ストーンビーズチョーカー

●パワーストーンの扱い方

パワーストーンを取り扱う際に、石の性質を知っていることは
お手入れや、浄化する時にとても役に立ちます。
今回は、モース硬度や、水、光、熱に関してのお話です。


●モース硬度
石によって、それぞれ硬さが違い柔らかい石は塩で
浄化する際にも
傷がついてしまいます。また、一緒にポーチに入れて、持つ時にも
柔らかい石は傷がついてしまいますので、下記の硬度を参照下さい。

モース硬度表 (1が最も柔らかく 10が最も硬い)
 滑石(ロウ石)「アスファルトをキャンバスにした、あの石!」
 硫黄。
 石膏、クリソコラ、金、銀、銅、貝殻、琥珀、リピドライト。
 アズライト、カルサイト、セレスタイト、ハウライト、珊瑚、真珠、
 アラゴナイト、カバンス石。
 フローライト、マラカイト、インカローズ、プラチナ、パープライト、
 チャロアイト、ヘミモルファイト、アポフィライト。
 オブシディアン、ソーダライト、テクタイト、ラピス、アパタイト、
 カイアナイト、スミソナイト、ダイオプテーズ、オパール、
 スギライト、スコレサイト、ブラジリアナイト、モルダヴァイト。
 トルコ石、ヘマタイト、ペリドット、ムーンストーン、ルチル、
 ラブラドライト、ロードナイト、パイライト、翡翠、 プレナイト、
 アマゾナイト、サンストーン。
 水晶、アベンチュリン、アメシスト、ガーネット、トルマリン、
 オニキス、カーネリアン、タイガーズアイ、ジャスパー、
 ブルーレース、スモーキークォーツ、ブラッドストーン、
 ローズクォーツ、クリソプレーズ、アイオライト、カルセドニー、
 シトリン、モスアゲート。
 トパーズ、クリソベル、スピネル。
 サファイア、ルビー。
10  ダイアモンド。

●水に弱いパワーストーン
浄化の時や、お風呂の時に気をつけましょう。
 ・岩塩 水溶性
 ・セレナイト(透明石膏)水溶性
 ・ラピス 多孔性、水に浸さないこと、浄化の後は乾かす。
 ・マラカイト(孔雀石)冷水のみ
 ・トルコ石 水に浸さないこと


●光に敏感なパワーストーン
太陽光線による浄化に気をつけましょう。
 ・アメシスト 色が褪せる
 ・ローズクォーツ 色が褪せる
 ・インカローズ 色が白っぽくなる。
 ・トルコ石 乾燥し、色が褪せる。

 ☆一般的に、色の綺麗な石は、太陽光線によって、色褪せします。
 月光による浄化をお勧めします。(特に満月は最高!)

●熱に敏感なパワーストーン
お風呂や 太陽熱の浄化に気をつけましょう。

 ・アメシスト 弱い熱で色が褪せ、強い熱で色が消える。
 ・石英(クォーツ)急な温度変化で割れることがある。
 ・ラピス 高温を避けること。
 ・マラカイト 急な温度変化を避けること。
 ・トルマリン 高熱で色が変わる。
 ・トルコ石 どんな熱にも敏感。


 ここに載っている石は全てではありません。
 ここに載っていないものは大丈夫というわけではありません。
 上記の石は特にお気をつけ下さい。

パワーストーンの世界
パワーストーンの選び方
TOPページへ