない!!
ボケ〜っとしてる場合じゃない。

わたし なにか始めそうな気がするのよ・・・
って訴えかけてくるような・・・

さすが オーストラリアン・パワー〜〜♪
大自然の宝庫、エキサイティング王国!!

まさに オーストラリアのエネルギーが
いっぱい詰まった石なんです。

みぞおちが堅いと、身体がリラックス出来ません。

呼吸も浅く、肩こり 腰痛を招いてしまいます。

そうです、人はストレスが溜まると
みぞおちが堅くなっていくのです。

そして、みぞおちは感情を司る場所でもあることから
心が憂鬱になったりなども関係してくる、
心身共に大切な場所であるといえます。

オパールはこのみぞおちの堅さを
溶かしてくれるような感覚があります。

実際、現在の私は、ハードワークなあまり
ストレス気味で 肩も背中も腰も、鋼鉄のように堅く
そして触ってみたら みぞおちも負けずに
かちんかちんに固まっていました。

ですから このワークはだいぶみぞおちに効いて結構キツイです。

もしかしたら、この後 感情的なことが起こるかもしれません。

泣いたり、笑ったり、イライラしたり・・・ということです。

しかし 石のワークで起こる感情の開放は
後でとてもすっきりとした素晴らしい気持ちになれますので
自然に起こるままにしておくことが最高の癒しとなります。

オパールは感情ブロック取り外しをしてくれる
優れものの石だと 私は思います。

ただ 感情のブロックをはずす
蓋を取るという行為は 急激に無理に行うのではなく
優しく ゆっくりが原則です。

もしみぞおちあたりが苦しく感じたときはすぐやめる、
感情が溢れてきたら止めずに開放する、
涙を我慢しないなどがとても大切になってきます。

かといって
この石は 何かの注意書きや説明がいる難しいものではなく
本来は子供のような遊び心をもった楽しい石なのです。

ですから 笑顔でもって、いつも接して下さいね。

何らかの新しい展開がまた開けてくるかもしれません・・・





グリーンオパール
蛋白石
GREEN OPAL

keyword
(流れに身をゆだねる勇気)


グリーンオパールはまさにハートチャクラに位置する石です。
しかもこのミントグリーンの色彩を眺めていると
まるでさわやか系のミント・ガムのCMに出てくる風景のようで
またフィンランドという北欧の涼しげなイメージが
より一層この石の雰囲気を高めているかのようです。

それもそのはず この石のエネルギーは見た目に結構近く、
美しい水を連想させます。
しかもとても透き通った湧き水のような
ピュアでありながらも 自然がもつ力強さを感じるのです。

ワークしてみると やはりハートチャクラに美しく共鳴します。
が、ハートチャクラの石に多い、心弾む躍動感であるとか
脈打つような外に向かうエネルギーであるとか
暖かなものにそっと包まれるという期待は
きれいに裏切られることになります。

こんなハートチャクラの石は初めてです。
本当に この石は なんて静かで神秘的なのでしょうか?
神聖で限りなく透明な水がハートチャクラに浸みわたる感覚。
固体であるはずという認識が強い体が
まるで液体のように溶け出し、揺らぎ漂いはじめます。
すると水の精霊がそっと私達を導き、こう囁くのです。

「魂とはいかに流動的なのでしょう。
ひとところに留まるものなんてずっと変わらないものなんて
宇宙には何一つないのです。
変化を恐れてはなりません。
あなたは全宇宙にとってまたとないユニークな存在なのです。
たとえ人一人という小さい力であっても
何かを始めることによって宇宙に与える影響はとても大きいのです。
流れに逆らってはなりません。
宇宙が運んでくるタイミングは絶妙です。
あなたも大宇宙の一部であることを思い出してください。」

グリーンオパールは教えてくれます。
私達は何かをするために 今ここに存在していることを・・・。
ハートが導くままに 魂が叫んでいる方向へ
勇気を出して その一歩を踏み出してみませんか?






オブシディアン
黒曜石
OBSIDIAN

keyword
(隠れた可能性)


オブシディアンを選ぶ時
それは自分自身のもう一つの側面を
垣間見る準備が整っていることを示しています。
   
あなたが隠しているもう一つの側面は
あなたが見たくないと思っている部分ですから、
決して明るいものではないかもしれません。

でも、東洋医学で言うところの陰と陽があるように
陰というものは悪いものではありません。
自分のマイナスな面 弱い面も含めた全てが
あなた自身なんです。

恐れずに潜在意識の扉をあけることは
新しい能力を発見することにも繋がるのです。

オブシディアンとワークした後はバランスをとるために
必ず、水晶クラスターとワークすること。
オブシディアンと水晶は対です。

自分自身の深く埋もれた部分とふれあい
新しい局面に向かう事で、才能を開花させる。

自分の内に宿る魂の存在を理解する。
自分の行動を客観的にそして意識的にコントロールする。
自分の影の部分を受け入れ新たな能力を受け取る。
浮き足立っている心を静めてくれる。





ゴールデン・オブシディアン
黒曜石
GOLDEN OBSIDIAN

keyword
(魂の記憶に繋がる)


この石は第2チャクラに強く直結したエネルギーを感じる石です。
自分自身をしっかり見る用意が出来た人でないと
拒否反応が出てしまうほど強いパワーを持つ石です。

この石が入荷したのは 実はずいぶん前になります。
もう一生この石の意味が書けないのではないかと思うほど
私はこのゴールデン・オブシディアンに強い拒否反応がありました。

以前第2チャクラに関する曲が入った音楽CDを聴いた時と
同じ反応が出てしまったのです。
我慢できないほどの強い吐き気でした。
そうです。私は第2チャクラの自尊心に関するテーマに問題があり
それをずっと避けてきたのでした。
ヒプノセラピーに出会うことで その問題が解消したとたんに
このゴールデン・オブシディアンとの石のワークが可能になったのです。

第2チャクラに意識が向かうと
そこにはなんと胎児のイメージが浮かんできました。
そして それが 額を描いた額の絵のように
ずっと同じものがループし続けるのです。
そして そのループし続ける胎児のイメージに
ようやく入ることができました。

すると その胎児はぐんぐん成長して
女の子のイメージに代わりました。
そしてしばらくするとまた 胎児に一体化していき
再びまた違う男の子に成長していきます。

なんともいえない不思議な光景です。
もしかして これは時間枠を超えた
さまざまな人生での私としての魂と繋がるのかもしれません。

第2チャクラは創造のチャクラ 生殖体のチャクラです。
私達の魂の奥深くには全ての記憶があっても不思議ではありません。
このオブシディアンという潜在意識のエネルギーを垣間見られる石は
金色に輝く私達の魂の記憶にまで繋がることができるのでしょうか。

用意ができていなかったときは 拒否反応が強く出てしまったのも
そのせいかもしれません。
ヒプノセラピーでもいえるのですが
さまざまな記憶というものは
用意できたものしか思い出すことはありません。
この意識につながることで 本当の心の奥に深く眠っている
自らの可能性や 方向性に気付くことが出来るのかもしれません。

やっとワークが出来るようになったゴールデン・オブシディアンを使って
少しずつ私の本質と会話していけたらなって思います。





長野オブシディアン
黒曜石
OBSIDIAN

keyword
(永遠(とわ)なる母性)


優しく・・ 限りなく優しく あなたを包み込むもの
それは 永遠に途絶えることのない 自然界の贈り物
ぬくもり 柔らかさ 究極の母性。 

そんな 愛に包まれたことなど ないと
あなたは 言うかもしれない・・・・

忘れてはいないか?
太陽が輝かんばかりのエネルギーを
いつも降り注いでくれていること
忘れてはいないか?
風がいつも運んでくれる甘く香しい季節の匂いを

踏みとどまってごらん 急ぐのをやめて
時間を一瞬止めてごらん 精霊達が語りかけるから
大いなる母なる大地は そんなあなたをどんなときも
愛で包み込み 決して見捨てたことなどないのだから

頭で考えるのをやめて 全身で感じてごらん
常識を生きるのをやめて 感覚で生きてごらん
この三次元の世界も 悪くないじゃん なかなかのものだねっ
て思えるあなたがそこにいるから

長野の愛あるオブシディアンは 限りなく優しい
大地に抱かれる心地よさを 穏やかに ゆっくりと
そっと ささやくように思い出させてくれる 

揺らいでいてもいいんだよ 毎日が変化に満ちているんだから
誰かに確かめてもらわなくっていいんだよ 
いつだって その時のあなたが 一番あなたらしいんだから

さあ、もう一度 母なる地球に抱かれてみよう
ただいま〜って 飛び込んでみよう
いつだって おいしいご飯を炊いて 
お帰り〜って待っていてくれるんだから・・・

存在のエネルギー:横
エネルギーの向き:↓グラウンディング
周波数帯:低め
チャクラ:現実次元(二元性)第2、第6チャクラ
     多次元意識(全体性)第1チャクラ

アドバイス:周波数が上がりすぎて落ち着かない時
      エネルギー不足を感じている時
      地に足を付けたい、
      ワンネス意識を高めたい時など
      
ソフィーママ




ロシアン・オブシディアン
黒曜石
OBSIDIAN

keyword
「小宇宙である身体を信頼する」


深く深く休まるところ
私達の奥底にある
安らぎの場所へ・・・
身体をそっと落ち着かせ
そこに全てをゆだねてみよう。

あなたが考えているのは
あなたが感じているのは
本来のあなたとは遠く隔たった
作られた理想なのかも知れない。

でもこの感覚こそは・・・
包み込まれているような
あらかじめ知っていたかのような
まるであつらえたかのような
このぴったりと納まる感覚こそは
頭で考えて理解出来ることじゃない。

それは小さな時から知っていること。
私達はどんなときも本質と一体なんだ
という真実。

小宇宙である身体を信頼しよう
私達の呼吸がそれぞれが持つリズムが
宇宙の今とシンクロしているのだから

誰と比べることもない
「わたし」という全世界を感じてみよう
それこそが 宇宙を体現しているのだから・・・